家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 2013ドラマ > 2013夏ドラマ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013夏ドラマ

2013 - 09/28 [Sat] - 21:30

すっかり、秋らしい季節になりました。
朝晩なんか寒いくらい。

そんな中、若は初めての移動教室。
長野県でしたが、肝心の中日に濃霧、雨、低温のため
山に登れず、美しの森美術館も見学できず
かわいそうなことになってしまったようです。
初日と最終日は良かったようですが。
それでも、友達とわいわいするのは楽しい。
帰ってきたら、声が枯れきってました。はしゃぎすぎ。

さて、そんな中、夏ドラマ終わりました。
今回前半は忙しくたまる一方。最後に何とか追いつくことに。

ああーでもいつもノーマークなNHK朝テレビが大ブレーク。
今からでも良いから観たい。
ドラマ見てないのに「潮騒のメモリー」借りてしまいましたよ。

さて、感想。


警部補矢部謙三2
仲間由紀恵主演のトリックのスピンオフのセカンドシーズン。

相変わらず、つくりがふざけてて、事件も謎解きも適当ですが
いつもゲストが豪華。
今回は警察関係者中心に仮面ライダー俳優が沢山出ていて
仮面ライダー響鬼の斬鬼役の方(辺見えみりのだんなさん)が
出たときには喜んじゃいました。
所々にライダーをにおわす台詞なんかあっておもしろい。


斉藤さん2
これもセカンドシーズン。
前回は幼稚園だったけど、今回は小学4年生。
すっかり成長しちゃいましたね。
内容は変わらないけど、これだけ思ったことをはっきり言って
ぶれずにいられたらいいです。小学生ママ版半沢直樹か?

まあ、小学生のお母さんもこんなにしょっちゅう学校やら喫茶店にいけるほど
暇じゃないでしょうけどね。実際。



「半沢直樹」
今回、なんと言ってもこのドラマ。
毎回1人で「半沢直樹格好いい!!」とテレビの前で叫んでました。
出来事のタイミングよすぎるし、書類はいつもうまい具合に隠せるけど
よく出来てると思うなあ。
世代が一緒なので、夫も感情移入しやすかった様子。

出てくる上司が腹黒いやつばっかりだけど
世の中、似たような人いますものねえ。

夏目三久に気づかなかった人も多いだろうな。
そして、壇蜜は胸ばかり気になっちゃって。女の私でも。

同期の裏切りも許す度量の広さ。
上のものにも躊躇せずものを言う姿勢(普通、すぐ飛ばされるよね。)
それでいて、情に厚く、最後まであきらめない。
いないよねえ。
そして、

若くて一見能天気なのに素晴らしい食事を作り
仕事の才能もあるのに、
夫の仕事を一番に理解して協力的で
いざというときは夫の仕事のピンチを乗り切るキーマンとなる
こんな妻はもっといないよねえ。

私も社宅住まいの経験あるけど
銀行の奥様の集まりってこんな気持ち悪いの?
そして、社宅がきれい過ぎ。

営業企画部の部長役の人(同じ作者の「七つの会議」に全然イメージ違う役で出てて
夫に言われるまで気がつかなかった。)
みたいな普通の人があまり出てこなかったなあ。

で、結局同期の及川みっちー見たいな人が一番無難に出世するのかしらね。実際は。

最後10分はなんか、イヤーな予感がしたんだけど
よく考えると一番、丸く収まる方法だねえ。

イヤー是非続編みたい。



救命病棟24時
もうシーズン5?
研修医だった、小島楓が医局長ねえ。ふけるわけだ。
っていうか、出世しすぎな気がしますが。

今回江口洋介がいないので、あの破天荒な感じが出てなくて
ちょっと物足りない感じ。

だけど相変わらずドリカムの音楽いいし、
医者と患者のドラマが沢山見られて満足です。
脳死問題はいつ見てもつらい。特に今回子供だったし。

小島医局長が医者になるきっかけを与えたのが
時任三郎だったのね。
この人は絶対こういう役ねえ。

また、身内がなくなっちゃったりしたけど
まだ、続編ありそうですね。


Woman
これ、今回のかくれ一押し。
二人目を妊娠中に夫が事故で死亡。
幼子二人抱えて懸命に生きていくシングルマザー。
それだけでもつらいのに、自分は死にもつながる病魔に侵されていて。。。

普段はこういう、暗い設定のドラマは見ないのですが
なんとなく希望の光が見えるような気がしてみてしまいました。

スタートがどん底だと思っていたのに
真ん中くらいまではこれでもかと
新たなつらい事実が判明したり、更なる試練があったり。

でも、それを救ってくれたのは結局は家族だった。

満島ひかりってこういうかわいそうな役本当にうまい。
田中裕子も久々見たけどすっかりいいおば様になっていてうまい。

そして何より子役がうますぎ。
お姉ちゃん役の子の演技も素晴らしかったけど
弟役の子。
あの子何??

なんであんな自然な演技?
ドラマの中であの子だけプライベートな感じがした。
まだ4歳くらいよね。すごい。
お母さん役の満島ひかりやおばあちゃん役の田中裕子への甘え方。

大人が真剣な話をしてる横で自然に遊ぶ姿。

絶妙な間の会話。

どれをとってもすごい。しかもかわいい。

毎回、この子達の演技に釘付け。

そして、いつも嫌なやつ役が多い、主治医役の高橋一生。
今回、素敵なお医者さんでした。最後の演技良かったな。いすひっくり返るとこ。

最終的には気持ちが暖かくなるドラマ。お勧めです。


ショムニ2013
これもシーズン2。
かなり昔のドラマですが、雰囲気が変わってなくて
気楽にみられました。
好きな事いって、これもOL版半沢直樹か?
こんな会社あったらすぐつぶれそうですけどね。


Oh,My Dad!!
織田裕二が初のお父さん役。

家庭を省みず、ものにならない研究に没頭しすぎたため
妻に愛想着かされ、息子と路頭に迷い
これじゃいけないと、家族のため、生き方を変えるお父さんの話。

お金がなくて、その日暮らしになるけど
色々な部分が保育園経験者としては現実味がなくて。

家族のために働かなくちゃ。と思い直すのはいいけど
40過ぎてからじゃ遅いよね。
しかも今まで会社勤めしたこともないのに
いきなり社会で全うに働けるとも思わないし。

まあ、なんとなく流してみてしまいましたが、
長谷川京子は出産しても細いなあ~。といつも感心してました。


今回も沢山見ましたね。
減らせないなあ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/614-e8912f6f

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。