家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> プーケット&バンコク > プーケット&バンコク子連れ旅⑥べたな観光  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケット&バンコク子連れ旅⑥べたな観光

2013 - 09/17 [Tue] - 22:13

大分、間が開いてしまいましたねえ。
ちょいと忙しくて。

さて、旅行も最後です。

最終日は一日観光。
そのためやはり早起き。

ベッドから目覚めると


バンコク5日目
またしても、素敵な景色が。天気はいまいちですが。

そういえば天気予報では昨日今日とも雨だったのですが
結局降ったのは両日ともビルの中にいるときだけでした。




そして、高層展望レストランでビュッフェ。
バンコク5日目-1

プーケットのホテルよりずっとおいしく品数も豊富。
色々選んでると一周してしまいます。

さて、素敵な朝食ですがのんびりしてられません。

今日の夜にはバンコクを立ちます。

一日で観光!と買い物!

夫は学生時代にバンコクに来てますが私は初めて。
やっぱり、べたで王道だけど、ワットアルンとワットポーと王宮。

というわけで、まず移動。
本当は渋滞地獄のバンコクなので電車で移動したかったのですが
最初に行きたいワットアルン近くは電車がない。

というわけでタクシーで行くことに。

バイヨークスカイホテル前にはタクシーがいっぱい。

しかし、皆さん、ここで乗ってはだめ。

値段は吹っかけられるし
ワットアルン近くは混むので行きたくないらしく
ちょっと離れた船着場に連れてくと。

そこから船で行けると言うのですが
どうやらそこから船で行くとまたすごい料金らしい。

夫と2人で猛反対。

そしたらドライバーの1人が
「じゃあ、キーを渡すから自分で運転すれば?」と言い出す始末。

腹が立って、その場を離れようとしたら

そのドライバー達の中の1人の若者が
「あそこのとおりに出て、拾ったほうがいいよ。
ここは高いから。」
とそっと流暢な英語で教えてくれました。

子連れの私たちがおじさんドライバー達に囲まれて気の毒に思ってくれたのでしょう。

そのとおりに通りに出ると
最初は行き先告げると乗車拒否されましたが
2代目は多少相場よりも高い感じですが(といっても100円くらい?)
交渉成立で乗せてくれました。

でも、この運転手さんはいい人で、色々説明しながら連れて行ってくれました。

さて、ワットアルンには数分船に乗ります。
1人3バーツ(10円ほど)

バンコク5日目-3
船から見えるワットアルン。

高いねえ。

バンコク5日目-4
こんな川をこんな船で渡ります。




バンコク5日目-5
さあ、登るぞ!!と気合が入る若と姫。


バンコク5日目-6
かなり急な階段。でしょ?


バンコク5日目-7
上から覗くとこんな感じ。


ここ、登るより降りるほうが怖い。
私たちが登るとき、3,4年生の男の子連れの日本人の親子が降りるところでした。

ところが男の子が降りるの怖くて泣き叫んでます。

結局私たちが上でぐるっと堪能して
降りてしまっても、
その男の子は泣いたまま、降りることが出来ませんでした。

通りすがりの日本人達(私たちも)が口々に励ましたり、アドバイスしたり
でも一向に降りられません。

彼はいつ降りられたのでしょう?

建物もさることながら
仏像も見ものでしたよ。

バンコク5日目-8
不思議な色でしょ?


バンコク5日目-9
船着場です。


さあ、つぎは王宮に。

本当はワットポーが先が良かったのですが
衛兵の交代が見たくて、順番逆に。

しかし、中は広くて衛兵まで行くと
戻るのは禁止だったため
結局間に合いませんでした。残念。でも、
衛兵は動きませんよ!!交代以外では。それも見もの。

唯一、一緒に写真撮ってる観光客が銃に触ったときだけ
その手を払って「No」と言ってましたが。

王宮はやはりきらびやかで色々な像もあり見ごたえありです。

ただ、どこも混んでる。。。

バンコク5日目-11
先が何人にも割れてる蛇の仏?



バンコク5日目-10
ここはなぜか空いてましたが。

暑さと連日の疲れからか
若も姫もなんかばて気味。


バンコク5日目-12
道の真ん中にこんな象の像。


で、最後のワットポーへ。

ここか私が見たいと思っていた
仏陀の涅槃像があります。

ここは券を買ったら水がついてきました。



さあ、いよいよ



バンコク5日目-13



思ったより大きい!

しかも、写真撮ってもいいのね。

王宮のエメラルド寺院には
エメラルドの仏像が鎮座しているのですが
とても上のほうに思ったより小さい像。しかも写真は撮影禁止。
近くで見たい!

と思っていたので
この涅槃像は感動。


バンコク5日目-14
足元から。足裏には螺鈿の仏がいっぱい。

バンコク5日目-15
この像の横にはコインを一つずつ入れていくと幸せになれる(?)コイン入れが。
若と姫が挑戦してました。

バンコク5日目-16
最簿にブッダの後ろ頭。

これらの寺院、王宮は見ごたえありましたが
服装にも厳しかったですよ。
肩を出したり(ショールじゃだめ。袖を通さないと。)
ひざから下を出すのもだめ。

上着やスカートが貸し出されてました。

王族の博物館も結構見ごたえあり。

お土産も色々あったのですが時間はないし、
何よりお金を持っていませんでした。

いや、ドルと円はあったんですよ。
まあ、両替所くらいあるだろうと思っていたら全くなし。

なので、入場料を払ったら帰りのタクシー代くらいしか残らない計算になり
昼食も食べられず、お土産も見ることが出来ませんでした。

残念。よさそうなものあったんだけどな。ここは。

昼過ぎまでたっぷり堪能し
午後はお土産探しするためホテルに戻りました。

ここだけでも、私は1日いられるなあ。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/612-126b2db1

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。