家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 2013ドラマ > 2013春ドラマ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013春ドラマ

2013 - 06/24 [Mon] - 23:06

あれよあれよという間に今年も半分過ぎちゃいますね。

夏至も終わっちゃったし。

春ドラマも終わっちゃったし。
今回見すぎました。


第二楽章
オーケストラで同じバイオリン奏者として
ライバルであり親友であった2人の女性。
1人は子供ができバイオリンを封印。
1人は世界的なバイオリニストとして凱旋帰国。

久しぶりにあった二人。
お互いを親友と認めながら、お互いの境遇に嫉妬する。

この気持ちは分かる気がするなあ。
ないものねだり。

もし、あの時子供が出来なければ私が有名なバイオリニストに。。
もし、あの時彼が私に振り向いてくれていたら、子供のいる幸せな家庭に。

お互いそんなこと重いつつ、再会をよろこんでる。

最後のほう羽田美智子演じるバイオリニストが
妊娠出産、挙句の果てに癌に侵されるなどと波乱万丈で
詰め込みすぎだが。


お天気お姉さん

最近、主演作がヒットしないらしい武井咲が
お天気以外には全く興味を持たない天才気象予報士で
その知識で殺人事件の謎を解き刑事に協力する話。

天気の話は面白かった。けど、色々設定強引ね。

壇蜜は女優はいまいちですね。ちょっと痛い。

段々、人間に興味を持ち感情を持ってくる武井咲は良かったけど
最後、その理由がそっちかあ!という感じは良かったです。




鴨、京都へ行く。

どたばたっぽくって期待してなかったけど結構面白かった。

老舗旅館の娘がその家を嫌い、優秀な外務官僚になるのに
母の急死により借金だらけの旅館を建て直す話。

エリート官僚ならそれなりに賢いはずなのに
常識ないし、単純だしリアリティは全然ないですね。

だけど、高慢ちきだった女将が段々成長していき
従業員の協力も得られて
果てには敵だったコンサルタントをも味方につけて
建て直し始める姿は気持ちいい。

松下奈緒はでかいなあ。

かたせ梨乃はいつ見てもこわいなあ。



潜入探偵トカゲ

これも、惰性で見ちゃった。
元警察の刑事がとある事件で、スパイ容疑がかかり
警察を追われて潜入探偵として、警察では違法になる
潜入捜査行う話。

毎回、パターンが一緒でストーリーも浅かった。

最後のスパイも読めたしねえ。


ラストシンデレラ

これもどたばただったけど、アラフォーとしては
三浦春馬のような若いイケメンと恋人になるなんて
ありえない夢を見せてもらえるので見てました。

最初は妹のためにおばさんに近づいた若者が段々本当に惹かれていく・・・。

でもさあ、オヤジ女子が篠原涼子じゃあ、かわいいよね。
あんな、40歳なら、結構若い男の子も気になるかも。

性格もいいし、仕事も美容師で頑張ってるし。

最終的には同年代の藤木直人にも告白され羨ましい限り。

まあ、ありえませんけど。

飯島直子がやらしすぎると思ったのは私だけでしょうか。




TAKE FIVE

今回題材は好きな感じだけど、薄いストーリーが多く、これもそれ。
愛のある盗みをする窃盗集団take five

解散したはずだがあるダビンチの名画をめぐってまた再結成。

普段は普通の仕事をする5人が藍のある盗みをする話。

最初、刑事ふんする松雪泰子のふけっぷりに驚きましたが
段々なれました。

盗みの手口や、進入方法が安直過ぎて興ざめ。

最後まで引っ張った名画とその贋作の秘密と真犯人のくだりは
まあまあ、楽しめましたけど・・・・・。薄い。


間違われちゃった男

今回、これが一押しかも。
元々、舞台のお話のようで
ドラマも「寿司政」というすし屋とその裏の家しか出てきません。

すし屋の店主がなくなった晩、そこにこそ泥に入った男が、家の人に見つかり万事休すと思ったら
以前そのすし屋で働いていた「テル」という男に自分がそっくり!

で、すし屋や近所の人がその「テル」が帰ってきたと思い
こそ泥は「テル」になりすますのだが・・・・。という話。

借金まみれのすし屋、をそこのきれいな姉妹を助けるために偽者「テル」は
色々策を練るのです。

ちょっとした会話や、人情味あふれる人々がよいし
古田新演じるこそ泥がお人よしで、かわいくて楽しく見てましたが

最後のほうでどんでん返しがあって、話は急展開。
おもしろかったあ。

最後のシーンは何を意味するのかなあ?



空飛ぶ広報室

航空自衛隊の空幕広報室とそこを取材するテレビ局の若い女性ディレクターの話。
自衛隊のことは何も知らないけど、まあ、多分あんなに明るく軽い感じではないでしょう。
でも、公務員としてのジレンマやいちいち回りくどい許可を取らなければならない体制など
分かる気がする。

航空自衛隊の仕組みや中が少しわかって面白かった。
綾野剛ってこんな役も上手。

最後に来て、東日本大震災に絡めて少しシリアスになりますが
(最初の設定が2年前になってて不思議に思っていたのです。)

最終的にはさわやか青春ラブストーリーでめでたしめでたし。



ガリレオ

数年前やっていた湯川准教授が警察に協力して物理学で事件を解決する話。

今回は、エリートキャリアの和解女刑事役吉高由里子がパートナーですが
なぜ、柴咲コウを変えたのでしょう。

エリートの割りに何も知らないし、ぎゃーぎゃーうるさいだけで
役に立たないし。

パターンは決まっているし
東野圭吾原作の割にはあの切なさが足りない気がしましたが
安心して、見られました。子供たちも大好きです。

トリックには少し無理がある?



今回、ストーリーのつくりが薄っぺらい者が多かった気がします。
だから、「ながら見」が多かったなあ。

ちょっと最後にどんでん返し系も多かったし
もう少し凝ったドラマが見たいなあ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/601-909879ef

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。