家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記 > SNSで忙しい  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNSで忙しい

2012 - 11/09 [Fri] - 20:26

本当は日常の一こまをこまめに更新したいところですが
なんだか、忙しい今日この頃。

姫の七五三が終わった翌週は姪っ子の七五三。

これでようやく行事終了。

なんですが、最近Facebookをやっているおかげで
懐かしいお友達に再会(Facebook上だけど)出来て面白いです。

海外生活をして英語がぺらぺらな人も沢山いるし
自分で会社を立ち上げたり、お店をやったりしている人も沢山。

あの頃は、動くの面倒~。なんていってた人が
マラソンに挑戦していたり、トライアスロンやアイアンレースに出てる人までいます。

あんなやんちゃな人がびっくりするほど子煩悩だったり
色々出かけてやたらアクティブな人も多いし。

とにかくいい刺激を受けています。

そして、この出会いをきっかけに実際に再会した人もいます。
便利な世の中。

夫は「自分の行動知らせて何が楽しいの?人の生活が勝手に流れ込んでくるのも気持ち悪い。」
といっています。
確かにね。

まあ、そういう人は使わなければいいんですものね。

私は友達登録もそんなに多くないし
人の投稿眺めてることが多いので
まだ、活用してるわけではないけど

今のところは楽しいツールです。

で、昨日、学校時代の友人が二人(子供入れて3人。)たずねてきました。

やはりFacebookで友達になり、近所に住んでることが判明したためです。

そして、先の七五三である程度家を片付けたので
今のうちなら呼べるぞ!

と思ったのでした。

かなり年下な友人二人なんですが
一人は子持ち、一人も妊娠中。

私も年をとるわけだ。

楽しい時間をすごしました。


そして、友達登録の中には中学時代の友人が10人以上います。

しかし、実はその中には
中学時代、中のよかった人は一人もいないのです。

中には会話もしたことないような人も。

だけど今ではコメントしあう仲。不思議。

そのうちの一人小中学校一緒だった(けどそれほど親しくはない)友人と
今度私の家の近所であう予定。

地元の有名店のオーナーの娘と友人が友達だったことが判明して。

この間、小学校時代の友人に20年ぶりに会いましたが
今回はもっとあいてます。

果たしてお互い分かるのでしょうか?

そして、その中学時代の人たちが盛り上がって
大忘年会が開催されることに。

SNSをやっていない人たちも誘い合い
かなり、大きな会になりそうなのです。

が、その中にも親しかった友人は今のところ一人もいなさそう。

というのも
私は中学時代いわゆる「優等生」で「地味」なグループ。

でも、今Facebookで友達なのはどちらかといえば
「やんちゃ」で「派手」なグループ。
(当時不良と呼ばれた人たちも含む。)

学校ではそんな人たちともまあ仲良くやってましたが
放課後はあまり一緒に遊んでない。

なもので、思い出話もちょっと違いそう。

じゃあ、自分が親しかった人を呼べばいいのですが

なんと、もうほとんど連絡を取ってないのです。
みんなそんなものかと思っていたら

意外と皆さん、まだ連絡取ってるものなのですね。
びっくり。

そんな私ですが、みんな優しく受け入れてくれてます。
忘年会にも参加できそうです。

分からない人、忘れちゃった人も多そうだけど
ちょっとどきどきしちゃうけど
楽しみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/576-4ff30015

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。