家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 2011ドラマ > 2011秋ドラマ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011秋ドラマ

2011 - 12/18 [Sun] - 10:40

ドタバタしてるうちに年末ですねえ。
ドラマもいつの間にか終わっていきます。

今回も沢山観ちゃいました。

ラストマネー

もうとっくに終わってしまいましたけどNHKの重いドラマ。

生命保険会社の査察部が舞台。
冒頭がお葬式でなぜこの人が死ななければならなかったのか
遡って話が展開する構成。

保険金が正当に支払われてるか調べる査察の仕事って大変そう。
ストレスたまる。
かわいそうな身の上ゆえに男達をだまして保険金をせしめてた
高島礼子の悪女振りがよかったです。


専業主婦探偵~私はシャドウ

能天気なお話かと思ってたけど意外と深い話。
能天気なのは深田恭子の演技だけでした。かわいいけどね。

愛する夫の浮気を心配するあまり、
主婦業以外何も出来ないおっとり妻が
探偵になって、夫を見守る(?)話。

かつらかぶって、めがねかけて少しメイクが変わるだけなのに
夫はおろか、周りの人も気付かないのがおかしいねえ。

深田恭子の父で夫の藤木直人の元上司小日向文夫は
一見やさしそうな笑顔の裏に復讐心を燃やし
娘婿の弱みを握って復讐の片棒を担がせる。

この不気味さがすごくうまい。

しかし、この会社セキュリティー甘すぎないかい?





南極大陸

世間の評判どおり
豪華キャストのわりには。。。。

まず、オープニングが「仁」にそっくり。音楽も同じ人?
そして、演出も「華麗なる一族」にそっくりなシーンがありましたね。

宗谷修繕が越冬隊出発に間に合わなくなり(このときは越冬じゃないけど)
南極大陸上陸断念になりそうな時
日本中の職人がトラックに乗って集結するシーン。あったよね。「華麗なる~」にも。

木村拓哉だけ今風で昭和っぽくないし
やたら聖人君主みたいだし何やっても正しいし
題名や次回予告は思わせぶりなんだけど
結局はみんな大丈夫だし
船はすぐに傾くし。

でも、内容はなかなか好きです。
なんといっても犬たちの演技に関心。
ちょっと演出しすぎな気もするけど。

生き残る犬のことを知ってるのである程度安心して見られます。

いよいよ今夜最終回。



私が恋愛できない理由

香里奈が普通に働いてたら男の人たちはほっとかない気がする。
大島優子がすごく普通の子に見えるのは演技がうまいのでしょうか?

異性の親友ってありだとは思うけど、
こういう展開はわざとらしい。

でも、こんな素敵な一軒家に友達と住めたらおしゃれ。



HUNTER~その女たち賞金稼ぎ~

終わっちゃいましたけど、今回一番楽に見られた。
失踪した妹を探すため懸賞金付きの指名手配犯を捕まえる
バウンティハンターになった元CAと仲間達の話。

普通の主婦やCAが簡単に犯人見つけちゃうので
現実味ないけど、なんとなく気になってみてました。
堀内敬子好きなんだよね。


ビターシュガー

NHKの新30分枠ドラマ
もうすぐ40の仲良し3人組のそれぞれの生き方。
学生時代の友達なんて
もう年賀状と同窓会くらいしか付き合いがないので
こんな年齢になって、お互い交流があるなんてうらやましい。

今、私は夫も子供もいて毎日平凡だけどにぎやかで幸せです。
ライターのりょうやディスプレー屋の和久井映見は格好いいけど
40前後で一人でいるのは私にはさびしいかな。
一人で動けて気楽で好きなこと出来るのは少しうらやましいけど
もう子供のいない生活は考えられないし。

かといって鈴木砂羽のように
モデルだったのに平凡な主婦の道選んだのに
夫が突然会社を辞めて山に行ってしまうなんて
これも困ったことに。

もう、若くないし、かといって人生まだ長いし
難しい年頃ですね。
でも、いくつになっても恋が出来るのはいいね。
もうすっかり、関係ない話だけど。



深夜食堂2

深夜だけ開いてる食堂で起こる人間模様。
30分に人生が凝縮されてて、深いなあ。
パート1もあったんだね。知らなかった。
ここの常連になりたい。
でも、早寝の私には無理だわ。



家政婦のミタ

今回の表一押し
妻が夫の浮気で自殺した家にやってきた
壮絶な過去を持つ完璧な家政婦。

やっとつかんだ幸せな家庭が
夫と子供の死によって崩壊。
それを自分のせいにして決して笑わない。

松嶋菜々子がすごい。
女優としては少し醜い感じだけど良い味出してます。

父親が情けなさ過ぎるけど
これが今風なのかな。
家族がばらばらになりかけてる緊迫した状態で
娘に「私の事好き?」と聞かれて
こんな状況で「分からない。」と答えるでしょうか。普通。

自分のせいで妻が死んで家族もばらばらになってるのに
まだ愛人にすがってる。逆にリアルなのか?

ミタさんのカバンの中から何でも出てくるのが面白い。


重いテーマなのにところどころ笑えるのもいいですね。

しかしこんなに家政婦雇うお金あるの?
いくら保険金が入ったからって
会社も辞めて広い家のローンもあるでしょうに。

段々、人間味が増してくるミタさん。
最終回は笑うのでしょうか?

そして、家にも家政婦がほしい。


DOCTORS最強の名医

実はこれが今回の本当の一押し
だらだらした経営で、医者もやる気のない総合病院を
一人の医者が立て直していく話。

でも、沢村一樹のその医師はまっすぐには事を運ばない。
うまく人の気持ちを使って、また根回しをして
病院を建て直す。

お医者さんのプライドをくすぐって
看護師のやる気も出させる。


正義の味方という感じではなく
なんか笑顔の裏に隠れてる感じがいいです。

医者達もやる気はないけど
本人たち気付かないうちにいつの間にか、素敵な医者になって行ってる。

野際陽子の院長と
その甥の高島政伸息がぴったり。

高島政伸は冬彦さん的役が最近多いけど
はまってる。生き生きしてますね。

最終的には医者魂に目覚めて
なんやかんやと沢村一樹と協力。
癌の手術まで成功させて
生体肝移植手術を協力して行い
病み上がりの沢村のサポートまで準備。
(結局、必要なかったけど。)

まんまと策略にはまちゃってます。


見ていてすっきりするドラマでした。
続編みたいな。

来年もまた面白そうなドラマありそうですねえ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/534-7f4dadd4

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。