家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記 > 震災から1週間  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から1週間

2011 - 03/18 [Fri] - 21:28

あの大震災から1週間たちました。

段々露になる被災地の現状、惨状。

私達に今出来ること。

色々な形がありますよね。

まずは節約節電。
職場では暗がりで業務を行なってます。

家でもなるべく暖房つけずに、電気も1部屋。

感心したのは
近所のお家のほとんどが
玄関・表札の電気をつけていなかったことです。

皆さん協力してるんだなあ。

計画停電のグループにいる方々もありがとうございます。
職場の同僚にも何人かいて
大変な思いをされているようです。

通勤だって、
普段の倍の時間を掛けたり
20キロの距離を自転車で来たり
電車の内外もものすごい混雑だったり

幹線道路も普段は歩いてる人もいないのに
沢山の自転車を見かけます。
職場まで自転車で行かれてるのでしょうか。


車通勤の方も
ガソリンの量を気にしながら通っていたり

大変苦労されてます。

私は元々自転車だし
今は計画停電からは外れてるし
だいぶ楽なはずなのに
なんだか疲れてます。

職場の人たちも疲れてます。

でも、東北の方々のことを思えば
たいしたことはありません。

それと
被災地でもないのに
買占めをやめてください!!

うちの近所でも、米やパンは
夕方にはほとんど見かけません。


1週間たってようやく落ち着きは見えてきましたが
まだ、山のようにトイレットペーパーなどを
買っている人を見かけます。

なんで?

そんなに買った食品を
ちゃんと賞味期限内に食べられるのですか?

そんなに家族多いのですか?

落ち着きましょうよ。

その分
被災地に物資が届かないんですよ。
まずは、被災者第一ですよね。


こんな
私達のちっぽけな気持ちですが
少しでも、本当に少しでも
被災された方々にプラスになればと思います。

孤立している被災地にも早く物資が届きますように。
暖かく過ごせますように。

原発も怖いし、余震も怖いし、
東京もなんだかまだまだ日常ではありません。

季節は春めいてきたのに
こんなに心が沈む春は初めてです。

でも、乗り越えていきましょう。
まだまだ道のりは長いけど
絶対、乗り越えられる。

私達に出来ること
もっと考えようと思います。




関連記事
スポンサーサイト

本当に

 私たちが落ち込んだってダメなんですよね。何ができるか考えなきゃ!!

Re: 本当に

そうなんですよ。
普段「根性」とか「気合」とか言う言葉好きではないのですが
今こそ気持ちを強く持って
みんなで気合入れなきゃ駄目でしょう。

長い目で、考えていきたいです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/494-aaa2c4a2

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。