家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 仕事 > 仕事のストレス  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事のストレス

2010 - 03/17 [Wed] - 21:18

私の仕事は理学療法士。

リハビリテーションの専門職です。


仕事場は病院が多く、私も以前は病院で働いてました。


夫の転勤で今のところに引っ越してきて再就職。

夫は仕事が忙しいので、私が家族の生活に支障をきたさないような範囲の仕事を探し
今の老人施設を見つけました。

給料はいいのですが
老人相手のリハビリですから
やりがいを考えるとちょっと物足りない。

最新の手技が学べるわけでもないし
充実した施設があるわけでもないし。


でも、介護保険の改定が行なわれ
リハビリの加算が増えてきた今、ニーズは広がるのでしょう。

同じ部署のスタッフやケアワーカーさん、看護師さん、事務の方
みんな良い方で雰囲気は悪くないのです。


ただ、1点。


週2回、非常勤で来ている作業療法士の50代のおじさん。


これが、私達の最大のストレスです。


あまり仕事の愚痴を言いたくないので
ほとんど話題にしませんでしたが。

とにかく、想像を絶する出来なさ。


何が?




まず、挨拶できない。

謝れない。(しかし、クレームつけられること多い。でも、一度も謝ったことない。)

仕事が出来ない。
事務仕事一切出来ない。
・パソコンに集計の数字7つ入れるのに20分かかる。
・利用者さんに関する2行のコメント書くのに10分。(普通1分もかからない。)
・もちろん報告書など1度も書いたことない。
・人の話が一度で理解できない。ゆっくり優しい言葉で繰り返さなければならないのです。

仕事内容1ヶ月で忘れる。
だから、何度も同じ事を教えるのですが「すみません」も「ありがとう」もなく、ただ「ああ。」と。

利用者さんからクレーム多数。上司から注意を受けると「俺はリハビリのプロだ。素人に何がわかる。」と怒る。
(上司は看護師。)

何回かいろいろな事で注意されてもそのたびに逆切れ。
大声で怒鳴り散らす。
「いい大人なんだから、大声出さないで。」というと
「俺は大人じゃない!」などとわけのわからん言い訳。

そんなリハビリ自体、どこで教わったのかわからんマッサージまがい。

利用者の名前を2分の1の確立で間違える。

介護スタッフからの申し送りの報告がでたらめ。(亡くなった人の申し送りをしてたりする。)

私が入職してから3年、仕事中にスタッフへの報告1回もなし。(例えば「○○さんは歩行不安定。」とか。)

ああ、書いててもきりがない。
とにかく1日に普通の人の1年分くらいのミスをして

それなのに「俺はプロフェッショナルで出来る男だ。」と思っているのです。

何も考えず働いているので、
何か不審な点があっても気付かないのです。

注意力もなく、
自分の隣で利用者が転んでも
「気付かなかった。」で押し通すのです。


挙句の果てには
事務職の優しい20代の女性に思いを寄せ

通勤の往復に後をつけ
ある日いきなり
「プロポーズをしたいので、今夜食事に行かないか?」
と誘う始末。しゃべったこともないのに。


何で、こんな人がずっと勤めてられたのでしょう?
今まで、長続きはしてなかったようですが。

今までの上司に何度トラブルの数々を突きつけても
波風立てたくないのかごまかされてきました。


さすがに私達も仕事がやりにくく
「これ以上、あの人いるなら、私達も考えがある。」
と伝えたのです。長に。



すると




先日





そのおじさんは長に呼び出され





「契約は更新しません」


と宣言されたそうです!!!!!!





やったーーーー!!




私達の仕事の、いや、生活のストレスの80%はこれで軽減。

まあ、契約は5月のはじめまで残ってるんですが。



そう言い渡されたおじさんは
自分の落ち度で契約更新されないとは思ってないようですが。
(もしかしたら、みんなも更新されないと思っているかもしれない・・・。)



とにかく、気持ちが軽くなった。

おじさんがやめるまで少しは優しく接せられるかも。

関連記事
スポンサーサイト

はじめましてかな?

まあ、まあ、まあ、まあ

そう怒らないでください

おやじもいろいろあって大変なんです

食っていくのに!

頑張ってくださいv-290

はじめまして!

訪問&コメントありがとうございます。

私は結構人に甘いほうだと思うんです。楽観的だし。
でも、今回、初めての怒りだと思います。

確かに、コミュニケーションをとるのが苦手で
色々頭も働かなくて可愛そうですが。

でも、少しは自分の能力を認めて
みんなに助けてもらってることを知らないと。

私達はおじさんが何とか働けるようかなり努力をしたのですが
そのたび、おじさんはなぜか上から目線で
「文書で出してもらわないと困る。」だとか
「チームワークが大事だ。」などとのたまうのです。

「では、ご自分の考えを文書にして出してください。」といえば
「もういい!」と逆切れ。
「疑問やその日の報告は終了前のミーティングで話しましょう。」
と提案すれば
その日から終了前に一度もスタッフの机に戻らなくなりました。
報告するのがいやだからでしょう。

そんな人に同情すら出来ません。

人それぞれ色々あるのは認めます。
でもそれとは別問題です。
幸い、この方独身ですし、ご実家が遠くにありますから
お帰りになればいいでしょう。

まあ、もうやめちゃいましたからv-254

もう、こんな愚痴っぽい文章はあまり出さないと思いますから
これからも是非遊びに来てくださいね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/429-a35cdb91

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。