家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 独り言 > 私のイメージの色  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のイメージの色

2006 - 09/07 [Thu] - 15:13

昨日、退職祝の花が職場から届いた。


 花


本来は送迎会が行われて、そこでもらうんだけど
送迎会もなかったし、荷物になるだろうと配慮してくれたみたい。
私は結構涙腺が弱いので
こういうあっさりした別れでよかったと思う。

花はいただくとやっぱりうれしい。ひさしくもらってなかったなあ。
だって、子持ちの主婦なんて
花もらうようなシチュエーションなかなかないよね~
去年、早期破水して入院中に父親と夫にそれぞれもらったくらいだな。しかも、父と夫って。

はあ~


ところでこのお花、オレンジ、黄色系でまとめらっれてる。
これは、一応その人のイメージに合わせて送るようにしているはず。
私のイメージか。。。
不思議なことに昔の職場の退職のときも
大学卒業時に後輩にもらった花も
いつも色は黄色オレンジ系。
特に私が好きな色というわけではない。
これって多分共通する私のイメージなんだろうな。

でも、なんかわかるような気がする。
間違ってもピンクや白じゃないし、
情熱的な赤でもない。
清楚な青でもないし
妖艶な紫でもない。

やっぱり、黄色オレンジなんだわ。
なんかそれほど女っぽくない。
でも、明るく暖かい感じがするよね。(と自分にフォロー)

だけど、実はそんなイメージは結構気に入ってる。
良く考えると結婚式のブーケもオレンジ系だったの。

イメージって何でしょうね。
私は20代の頃初対面でたいてい、真面目で気難しいって思われてた。
しばらくすると、そんなイメージもなくなってくるけど
どうもとっつきにくかったみたい。
夫と付き合ってるときその話をすると
「本当は私はそうじゃない。
と思ってても周りがお前のこと気難しいと思ったら、
お前の気付かないそういう面があるってことだよ。」
と言われたことがある。

「なるほど」と思った。夫は極たまに良いことを言う

「私は本当は違うんだ。みんなわかってくれない。」
じゃなくて
「人から見たら私はこうなのか。」
と受け入れなきゃいけない。と知った。
その後直すか貫くかはその人の自由だしね。

おかげで、私は少し楽になった。
多分、人と接するのに壁を作りすぎていたのだろう。

歳を取るにつれ少しリラックスして人と接せるようになり
前の職場では
「最初から新人さんの気配なかったね。」
と言われるまでになっていた。
新人の割りに歳食っていたのもあるけど。

人から私ってどういうイメージ?
って気にしすぎるのもやらしいけど
素直に受け取るのは大事だなって今も思う。

とりあえず前の職場での私のイメージはこんな色でした。


張り切って、玄関に花束飾ったけど夫はその花に気付かなかった。
男の人にとってそんなものなんでしょうか。花って。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/35-90f50f11

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。