家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国内旅行 > 大阪ぶらり子連れ旅 帰り。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪ぶらり子連れ旅 帰り。

2007 - 11/05 [Mon] - 22:22

日曜日も晴れ渡り、気持ちのいい天気。
友人と会う予定がキャンセルになり、
どこへ行こうか・・・。

ということで、天王寺動物園へ
天王寺動物園


大阪に7年間も住んでいたのに、結局1度も行かなかったのです。
そして、こてこての大阪を見るにはいい場所です。
通天閣

まわりは『新世界』と呼ばれる歓楽街。
NHKのドラマ「ふたりっ子」の舞台になったところです。
通天閣は見えるし、写真の手前は『づぼらや』の看板。
串揚げやも並びます。

地元民はしゃべりも服装もディープです。
そんな中にある動物園は大阪気分を味わうには絶好です。

若はライオンが見たくてうきうきでした。

でも、
だらけたライオン

こんな、だらけたライオンしか見られず、若がっかり。

だけど結構広くて、動物の種類も多くて見ごたえはありましたよ。

ただ、旭山動物園に比べるとやっぱり、動物遠いかな。
後、『人』の檻があって、
オリの中に自分たちが入れるゾーンがあって面白かったですよ。
動物の気持ちになれます。

1歳10ヶ月の姫は歩きたい時期でベビーカーからすぐ降りてしまいました。
それはいいのですが
もちろん、まっすぐ歩きません。
子供たちのキャラクターチェックに余念がありません。
「アンパンマン!!」などといいながら
わざわざ、シャツやらかばんやらをつつきに行くので大変です。

動物よりもそっちに興味があるようで。
そんなもんですよね。


昼過ぎには動物園を後にして
ちょっとお茶をしてから

夕方新幹線に乗り込みました。
夫は、一人和歌山へ出張。。

帰りこそ動き回ったので二人とも爆睡すると思いきや


一睡もしてくれませんんでした。

ただ、行きは一切なかった他人の暖かさに沢山触れました。

新幹線の中では
姫が後ろを覗いたのですが
おじさんや若い女性のグループが相手をしてくれました。

降りるときも女性が
「荷物持ちましょうか?」と声をかけてくれました。

在来線の電車でもせきを譲ってくれたり
ベビーカーをたたむのにのろのろしてたら
「手伝いましょうか?」とまたもや声をかけてきただきました。

行きは電車遅延のため混んだ電車の中で
大荷物と子供を抱えた私に誰も声をかけてはくれず

まあ、それが当たり前かな。と思っただけに
帰りはとても、うれしくなりました。

そんな、親切なんて本当に期待はしていないけど
自分がそんな親子を見つけたら、やっぱり声をかけたいものです。


だけど、

やっぱり、


子供二人と3人電車旅往復は



もうこりごり。
後、2年はしたくないです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/231-705c2597

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。