家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 仕事 > こっそり渡された・・。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっそり渡された・・。

2007 - 07/06 [Fri] - 20:33

仕事を始めて3ヶ月がたちました。

大分、慣れてきて、態度もでかくなってきました。


私は、主に介護老人施設に入所している方通所の方
のリハビリを行ってます。

共通して言えることは高齢者って事ですが。

リハビリ対象になる方は色々ですが
認知しょうが進んだ方も大勢います。
ちょっと前まで痴呆症と呼ばれていた方たちですね。

一口に認知症と言っても程度や症状は様々で
びっくりするようなことがいっぱい起こります。

勝手に人のベッドで寝てしまったり、
ぶつぶつ、いつまでも独り言を言っていたり。
施設の座布団抱えて「これはどこで会計するの?」
と本当に困っていたり。
とてもここにはかけないことも。
(そのうち、書いてしまうかも)

で、一見普通に見える方も多いんです。
ちょっと軽いかたがたですね。

そんななかの一人に腕を骨折してしまったおばあさんがいます。

最近ギブスが外れて本格的にリハビリが
出来るようになってきました。

私が腕を動かしてあげて、むくんだ手と手首を
軽くマッサージしてあげました。

するとそのおばあさんはとても喜んでくれて
「ありがとう。ありがとう。
あなたも大変ね~。」と感謝してくれました。

私は「いいんですよ。これからもリハビリしましょうね。」
と答えて終わろうとしました。



すると、

そのおばあさんは



ささっと、回りを見回し、


自分のポケットの中から
何かを取り出し私の手に押し付けました。
私が「何ですか?これ」と見ようとすると
そのおばあさんは慌てて

「いいから!いいから!目に付かないように早くしまって!」

とその何か紙のようなものを私に押し付けます。



これは。



病院勤務時代にはたまにありました。

お礼だといってお菓子など持ってきてくださる方は
いいのですが

時々、お金、つまり現金を渡してくる方がいるのです。
当然こちらは受け取れないので
あちらを傷つけないよう
丁重にお断りするのが大変でした。


おばあさんに渡された紙包み。
そっと、見てみると


それはただの手を拭く紙でした。小さくたたんだ。

私があっけにとられて手拭紙を見ていると
おばあさんは
「何、そんなの人前に出しちゃだめ。取っといて!取っといて!」
と小声で私にその手拭紙を握らせます。

おばあさんは大真面目に私に『寸志』を渡そうと思ってるようです。
ただの、紙切れなんですが・・。

私は「お気持ちだけでうれしいのですが・・。
ありがたくいただきます。」と受け取ることにしました。


するとそのおばあさんはうれしそうに
「ありがとうね。」と満足げでした。


本当に気持ちを受け取れたかしら?
思わず笑ってしまいましたけど。

関連記事
スポンサーサイト

こんにちは。
お仕事も順調そうですね。
認知症の方にはいろいろな方がいて、
その方によって対応を変えていかないと
いけないので大変ですよね。

その利用者さんはかわいい方ですね。
ただの紙切れなのに・・・
こゆきさんはその方の気持ちを
十分受け取る事が出来たと思いますよ。
利用者さんの笑顔かその証拠ですよ。

こゆきさんってすごいなぁ~
大変なお仕事・・心に余裕がないとやっていけないですよね。
でも紙切れを必死で渡してるおばあちゃんも
「幸せなきもち」になれてよかったですよね。
紙切れでも人に感謝されるってうれしいですもんね。
素敵なお仕事です・・・

物はなんであれ、おばあさんは「お礼の気持ち」を受け取ってもらえてうれしかったと思います^^

・・・でも紙って面白いですねw
やっぱり痴呆の影響でしょうか??
感謝の気持ちだけは忘れずに、おばあさんに長生きしてほしいです^^

こんにちは
聞いていると微笑ましいなと思うところとホントに大変な仕事をしているなって感じました。
相手が子供じゃないだけに大変なこともありますよね!こゆきさんの対応は自分の気持ちも伝えつつ相手の気持ちも受け入れてるのですごいなと思いました。ただの紙だったから
良かったですね。人に感謝される仕事って大変だけどやりがいもありますね。

♪コメントありがとうございます

★コメントありがとうございます。

■れいななさんへ
そうですね。この方はかわいらしいけど、中には暴力的な方や、こういっちゃ何ですが、憎たらしい方も。
なかなか、上手に対応できないのが現状ですが。私はリハビリだけなので、まだいいですけど、介護の方は本当に大変そうです。


■かあちゃんさんへ
確かに、自分が疲れているときは笑顔で根気強く対応しなければならない方は、大変です。
色々、不満もありますが、利用者の方に笑顔で感謝されるときはやはりうれしいですね。


■ヒサノさんへ
認知症の影響です。
昔の自分のことと、今のことがごっちゃになったり、ないものがあると思い込んだり・・。
様々な症状がありますがこの方みたいにかわいいものばかりではないですけどね。


■まりぽんさんへ
体調はいかがですか?
確かに子供相手とは違いますね。
生きてきた経験が、とにかく沢山ありますから。プライドを傷つけないよう接するのは難しいことです。教わることも多々あります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koyuky.blog56.fc2.com/tb.php/198-c9af681a

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。