家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > 2014年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月も忙しい。

2014 - 04/25 [Fri] - 21:23

来週、5月になってしまうではないかああ!!

新年度が始まりましたが
私個人的には特に何の変化もなく
仕事も淡々と続いております。

そして、夫は予想通り転勤はなく
大阪の単身赴任も5年目を迎えてしまいました。

夫はこちらに戻ってくることはあるのでしょうか?

姫は3年生になりました。
クラス替え。

今回、同じ保育園から来た4人全員が同じクラスになるという偶然がありました。
これって、確率低いですよね?

近所のお友達も4人ほど一緒。

でも、姫はいたって冷静。
特にその子たちと仲良くするわけでもなく
かといって、
1,2年から同じクラスだった子達のお母さんによると
仲良かった子が違うクラスに行ってしまい
「つまらない。。。とぽつんとしているらしいのうちの子。」
なんてこともなし。

大好きだった担任の先生も変わりました。
前はベテランの女の先生。
明るくてしゃきしゃきしていて行動が早い。

今回は中堅どころの男の先生。
私と同世代ではないかと見てるのですが、ちょっと若いかも。
この小学校2年目でまだ、あまり情報はありません。

物静かで北村弁護士や三谷幸喜みたいな風貌。
でも、姫はまあまあ気に入ってる様子。
「先生ゲームやってくれるんだよ。」とか

「ちゃんと笑うんだよ。」とか

「今日、親父ギャグ言ったよ!」とか教えてくれます。

うまくやれればいいですね。


一方若はついに最高学年6年生。
早いですねえ。。。

組替えはないのですが
5年の前期で担任の先生が病気になり臨時の先生で乗り切ったクラス。
新しい先生を迎えることになりました。

今度の担任は若い女の先生。
5年の前期と同じですが
タイプはちょっと違う感じ。

でも、元気で初々しくて素朴な感じ。

もともととてもいい感じのクラスでしたが
担任代わるとこうも変わるかというくらい
後期は乱れてしまいました。若も含めて。

臨時の先生はまだ、新卒ででかい男の先生。
若いのにとにかく覇気がない。
君のとりえは若さだけだろうが!と思うのですが
だらだらだらだら。
これじゃあ、子供たちはついていきません。


そして、「学校つまんない」とまで言い出すようになっていたので
他のおかあさんたちと
少しの辛抱だ。早く6年でいい先生来て!」といってました。


新しい先生はとてもよいようで
若に言わせると
「クラスが元に戻った」そうです。

ひとまず、よかった。

そして、若の周りはみんな塾に行っていて
受験する子も多いことがわかってきたみたいです。

5年生くらいのときに
「若も受験する?」と聞いたら
「みんなと違う学校行きたくない」
なんていっていた若。

最近、仲良しの子達も受験することを知り
「お兄ちゃんも受験しようかな。」
なんて、流されてる若です。

今から間に合うのか?
しかも、中学がどんなところかもどんな学校を受験するかも
ぜんぜんわかってないのに。

まあ、ちょっと、見学してみるのもいいかもしれませんね。

そんな感じに今春もスタート切りました。




スポンサーサイト

2014冬ドラマ

2014 - 04/03 [Thu] - 21:43

桜満開!!週末に花見だ!!と思っていたら

雨。明日も?桜がどんどん散っていく。。。。


で、すっかり4月。
なんといっても消費税8%ですね。
といっても、特にまだ実感はないですが
スーパーの値段表示が外税なので今までと比べにくい。
ちょっと安く感じるのでだまされないようにしなきゃ。

で、遅くなりましたが冬のドラマ。

今回本当に忙しくて、やっと先週に見終わりました。

今回警察内部物が多かったような。





緊急取調室

SITにいた交渉係の女性が新しくできた緊急取調室に配属
ベテランのおじさん刑事に混ざって容疑者から言葉を引き出していく。

天海祐希好きなんですよね。

最初は相手にされなかった女刑事が次第に周りを引き込んでいく。
同時に8年前に殉職し、汚名を着せられた夫の無実を晴らすために
独自に捜査をしている。

取り調べ室内のやり取りが多くて白熱してたけど
それをちょっと意識しすぎかな。

後、女手1人で誰の手も借りずに2人の子供を育てるのは
女刑事には無理かな?



医龍4

もうなんだか世界が確立されていて、矛盾だらけだし
ありえないし、大げさなんだけど見ちゃうね。

岸部一徳は段々エスカレートしてもはや怪物だ。

高橋克典の最後の落ちは予想できたけど
10年間も手術をしないで、いきなり何巻手術を成功させるなんて
なんだか手術って簡単?て思わせますね。

最後に水川あさみが出てきたけど何かの伏線?



戦力外捜査官

これは勢いだけで見てました。
能天気すぎ。
芸達者がそろってたのに、生かされず。
アクセントは関根勉だけで十分。



S-最後の警官-

SATとSITに続く警視庁の第3の「S」NPS。
立てこもりなどの重大事件において
SATは犯人を制圧して事件を解決するのに対して
NPSは犯人を確保して事件を解決するための組織。
しかしその本当の設立理由は・・・・。
なんて話。

SATが大所帯なのに対してNPSはわずか6人の精鋭ってのがまずリアリティない。

でも、被害者家族が犯人に対してどんな思いを抱いているとか
犯人を殺して姉妹ではなく生かして捕まえて償わせるとか

難しい問題だな。当事者でなければ絶対にわからない感情でしょうね。

それぞれくらい過去を背負っていて
画面も暗い感じなのに
あまり、重くないのはなぜだろう。

オダギリジョーってこわい。

で、映画があるのね?続編の。



隠蔽捜査

これが今回の一押し!!

真面目一直線の警察官僚がまったくぶれない信念を貫き
幼馴染のこれまた同じ警察官僚とともに
警察内外の事件を裁いていく。

半沢直樹みたいなものですな。
でも、あれほど大げさではない。
変人と呼ばれる竜崎伸也は息子の犯罪を自ら告白して降格される。
でも、国家公務員はどこでも仕事ができる。と意に介さず警察署長として任務を遂行。

普通、警視あたりがなる警察署長に警視長の階級の竜崎がついているので現場は混乱。
現場上がりの副署長以下は最初こんなキャリアを疎んじるが
階級やメンツなどを気にしない竜崎のやり方に次第に賛同して慕っていく。

どこへ行っても最後にはみなの信頼を勝ち取っていく竜崎。
「責任は全部俺が取る。」が決め台詞。
で、要領よく立ち回っている幼馴染の伊丹も最後には協力してる。

見ていて気持ちよかった。

ただ、現場が大変なときに必ず家族に問題が持ち上がるの。
でもいつもどおり冷静に対処する竜崎。

途中、急に恋に落ちるのも面白かった。

刑事の安田顕もいい味出してた竜崎を信じて、現場での経験でサポートする。格好良かった。

そして、鈴木砂羽演じる妻。いつも影で夫を支えいざというときは
力強く夫をサポート。従ってるだけではなく、時には夫を叱咤激励する。
男性にとっては理想的では?

警察内部が絡む事件もよくできていてスリリングだったなあ。
そして、最終的には・・・。
単純に勧善懲悪ではないところもよい!!

ところで緊急取調室の草刈正雄とこれの古田新太って警視庁の刑事部長。
同じ役ってこと?だいぶ違うね雰囲気。

ああ、面白かった!




福家警部補の挨拶

若干、古畑任三郎的な感じ。
キャリアの女性警部補が昇任せずに現場で単独で事件を解き明かす。

よくそんなところに目をつけたな。という毎回ちょっとした犯人の足跡を逃がさない。
で、結局、福家がなぜ昇進しないで現場にいるのか
はっきりはわからなかったんですけど。

謎解きは面白かった。

壇れいがこんな色気のない役もあまりしませんよね。
結構お上手。



チームバチスタ4螺鈿迷宮

もはやチームバチスタ関係ない。
いくら医師免許持っててもほとんど臨床経験のない
厚生労働省の役人白鳥がいきなり皮膚科医として碧翠院に潜入。

何で官僚が単身で行動してるのか毎回不思議よね。

今回の話も突拍子なかったけど
海の近くが舞台だったせいか、なんかリゾート気分で見ちゃった。

大きそうな病院なのに、医者は家族の4人しかいないし。
(あ、田口も医者だ。あ、チームバチスタの桜井総合病院も医者が数人しかいなかった。)

結局なんだか悲しいお話で終わっちゃいましたね。
そして、映画に続くのか?

多いなこのパターン。


さて、4月からも面白そう。


 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。