家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > 2012年09月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニャチャン子連れ旅⑨帰るだけ

2012 - 09/22 [Sat] - 09:27

ニャチャン4日目
ホテルのエントランスからテラスに出て眺められる景色。


帰りは雨が降り出す中
高級ヨットに乗り込みまず本土へ。

そこからまたまたベンツのワゴンで空港まで。

ニャチャンの空港には19時過ぎに到着。
国際線はホテルでウェブチェックインを済ませてるので
(ホテルでやってくれていた。気が利いてる。)
国内線のチェックイン。

実は若が行きの飛行機で帽子を忘れてしまいました。

空港に訪ねると
色々待たされた挙句
結局
「来るのが遅すぎる。」で終わり。

まあ、無くして5日過ぎてるしね。
(気付いたのも遅かった。)

日本じゃないからまあ、仕方ないですね。

その代わり、若は遊園地で帽子を購入。
なかなか気に入っております。

21時。ついにニャチャンを出発。
行きはハノイでしたが
帰りはホーチミンを経由します。わずか1時間。

ハノイの空港は首都だというのにかなり小さく暑く
(エコか?冷房が全然効いてない。)
時間をもてあましたのですが

ホーチミン空港は立派でした。

ニャチャン6日目
しかし、時間はすでに22時を回っています。
チェックインカウンターの前でぐったりの若と姫。


早めにゲートに行っておこうと向かうと
行きに知り合った家族のお父さんが。

「ゲートが変更になったらしいですよ」と。

見ると確かにゲートが変わってる。
だけど、同じゲートの同じ時間に他の飛行機がダブってる。
つまり1つのゲートで2機の飛行機が同時に離陸することに。

そんなはずないよねえ。
と夫と話しながらうろうろ。

でも若も姫ももう眠くてふらふらなので
あまり動きたくない。

仕方ないので最初に示されたゲートで待つことに。
そういえばみんな疲れているのか
歩きながら寝ていて柱にぶち当たっていた男の子がいたなあ。
5年生くらいかなあ。日本人の。

待っていたベンチの前にお土産屋さんが。

ここの空港、値段がドル。
もちろんドンも円も使えましたが換算がややこしい。

ベトナム雑貨を見たかったけど
ニャチャンのホテル周辺には全くなく
あきらめていたので
残ったドンを使うためお店へ。

ニャチャン6日目-4
結構充実。そして安い。

といっても、多分町のお店に行けば
ここの何分の一で購入できるんでしょうけど。

ここで夫のTシャツと私のパッチワークみたいなポーチと刺繍のトートバッグを購入。
しめて3500円。残ったドンが2000円ほどでしたので
1500円余計にかかりましたが
まあ、旅のお土産買えたので満足。

その頃、若と姫は




ニャチャン6日目-1
もう耐えられません。




ニャチャン6日目-3
ゲートはこんな感じ。


結局
最初に示されたゲートが正解でした。
移動しなくてよかった。

ニャチャン6日目-2
これの一番上、19ゲートのベトナム航空とJALが同じ時間でしょ?

私たちの乗るベトナム航空が15ゲートでした。

そして,飛行機はほぼ定刻にテイクオフ。

若と姫は成田に到着するまで熟睡でした。



飛行機では朝6時頃朝食が出るのですが
まず、若と姫の分。

二人とも寝てるのでCAさんに
「後で起きたら」と頼んだら
すごく嫌そうな顔。
なにかつぶやいてます。
「置いておくから。」みたいな感じ。

もって帰りそうにないので
仕方なく「置いていって良いですよ。」と言うと
さっさと寝ている二人のテーブル出しておいていきます。
狭いよお。

日本の航空会社だったら絶対こんなことしないなあ。


今回、初めてホテルライフを満喫してしまいました。

ホテルがよかったのでゆったりリッチな気分は味わえました。
食事も考えなくて良いから楽でした。

でも、その国の地元の人たちと触れ合う時間はほしかったかな。
悩みながら、レストラン探したり、
交渉したり
それも旅の楽しみの多くを占めることですね。

若と姫に聞いたらとても楽しんだ様子。

だけど若が
「今度は世界遺産とか観光したいな。」
なんて言い出した。

本当?

だったら
来年は観光も組み込んだでも、やっぱりリゾートにしようかな。

旅行はいいなあ。疲れるけど。

長い間お付き合いありがとうございます。





スポンサーサイト

ニャチャン子連れ旅⑧5日目海とエステ

2012 - 09/20 [Thu] - 20:28

6日間の旅なのですが
最後は機中泊なので実質今日は最終日。

ホテルは16時チェックアウトなのでのんびりは出来ます。

朝はゆっくりビュッフェを味わい
(「さすがに飽きたよ~」若談)

海へ。

行きの送迎で知り合いになった家族のご夫婦に
「ビーチの端のほうに沢山魚がいますよ!」と
情報を頂いたのでいってきました。

ニャチャンのビーチは透明度はいまいちで魚もいないと聞いていたので
全く期待してませんでしたが

これが結構いました。

小魚
小魚の大群。

確かにサイパンやプーケットのコーラル島なんかに比べたら
にごってる感じですが
プライベートビーチだったら十分。

小魚2

きれいな魚もいましたがうまく撮れず。
これは遊泳境界網のところ。
それほど沖ではないのに結構深い。

ニャチャン3日目-2
砂浜でなにやらじゃれてる若と姫。

十分堪能した後は
最後のプール。

私たち夫婦はもう沢山て感じでしたが
若と姫は最後までパシャパシャ。

でも、若もクロール上手になったし
姫も何とか息継ぎが出来るようになりました。
(といっても5メートルしか泳げない姫)

最後の昼食ビュッフェを頂き

若と姫は部屋でお勉強。

私と夫はツアーについていたサービスのスパでのマッサージへ。

ニャチャン2日目-8
海沿いに建つスパ


ニャチャン
こんなエントランスでハーブティとドライジンジャーを頂く。

そして、なんといってもここの売りは
その個室!

すべて、離れになっていて
すべて、海に面しているのです。


ニャチャン2日目-9
こんな感じ。

まず海に面したベランダで足のマッサージ。

その後この部屋でマッサージ。


気持ちよかった。。。。。。。

終わるとフレッシュオレンジジュース。

至福の時をすごしました。

でも、思ったより時間がかかり
余韻に浸るまもなく帰りの準備。

でも、今回お土産少なかったので
意外とパッキングは楽でした。

チェックアウトがすんでから
荷物をホテルに預け

残りの時間は遊園地と昨日若と姫のお気に入りになった
アルパインコースターへ。

いっぱいいっぱい遊んで

船の時間ぎりぎりにホテルに帰りました。

さあ、後は帰るだけです。

次回最終回。



ニャチャン子連れ旅⑦4日目コースターとサプライズ

2012 - 09/18 [Tue] - 21:40

わあーー長々続くなあ。

4日目午後は島の中ほどにある
アルパインコースターへ。

山頂までコースターで運ばれてそこから滑り降りていくもの。

ニャチャン4日目-1
こんな感じでベルトコンベアに乗せられあがっていきます。

カメラ禁止なのであまり撮れませんでしたが、こっそりと。

ニャチャン4日目-2
こんなコースを1,2人で滑り降りてきます。

なかなかの迫力で若も姫も「もう一回!!」
と大はしゃぎ。

遊園地は空いてるのにこのコースターは15分以上並びました。


雲行きも怪しくなったので
島にもうひとつあるヴィンパールホテルの見学に。

こちらは普通のホテルタイプ
プライベートビーチもあるし
広いプールもある。

こちらを先に見れば高級感あるなあ。と思っただろうけど

ヴィンパールラグジュアリーはさらに高級感あるので
「まあまあだなあ。」
などと上から目線で見てしまいました。

中国の方が少し多かったかな。

ラグジュアリーのほうは
口コミではロシア人が多くて日本人は少ないと聞いていたのに
実際は3分の2が日本のファミリー。
(そういえばカップルも少なかったな。シックスセンスなどに行くのだろう。)

久しぶりの日本人なしの環境だと思ってたのに。



夜はまたまたホテルのビュッフェ。

今日は外のバーベキューにも挑戦。

ニャチャン4日目-4
まるで、監視をしているような若と姫。


肉は硬かったけど魚介類はおいしかった~。

そして、その他も満喫。
今日はニャチャン最後の夜なので飲み物も頼んで優雅に。

するとウェイトレスさんが若を見てぼそっと

「His bad day!」と。

ばっどでい?悪い日?なんのこっちゃ。


まあ、気にしないで食事。

すると、いつも回ってくるフィリピンのバンドさん達。

各テーブルでリクエストに答えてくれます。
サザンの「いとしのエリー」とか「上を向いて歩こう(スキヤキソング)」も。

姫は「車に乗ろう!」という歌が気に入ってリクエストしてました。

「プリティウーマン」とか「My favorite」なんかも。

この日も楽しい演奏をしてくれてましたがなんか、様子が変。

ホテルの人がバンドの一人になにやら耳打ち。
バンドの人も歌いながらうなずいてる。

「なんだ?」と思っていたら


 突然リクエストしてないけど聞き覚えのある曲


「ハッピバースデイ トゥーユウー♪
ハッピバースディ トゥーユウー♪」と。


そしてウェイターさんが大きなホールケーキを若の前に。

歌い終わるとバンドの方、ホテルのキャストでおめでとう!!の大合唱!!

そうです。若の誕生祝をサプライズで用意してくれたのです!!

なんて計らい!!!!




でも、



ちょっと、




おかしい。



この日は8月22日。



若の誕生日は7月22日。




あ!!


1ヶ月間違えてる。。。。。

これが本当のサプライズ。


こういう場合ってどうすればいいのでしょうか。

「いいえ、この子の誕生日ではありません。」
とはいえないし・・・。

かといって
「わあーありがとう!!若よかったねえ!!」
と大喜びの演技も出来ないし。


仕方ないので「感情表現が苦手な日本人」という感じで
控えめに喜びました。

でも、まじめな若は大弱り。

泣きそうな顔で目は泳いでるし
「恥ずかしい!」を連発。

ニャチャン4日目-7

なのに、バンドマンに握手を求められて
しぶしぶ答えてる若。カードまでもらって。
ケーキも大きいでしょ。

でも、実はみんな満腹だったので
半分くらい残してしまいました。
しかもケーキがモンブランしか食べられない若はほんの一口。
(私がホール4分の1食べたことは内緒です。)

ああーだから最初のウェイトレスさん
バッドデイじゃなくてバースディ
っていってたんだ。。。
ベトナム訛りの英語だったので余計分からなかった。
(かといってイギリス英語でもどうなんだ。)

テーブル前を通る日本人の方にも
「お誕生日おめでとう!!」
なんて声をかけられ、若は「やだー」と嘆いてました。


いやあーいい思い出です。最後に。

素敵なホテルですね。間違えなければ。

ニャチャン子連れ旅⑥4日目ホテル

2012 - 09/12 [Wed] - 21:07

旅行もあっという間に折り返してしまいました。

今日は比較的ホテルでのんびり

室内を中心に紹介しましょう。

ニャチャン2日目-3
お部屋はビラタイプ。

ここは玄関です。

ニャチャン2日目-4
玄関横にはくつろぎスペース。姫くつろいでますけど。

ニャチャン1日目-14
中に入るとこんな広々したお部屋。

手前にエキストラベッド入れてますけど余裕。
ここに夫が一人悠々寝て

奥のベッドに3人で。姫の寝相が悪いこと。

ニャチャン2日目
洗面は二つ。
アメニティは充実してました。

ニャチャン1日目-15
お風呂とシャワーブースは別れてます。

バスソルトは4種類あり頼むと持ってきてくれます。
いい香りでリラックス。

そして、洗濯もこのバスタブ内で。
全然優雅じゃないのね。

ちなみにランドリーサービスありました。
パンツでも靴下でも。
結構、安かったけどケチりました。

ニャチャン2日目-5
こんなエスプレッソマシンでおいしいコーヒーをいつでも飲めます。

の、はずが壊れていて帰る前の日に初めて利用。
カップよりコーヒーのほうが量が多いのですが
おいしく頂戴しました。

ニャチャン3日目
窓からの眺め。

プールです。
実は予約は眺めはよくない部屋にしてました。
が、アップグレードされてプールサイドビラになってました。

レセプションにも近くてとてもよかった。


ニャチャン2日目-10
ウェルカムフルーツや

ニャチャン3日目-1
毎晩、お休みのチョコレートが置かれます。

でも、これ姫は添い寝なので3個。争うじゃないか。


そして、このホテルの一番の特徴。
全室についているのです。


ニャチャン2日目-11

プール!


部屋にプールが付いてるのです!

そして深い。姫は足が付かない。
だけど毎晩二人とも入ってました。

ニャチャン4日目-3
そして、なぜか3日目くらいからカニがプールに。
動かなかったから死んでたかも。


この日は午前中はプールでのんびり。

本当に人が少ないのです。

そういえばこの日

4歳、6歳くらいの女の子連れ日本人家族が来ていて
プールの深い部分で浮き輪を離してしまったお姉ちゃんが
まずおぼれ、監視員に助けられてました。

ここの監視員は高い台には登っていなくて
ひっそり見守っていて、いきなり現れて救助してました。

そのすぐ後
今度は浅いところにいた妹の方が
段々、深いほうに流れてしまいおぼれ始めました。

お父さんはでかいカメラの望遠レンズ設置に夢中
お母さんは気づいたけど

「ああ、ああ、」と行動のろい。

仕方がないのでプールに飛び込んで
(というか、ポチャンと入って)
救助してあげちゃいました。

全く。

姉妹で立て続けにおぼれるって。
しかも親が遅いって。

私も気をつけよう。

そして、午後はまたちょっとホテルを出ます。

ニャチャン子連れ旅⑤3日目スライダー三昧

2012 - 09/10 [Mon] - 20:53

今日は朝はまず海へ。

ヴィンパールラグジュアリーニャチャンには
プライベートビーチがあります。

ニャチャン2日目-7
海の透明度はそれほどでもないのですが
でも、魚は見られましたよ。

砂は白くてさらさら。

そして、人は少なくてのんびり。
ベッドもタオルもまたまた使い放題。

少しのんびりして
10時からは島のウォーターパークへカーとで行きました。

遊園地の横で
たくさんのスライダーとプール

入り口で荷物を預けてタオルを借りるところがあります。
有料ですが安かった。

私たちは極力貴重品を持たずタオルはホテルのもの。

カメラも持たず、昨日のうちに写真は撮っていました。

ニャチャン2日目-16
鬼のように長く、流れない流れるプール。
途中のトンネルは真っ暗で大きな蜘蛛やらこうもりやらがぶら下がってて趣味悪い。

ニャチャン2日目-17
姫が唯一滑れたスライダー

ニャチャン2日目-19
とにかく10種類ほどスライダーがあって
待ち時間はほとんどないです。



ただ

なんていうか、日本は親切だと実感。

なぜなら

スライダーすべる為に長い階段をはだしで登るのですが

その階段が細い網網。

痛いのだ。登るのが。

足つぼを刺激して。

日本だったらこんな不親切なこと絶対ない。
きっと足に優しい階段にしてくれるはず。

サンダルはいて登ることも出来るけど
すべるときは脱がなきゃならないからねえ。

そんなこんなで一通り滑ったら満足。

夫なんてはしゃいで軽く首をむち打ち。

ニャチャン2日目-18
波のプールは大人気でした。波も荒い。

子供プールも充実。スライダーもあるし広いし。
写真がどっかにいっちゃた。

トイレもきれいでたくさんあるし
一日でもいられそう。
ただ、スライダーは点在してるので
移動するだけでも疲れるのだ。

スライダーには一応身長制限あるけど
そんなのほとんど関係ないようでした。



昼までたっぷり遊んでホテルへ。

部屋で休んでから
午後は町へ。

お土産を買いに。

今回は町へ出たのはこの1回だけ。

私はもう1回行きたかったけど
買い物嫌いの夫が反対。

ニャチャン3日目-3
今回はまずゴンドラで島から本土へ。

このゴンドラ下がよく見える!

そこからタクシーで20分ほど20万ドン約800円
結構高いのね。

去年あたりに出来たショッピングセンター

ニャチャン3日目-4
ニャチャンセンター

デパートみたい。

色々見てみたかったけど夫は興味なし。

仕方ないので2回にあるマーケットへ。

ニャチャン3日目-5
セブのときと同じ、入り口で荷物を預けます。

ここで、お土産をゲット。

お菓子や調味料。

ペッパーソルトのレモン味なんてのがあって
結構評判よかったです。

本当にお土産だけ買って
ホテルに戻りました。

ああー買い物や観光をもう少ししたかったな。





ニャチャン子連れ旅④つっこみたい遊園地

2012 - 09/06 [Thu] - 20:21

2日目午後。水族館に行った後は隣の遊園地に。

昔懐かしい遊園地って感じ。

だけど、

なんか、

惜しいっていうか
荒いっていうか
コンセプトはなんなのか。

ジェットコースターやメリーゴーランドなど
ちょっと古いのはいいんだけど
全体的にだれた感じ。

そして、ちょっと怖い。


例えば
ゴミ箱。


園のあちこちに設置してあります。

ペンギンやらカエルがモチーフなんだけど



ニャチャン2日目-20

怖い。

黒目ぐらい書けなかったのか?

目のあるものもあったけどそれでも怖い。



そして、姫が大好きなメリーゴーランド。
メルヘンチックなの期待するでしょ。

ニャチャン2日目-22

怖い。

だって、トラとか水牛とか頭が馬で足が魚の馬魚とか
獣のようなウサギとか猫とかイルカがいるのだ。

でも、姫は大喜びだったけど。

ショッピングモールもあるけど
なんだか、興味をそそられず
期待していたベトナム雑貨もないし。

若が飛行機に帽子を忘れたので
ここで探したら、怪しいブランド多数。
ナイキとかプーマーとか。
絶対バッタもの。

なのでこのヴィンパールランド帽子にしました。
結構かっこいいデザイン。


ニャチャン2日目-23
そして、なかなか芸達者なさるのショー。

でも観客席もなくだらだらショーは続いてなんとなく終わる。

夜はマジックショーもあったけど

前座の若者はやたらとハトをだす。

そしてメインの師匠(だと思う。)は
もっとハトを出して挙句の果てには
ウサギや鴨も出す。

出してばっかり。

遊園地には室内ゲームコーナーもあります。

日本のゲーセンにあるゲームがたくさん!
あ、20年くらい前のね。

これも全部ただで出来るので若も姫も楽しみました。
ニャチャン2日目-24
がんがんぶつけ合うカートも。

4Dシアターもあったよ。
飛び出す映画。なぜ4Dなのか?
多分、風が吹いたり煙が出たりするからかな?

マジックショーが終わった頃には(終わりまでいなかったけど。)
とっぷり日もくれて

そろそろ帰りましょうか。。
まあ、最後に噴水ショーを見ましょう。
あまり期待しないけど。


と思ったらこれが意外と素敵でした。

遊園地は空いていたのに
この会場はいっぱいの人。


ニャチャン2日目-25


光と噴水のショーを堪能しました。


なんだかんだとけちをつけましたけど
思いのほか楽しんで長居しました。

さあ、帰ろう。
ゲートの出入りは
ホテルのカードキーで出来ます。

カードを通すと写真がスクリーンに浮き出ます。
パスポートの写真が。すごい仕組み。

スタッフはそれを見て
ホテルに連絡。
カートを手配してくれます。

ものの数分でホテルに到着。

またまた豪華ビュッフェでお食事。

部屋のプールに入っておやすみなさい。

いやあ、遊園地、
もう少し演出考えたほうがいいねえ。




ニャチャン2日目-21
遊園地から見えるシンボルマーク?

ニャチャン子連れ旅③2日目

2012 - 09/04 [Tue] - 21:18

昨日、遅くに就寝したので今日はゆっくりめ・・・。

といいながらも7時頃起床!

ホテルも部屋の設備もすばらしいのですがそれは別の回に。

部屋はヴィラタイプなので食事はホテルの庭を通ってレストランへ。

ニャチャン2日目-1
ビュッフェ。

去年のセブは急いでいかないと席がなかったのですが
今年のホテルヴィンパールラグジュアリーは違います。

余裕ありまくり。

とにかく全体を通して、いつも人が少なくゆったりしてました。

ニャチャン2日目-2
オムレツも目の前でつくってくれるよん。

種類も多くて、朝から満腹。

午前中はホテルのプールでくつろぐことに。
ニャチャン2日目-6
浮き輪も自由に持っていけるし、

パラソルもベッドもタオルも使い放題。

私たちはいつも部屋の前のベッドを使ってました。
いやああ、優雅。人はいつもこんな感じ。

若も姫もなんだかいつまでもばちゃばちゃ水と戯れてました。

プールは浅いところと深いところがあって、私たち夫婦は浅いところに子供をいれて
プールサイドで本を読むという長年の夢をかなえました。
短時間ですけど。
(寝ることは出来ませんけどね。さすがに。)

昼はまたホテルのビュッフェ。
何しろ3食付ですから、いただかないと。


このホテルは小さな島の中にあり
ホテル以外に、ゴルフ場、水族館、遊園地、ウォーターパークなどがあり
ヴィンパールランドという複合リゾートになってます。

もちろんホテル外から遊びに来る人も多くて
島に渡るにはボートか船かゴンドラに乗ります。

ホテルに泊まってると、ゴルフ場以外はすべて無料!
送り迎えもカートでしてくれます。

今日はとりあえず水族館と遊園地に行くことに。

ちょっと、休憩してホテルのカートでそのヴィンパールランドへ。

ニャチャン2日目-12
まずは水族館。

ニャチャン2日目-13
やたら、大きくてグロテスクな魚が多いのです。



ニャチャン2日目-14
全体に規模は小さいけど
大きな水槽は下がトンネルになっていて
さめやエイなどがたくさん見られます。

ニャチャン2日目-15
こんな人魚のショーもありましたが
15分間、行ったり来たりするだけ。

ホテルはすばらしいんだけど
こちらの施設はなんか荒い。

30分もかからず水族館を楽しんで
次は遊園地へ!

写真がそこそこ多いので次回に。





 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。