家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > 2012年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの最後の日

2012 - 03/30 [Fri] - 21:32

今日は若の学童、姫の保育園最終日。

若はもう、出席してる3年生も少なく
いつも通りに過ごして、いつも通りに帰ってきました。

学童がなくなった、来週からが不安です。



そして、姫。
朝から年度の初めに保育園で染めたおそろいのTシャツを全員で着込み
登園。

仕事中も「ああ、今日でおしまいかあ。」
なんて、思いながら。

そして、お迎え。

やはり、勤務に関係なく
年長組の先生は2人ともいらっしゃいました。
「姫ちゃん、やっと泣き止んだところですよ。」と先生。
言ったときはけろっとしてましたが。

今日はおやつの後にお別れ会をしたそうです。
先生達が泣いてしまい

姫も「1年分の大号泣(園長先生談)」したそうです。

そんな話を聞いていたら私もなんだかウルウル。

そして、年中クラスの先生が
「姫ちゃんにはとても感謝してるんです。」と。

保育園では「兄弟関係」というのがあり
年長、年中、年少でグループになり行事などで一緒に遊びます。

姫が兄弟関係になった男の子は少し知的障害があり
上手に集団行動が取れません。

でも、とてもかわいい子で姫は母性が目覚めたのか
嫌がられても嫌がられても
その子に接していくそうです。

そして、1年かけてその子もなついてくれて
姫がトントンすると昼寝もしたり
お散歩の時も姫となら手をつないだり。

でも、機嫌が悪いと逃げてしまったり、泣いてしまったり。
なかなか、思うようには仲良く出来なかったようです。

そんな男の子が姫も好きでいつも「かわいい。」と言ってました。

今日も兄弟関係同士お別れの握手をしたのですが
その男の子は、やはり握手できず、ぐずったそうです。

だけど、皆が握手している姿を見て
その男の子も姫と何回も手と手を合わせて「タッチ」
してくれたそうです。
その時も姫は少し泣いてしまったそうです。

そんな話を涙ぐみながら話してくれる
年少クラスの先生を見ていたら
担任の先生も色々話をしてくれて
(子供たちが「皆でテントお泊りしよう!いつにする?」
なんて真剣に話していたとか。)
私もすっかり泣いてしまいました。


残っていた子供たちも先生にべったり
ずーーっと手をつないでる子もいました。

若の大阪時代の保育園から
姫の出産の育産休を経て
若の職場から正反対の場所にある保育園に
姫の保育ママさんと言う2箇所保育。

そして1年だけ若姫同じ保育園で楽になり
そのまま姫だけの保育園生活。
足掛け8年ほど。

どこの保育園もとても素敵な先生ばかりで
(本当にすべて担任の先生には恵まれてた。)
愛情いっぱいに接してくださいました。

姫が1年だけ通った保育ママさんも定年間近でしたが
とてもやさしくきめ細やかにしていただきました。

だから、姫は(若も)「先生」が大好きです。

これから、色々な先生、大人達に会っていくのですが
嫌いになったり、幻滅することもあるでしょう。

でもこの素晴らしい経験がいつまでも心に残りますように。
出会った先生達の愛情を忘れませんように。


そして、来週から姫は学童に通います。
友達も多いので、特に心配してませんが
私が準備まだだなあ。学童の。

ああ、送迎も終わりなんだなあ。
楽になるなあ。さびしいけど。

スポンサーサイト

悔いのないように?

2012 - 03/28 [Wed] - 20:38

若の学童も、姫の保育園も今週金曜日で終了。後2日です。

若は結構冷静で、同じ3年生の友達もあまり来てない様なので
淡々としています。

まあ、3年になってからの学童の先生が好きではなく
冷めてしまってるよな。それとも3年生だからかな?

4月からは主に家で留守番なので
それはとっても心配。
ちゃんといわれたことやって
お昼も食べて、
遊びに行ってもいいけど家の鍵閉められるかな?とか
習い事忘れずに行かれるかな?など

心配事はつきません。
なんか、悪いこと思いついたりしないといいけど。


一方、姫はもうすぐ保育園が終わってしまう寂しさを
ひしひしと感じているようです。
「もうみんなに会えないんだ。。。。」とか

「小学生になっても、毎日保育園に遊びに行くんだ。」とか
保育園への未練がいっぱい。

でも、いざ学童や小学校が始まれば
新しい世界にすぐ順応しそうですけどね。

ある日、姫を迎えに行くと
「姫ちゃんのお母さん。」
と男の子の呼ぶ声が。

見ると姫がクラスで2番目に好きな男の子。
「なあに?」と聞くと

「あのね、姫ちゃんねえお昼寝の時僕と手をつなぐんだよ。
姫ちゃんからつないで来るんだよ。」と
ちょっと照れくさそうに。

姫に「●●君と手をつないで寝てるの?嫌がってるんじゃない?」
と聞くと

「ええ?嫌がってないよ。手を離したりしないもん。」と。


・・積極的ですねえ。女の子。

ちなみに一番好きな○○君とはなぜつながないの?と聞くと

「だって○○君は嫌がるから。」ですって。

でも、先生のお話によると
最近、姫は一番好きな○○君とよくべったりしていて
隅っこの方でしゃべっていたり、腕を組んでたりするらしいのです。

若は一切そんなことはなく
いまだに浮いた話の一つもないし
好きな子がいるかさえもわからない
というか、まだ女の子を異性として見てない様で
あまりの違いに驚きます。

もうすぐお別れなので
姫は悔いのないように行動しているようです。

でも、一番好きな○○君は同じ小学校なんですけどね。

仲良しの女の子たちとも
アイドルユニットを組んで
楽しく歌って踊って満喫してるみたいです。

後二日。
2人とも楽しく過ごしてね。



2012 冬ドラマ

2012 - 03/14 [Wed] - 21:41

もう、3月半ばですねえ。寒いけど。

今期も沢山観てしまいました。ドラマ。
でも、さすがに忙しくて、何かしながらの
「ながら観賞」も多かったです。

もう、最終回近いですね。
ネタバレもあるかもしれないのでまだ見てない方注意。


タイトロープの女
NHKの重いシリーズのドラマ。
でも今回珍しく、ちょっと薄かったかな。

急死した疎遠だった父の会社を
娘と父の元愛人で略奪婚した妻が立て直す話。

池脇千鶴は確かリハウスガールだったよね?
かわいかったよなあ。昔。
今も童顔でかわいいっちゃかわいいけど
なんだか垢抜けない。
髪の毛もつやがないし。
役作り?でもいつもそんな感じ。

で、世間知らずの売れないピアニストなので
行動にいちいちいらいらしましたけど
次第に経営に本腰を入れて
アイデアも出し
愛人だった後妻の高岡早紀とも和解して
めでたしめでたし。

高岡早紀は
なんだか凄みが出てきましたねえ。
最後は地方の旅館?割烹?の女将?で
着物も似合ってるというか
おみずが似合ってるというか。
昔岡田真澄とコマーシャルで踊っていた少女とは思えませんね。




最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~
山ピーがあまり好きではないのですが見てます。

こちらも急死した父の会社を継いで葬儀会社をやっていく話。

亡くなってしまった人の人生のドラマが見え
ほろりとさせられるのですが

またなぜかいつも直前に山ピーが会っている人が亡くなり
事件性があったりして警察も絡んでくる。

ついには親しかった刑事さんまで殺されて
長男演じる反町隆史も余命いくばくもない病魔に襲われる。

でも、なんだか暗くないのは
山ピーたちの兄弟が能天気だから?
栄倉奈々も。(そして、でかい。妹役の人も)

山崎勉の正体も結構初期で予想ついたし。

まあ、でも刑事殺しの真相と兄の病魔はは気になるところ。




最後から2番目の恋

今回の1押し!
ちょっと自分より押し上の主人公達何だけど
十分、共感できちゃう。

そして、出演者がみーーんないい!
いい味出してる!

中井貴一なんて本当つまらない地方公務員なんだけど
なんだか格好いい。なんでだ?

そして、小泉今日子。

かわいい。

色々な時代を生きてきて上手に年齢を
重ねたキャリアウーマンを素敵に演じてます。
決して若々しくなく、
ずうずうしくておばさんぽい所も沢山あるけど
チャーミング。
すごく自然体。

飯島直子も内田有紀もいつもとは全然違う
ダサい役だけどすごく自然。

ちょっとした会話がとても楽しくて
いつも楽しみにしてます。

ストーリー自体はすごい事件が起こるわけではないけど
中年になってもこんな恋いいなあ。
と感じさせるやさしい話です。



恋愛ニートから忘れた恋のはじめ方
8年間恋愛しなかった出版社の女性が
ひょんなきっかけで恋する話。

仲間由紀恵はかわいいので
8年間も恋人いなかったのが説得力ないのですが。

こちらもいい年して
ドキドキしながら恋する話だけど
なんだか共感はできないなあ。


運命の人
今回観るのが一番つらいドラマ。

だって、最初から救いようがないというか
全然主人公が浮かんでこない。
沖縄返還なんて
私にとっては歴史の話でぴんと来ませんが
事実に基づいた話なんですよね?

真木ようこの執念の女がすごい。
愛した男をあんなに追い詰めることが出来るのでしょうか。普通。
まさに愛情の裏返しですねえ。

そして、原田泰造のだめ夫ぶり。
すごいですねえ。

やっと第1話冒頭の沖縄の海岸のがけっぷちから
もっくん演じる弓成が飛び降りるシーンにつながりましたが
最後は明るく終わっていただきたい。

山崎豊子の本はいつも終わりも暗いんだもの。

沖縄で地方紙の新聞記者になって
明るく再出発してほしいです。



ステップファザー・ステップ
これは原作を読んでいて内容忘れたけど
結構面白かったから見てみたのですが
いまいち。
リアリティなさすぎ。惰性で見てます。
なんかしながら。

でも主人公の『俺』役。上川隆也イメージぴったり。



ラッキーセブン

これは姫が好きな(砂金は飽きたらしいが)松本潤が出てる探偵もの。
アクションが痛快でいいです。

瑛太も最終回には戻ってくるかな?

会話が好きだな。軽快で。



ストロベリーナイト

もう1つの1押し。

刑事推理物だけど、重苦しい。
竹内結子がりりしい刑事役で格好いいけど
なんだか最近1本調子。
周りがうまく固めててあまり目立たないけど。

警察内部は知らないけど
なんだかリアルな感じ。

若い女性の上司だけど
その捜査法や人間性にほれて
若者や年上の男達が心底信頼してついていってるのがよく分かる。

西島秀俊格好いい。
生瀬勝久が竹内演じる姫川に近づく時のさえぎり方が好き。

姫川が過去に抱える事件で一家がばらばらになっているさまも悲しい。
武田鉄也も憎たらしい。
渡辺いっけいもステップファザーでも刑事だけど全然違ってて面白い。


ハングリー

これも亡き親の後を継いでシリーズだけど
これはフレンチシェフの母が急死して
ロックバンドに見切りをつけた息子が
シェフを目指す話。

内容ははっきり言ってたいした事ないけど
出てくる料理がおいしそうで
それが楽しみで見てます。

適役だった稲垣吾郎も
なんだか協力者になりつつあるし
話の展開が急すぎる。

でもこれを見てると料理が楽しそうに感じる。

そして、もう少し工夫した料理をしなきゃと
反省させられるのです。



家族八景

深夜の30分ドラマ。
勇者ヨシヒコの紫の役の人が主役。

人の心が読めてしまう20歳の家政婦が
さまざまな家庭の内情を知ってしまう話。

心を読むときその家によって見え方が違うのが笑う。

あるときは裸、あるときは花が咲きこの間はひげが生える。
でもこのひげの回のラストは衝撃的でした。

家政婦七瀬は人の心が読めるばかりに
氷魚を好きになったり、知らなくてもいい
人の内面に触れてしまい悩みます。

心なんて読まれたくないし
読めない方がいいですよね。


真中瞳は変な名前に改名しましたよね。関係ないけど。


今週来週で大体終了しますね。

また、見すぎたな。

姫、卒園

2012 - 03/11 [Sun] - 21:36

先日、姫の保育園の卒園を祝う会でした。


卒園お祝い会


1ヶ月くらい前から、歌や言葉の練習をしてこの日を迎えた子供たち。

いつもより着飾って緊張した面持ち。

若も同じ保育園を卒園しましたが在籍したのは1年。
それでも、「あーもう卒園かあ。」と感慨深く感動したものです。

姫は4年間この保育園に通いました。
まだ、よちよち歩いてる2歳の時からです。

そりゃあ、いろんな出来事が走馬灯のように思い出されます。

式が始まり、子供たち入場。
最初の歌でもう泣き出すお母さんもいました。

卒園証書の授与。
みんな緊張してるけど
証書を掲げて大きくなったら何になりたいか発表。

男の子はサッカー選手。
女の子はお花や、ケーキ屋が多い中
姫はお友達4人の名前を挙げて




「アイドルグループになりたいです!!」

と発表。保護者達を大いにどよめかせてました。

じゃあ、しっかり稼いで、私達に楽をさせておくれ。

年少、年中さんの歌やプレゼント贈呈があり

先生達の歌。子供たちの歌。

やっぱり歌はだめですね。
なんだか涙を誘われる。

一生懸命、歌の歌詞を考えないよう
保育園生活を振り返らないよう
頑張りましたけど、やっぱりこみ上げてくるものがあります。

先生も泣いてますしね。

子供たちはあっけらかんとしていて
泣いてるお母さん達をみて楽しんでましたが。

無事終了。

おすまし姫
姫もおめかし。


皆で記念写真を撮り
若のときはなかったふれあい給食。
子供と一緒に給食を食べました。
RIMG0620.jpg
人気ナンバーワンのカレー。
桜の形のご飯の上に
いつの間にかクラスシンボルになっていたいるかのにんじんがあしらってありました。

シチューのように甘いカレーでした。

ついに姫も小学生。
私も小学生2人のお母さんになっちゃうんです。



でも、

保育園って

3月末まで預かってくれるので

卒園式の後


普通に3週間ほど通園するんですけどね。





初すべり納め

2012 - 03/08 [Thu] - 23:00

幹事だというのに姫のインフルエンザにより
スキーに行けなかった私。

スキーへの情熱はテニスの500分の1しかない夫は
消極的なのですが
さすがに私がかわいそうに思ったのか
家族でスキーに行く事となりました。

金曜日の夜、大坂から駆けつけてくれ
22時半に出発。

越後湯沢だったのでわずか2時間で到着。

家族連れに優しい
ナスパスキーリゾートに行ってきました。


もう3月だし、湯沢だし
春スキーのザラザラ雪を想像していましたが
リフト1本乗れば結構いい雪。
よかったよかった。

しかし、天気はいまいち。
ずーっと小雪。

ふぶいてなかったのがせめてもの救いでしたが。

スキー場
心躍る景色ではありませんが。


若は午前中スクール、姫は1日スクール。

若は中級くらいの斜面であれば
スーパーボーゲンで降りられるように。

一方姫はなんか進歩がないなあ。

夫は3本くらい滑ったら「もう満足」
なんていいだしおって。

まあ、何とか姫がスクールが終わる3時までは付き合っていただきましたが。
若は滑るのが楽しくなってきたみたいでしめしめ。

3時からは併設の雪山でそり遊び。
有料のキッズゲレンデもあるのですがそこは行かず。

雪穴
こんな穴もあって十分楽しめました。

まあ、私はスキーの感覚を忘れない程度に楽しめたので
良しとしましょう。

部屋に戻って
いつも行くお気に入りの居酒屋神成へ。

刺身
こんな素敵な刺身の盛り合わせ。ぼらがいました。

そして、珍しいものとして
踊り食い
写真では分かりにくいですが
白魚の踊り食い
はじめは気味悪がっていた若や姫ですが
私が食べておいしさを伝えるとチャレンジ。

コリコリしていておいしいのです。
家族で回し食いです。

日本酒も安くておいしくて大満足。

帰って温泉に入り
家族みんなで10時前には就寝です。

翌日。
普通は午前中滑って帰るものでしょうが
夫はまったく滑る気なし。

まあ、いいや。
のんびり起きて
帰る準備をして越後湯沢駅へ。

ここは沢山のお土産屋と食事処があります。

お土産屋さんは試食が出来るところが沢山あって
パクパクするうちに結構おなかがいい感じになってしまいます。

でも、お昼も食べていきたかったので
お土産購入後
新潟コシヒカリが食べられるお店雪ん洞へ。

ここ、量が多い。

若がたのんだ爆弾おにぎり
爆弾にぎり
大きいのです。


そして
具沢山
具沢山。鮭ですね。若の好物。

そして、
若かぶりつく
くらいつく若。大きいでしょ。

あまりおなかが空いてなく
しかも早い時間だったので全部食べられませんでしたが
夫と私も手伝って何とかクリア。お米おいしかった。

おにぎり以外、豚ドンと卵かけご飯をたのんだのですが
3人前で十分でした。4人で。

そして帰途へ。

帰りは途中パーキングでソフトクリームを食べても
2時間かからず家に到着しちゃいました。

ずいぶんゆったり贅沢スキー旅行でしたが
まあ、少しでも滑れたからいいでしょう。

来年はもう少し滑りたいものですが。



 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。