家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > 2011年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも春はやって来る。

2011 - 03/30 [Wed] - 22:27

ようやく、暖かい日差し。

花粉症の方にはちょっと厄介かもしれませんが
過ごしやすい季節になってきましたね。

いつもだったら、それだけで気持ちがうきうきして
楽しい気分になるのに。

さすがに今年は。。

でも、春は来るのです。






職場の庭の桜。咲き始めました。
仕事の合間に撮ったので、ぼけてますね。。


私達の住む東京もまだまだ、今までどおりとはいかず
相変わらず、電池も2リットルの水もヨーグルトも不足してるし。
米や牛乳はあるけど、一家族1個までとか制限つき。

職場も店も照明暗いし。


だけど、そんな環境に慣れつつある自分がいます。
原発事故はまだまだ未知の事柄が多くて怖いし、
今から夏の計画停電も恐ろしいんだけど

何とかなるんじゃないだろうか?


そんな気がする。

被災された方々には
何、甘い事言ってんだよ。と言われそうですが。

だけど
人間て、強いんですよね。多分。そう信じてます。


東京都では
都立の公園などで花見を自粛するよう要請するって?


いいじゃない。花見したって。

個人的には馬鹿騒ぎする気持ちにはならないけど
せっかく、1年に1回精一杯咲いてくれる桜を眺めて
楽しい気持ちになってはいけないのかな?

騒ぎたい人は騒いだっていいとも思う。

だって、この先日本が回復するのは
まだまだまだまだ先の話。


何年も国民が楽しいこと、うれしいこと、お祝い事
自粛するの?
そんなのおかしい。

経済が滞っていいのか。

花見をしようよ。

誤解を恐れず言うのなら
被災者の方々にも花見をしてもらいたい。

せっかく、一生懸命咲いてる桜を皆で楽しもうよ。
皆さんの裁量に任せたらいいんじゃないの?

出店の方々も商売上がったりでしょ。

花見をしようよ。

ストレスを溜め込んじゃいけない。

たまには息抜きしよう。

東北の皆さんにも
それどころじゃないんだよ!!

としかられてしまうかもしれないけど

春を感じてほしいな。

私は花見をするつもりです。



スポンサーサイト

震災から1週間

2011 - 03/18 [Fri] - 21:28

あの大震災から1週間たちました。

段々露になる被災地の現状、惨状。

私達に今出来ること。

色々な形がありますよね。

まずは節約節電。
職場では暗がりで業務を行なってます。

家でもなるべく暖房つけずに、電気も1部屋。

感心したのは
近所のお家のほとんどが
玄関・表札の電気をつけていなかったことです。

皆さん協力してるんだなあ。

計画停電のグループにいる方々もありがとうございます。
職場の同僚にも何人かいて
大変な思いをされているようです。

通勤だって、
普段の倍の時間を掛けたり
20キロの距離を自転車で来たり
電車の内外もものすごい混雑だったり

幹線道路も普段は歩いてる人もいないのに
沢山の自転車を見かけます。
職場まで自転車で行かれてるのでしょうか。


車通勤の方も
ガソリンの量を気にしながら通っていたり

大変苦労されてます。

私は元々自転車だし
今は計画停電からは外れてるし
だいぶ楽なはずなのに
なんだか疲れてます。

職場の人たちも疲れてます。

でも、東北の方々のことを思えば
たいしたことはありません。

それと
被災地でもないのに
買占めをやめてください!!

うちの近所でも、米やパンは
夕方にはほとんど見かけません。


1週間たってようやく落ち着きは見えてきましたが
まだ、山のようにトイレットペーパーなどを
買っている人を見かけます。

なんで?

そんなに買った食品を
ちゃんと賞味期限内に食べられるのですか?

そんなに家族多いのですか?

落ち着きましょうよ。

その分
被災地に物資が届かないんですよ。
まずは、被災者第一ですよね。


こんな
私達のちっぽけな気持ちですが
少しでも、本当に少しでも
被災された方々にプラスになればと思います。

孤立している被災地にも早く物資が届きますように。
暖かく過ごせますように。

原発も怖いし、余震も怖いし、
東京もなんだかまだまだ日常ではありません。

季節は春めいてきたのに
こんなに心が沈む春は初めてです。

でも、乗り越えていきましょう。
まだまだ道のりは長いけど
絶対、乗り越えられる。

私達に出来ること
もっと考えようと思います。




どうなってしまうのか。。

2011 - 03/12 [Sat] - 18:04

一仕事終えて、さてと。と思った瞬間でした。

足元がぐらぐらと。

ああ、地震だな。と感じたのですが
その感覚が終わらない。

それどころか横揺れはひどくなる。
「これはいつもと違う。」
皆感じたようです。

私は老人の施設で働いているので周りにはお年寄りがいっぱい。

まずはガラスの近くにいるお年寄りを離して
立ってるお年寄りを座らせる。

だけど揺れがすごくて
すぐには駆けつけられないほどでした。

幸い、転倒する人も怪我する人もなく
多分壊れたものもなく、ちょっと物が落ちたくらい。


これが、建物崩壊なんかしたら
果たして私達は老人達を連れて逃げ出すことが出来るのかしら?
と本気で考えるほどすごい揺れでした。

その後も何度もゆれがあり、
インドネシアから来た研修生は地震初体験で
涙ぐんでました。そりゃそうよね。この揺れは人生最高でした。

テレビでは
現実のこととは思えないような光景が。


災害用のブロードバンドで保育園の姫の無事を知り
フライング気味で職場を後に。

職場は駅から遠いので駅の様子は分からないけど幹線道路は
かなりの渋滞。
特に高速の入り口閉鎖で車が詰り始めていました。

保育園は旗を立て防災体制。
防災頭巾をかぶりみんな待ってました。
「本当の地震が来たよ!すごい揺れた。」と姫も興奮気味。

若が帰ってないのでお迎えに。
職場に連絡しようとしたけどつながらない。と。

あら?災害ダイヤル使うことになってなかったか?
そりゃ、電話は無理でしょ。


家に帰ると



あららららら。
棚の上の軽いものは落ちてますねえ。

洗濯機の上の洗剤も洗面台の戸棚の小物も
若の机の本も
夫の漫画も
クローゼットの上のタオルだの電化製品の取扱説明書も

落ちてましたねえ。


しかし何よりショックだったのは












食器棚のワイングラスがかなり破損。
しかもお気に入りのもの。

お皿などが入っている方は一応耐震ストッパーがついていて
あまり飽かなかった様子。でもワイングラスはついてなかった。。

その他は被害なかったけど。

システムキッチンはさすが新しいもので
がっちり耐震ストッパーが効き被害ゼロ。

ただ、開け方分からなくて難儀しましたが。

東京では帰宅難民多数。
多くの知り合いが職場で夜を明かしたとか
数時間掛けて家に帰ったとか安否確認しあいました。

夫も何度もこちらに電話を掛けたそうですがつながらず
やきもきしたそうです。

でも、メールは比較的早くつながったし
何よりスカイプは普通に通話できました。
ネットの方がこういうときはいいですね。

それにしても被害は広がりますね。
阪神大震災の時に感じた恐怖が。

最初は少ない被害状況が時間を追うごとにどんどん増え
色々情報や映像が入り
しかも今回津波がすごく、
町や村が淡々と飲み込まれていく様は
現実の光景とは思えません。

今は何も言うことが出来ません。
これからまだまだ被災の現状が明らかになるのでしょう

そして宮城の友人とは連絡が取れません。

原発でも事故が起こったと言うし
これ以上被害が広がらないことを祈ります。

初スキーは春スキー

2011 - 03/09 [Wed] - 21:25

なんやかんやと、今シーズンはスキーにいけませんでしたが

ようやく3月に入って行って来ました。スキー。
もう、春スキーですね。

去年、若の学童の友達家族と言った流れで
今年も5家族で行って来ました。

場所は去年と同じいいづなリゾートスキー場。

お宿も去年と同じ「タキハウス」

今回は金曜日の夜、仕事が終わってから夕飯を食べて
宿へ向かいました。

8時半に出発して、道は空き空き11時半に到着。
しかし、雪が降っております。


すでに2家族到着していて、早くも酒盛り。


早く寝る予定だったのに、2時まで飲んでしまいました。
不良な大人たち。

翌朝。

昨日降っていた雪はすっかり上がり
さわやかないい天気。
すいてるね
去年は1日吹雪いてたからね。

若と姫は今回もスクールに入れてしまいました。

他の家族とは午前中は別々に滑りましたが
午後は2家族で滑りました。

昼から合流の予定だった2家族は高速バスが渋滞で
結局、3時前にスキー場着。

少し滑ったりキッズパークでそりをしたり
楽しい時間を過ごしました。

昼ごはんもボリューム合って、ここのランチはよいです。

宿ではお風呂に入り、ボリュームたっぷりの食事を頂き
子供たちは大はしゃぎ。

若は普段は遊ばない友達とも仲良くなってました。

姫は5年生のお姉さんにべったり。

四六時中くっついて甘えていました。

お姉さんも飽きもせず姫の面倒をずっと見てくれました。

しかし、姫はいつも甘える対象を見つけるのがすごく上手い。
一つの才能ですね。

夫も私も、甘え上手ではないので
いったい誰に似たのでしょう。

さて、夜9時。

大人の時間。

ずるい~。と子供たちが言う中、
「大人はこれから会議なの!」
などと訳のわからないことを言って飲み会の開始。
(じゃあ、「子供は明日朝7時に子供会議ね!」と若が音頭を取ってました。)

近所の話や、家族のこととりとめのない話で盛り上がり1時半まで。
しかし私は途中リタイアでしたが。

日曜日。
子供たちはちゃんと7時には起きて会議してました。
遊んでただけだけど。

今日もいい天気。
幻想的
ちょっと幻想的?そして、空いてるでしょ。


上級の頂上
いい景色ですが、目の前コースです。
下が見えません。


今回、驚いたのは若の上達振り。

去年は緩斜面を何とか滑るものの、右に曲がれなくて
おろおろしてました。

しかし、今年はいきなり両方曲がれ
かなりの斜面を滑り降ります。
スピードも速く、ノンストップで降りていきます。

まあ、スーパーボーゲンですが。

中級コースだったら一緒に滑るようになりました。
余裕

姫はちょっと恐怖心が出てきて
なんだかへっぴり腰。

一回だけリフトに乗ったけど
リフトが怖くて固まってました。

去年の方が度胸があったな。

足得てくれたコーチもなんだか頼りなくて
今回はコーチがはずれでした。
優しい方でしたが。

子供たちは皆で遊びたくて
スキーよりそりって感じでしたね。

定員オーバー
一つのそりに4人乗ってます。全然滑らず。定員オーバー。

人数多いと、集合したり色々時間はかかるけど
楽しいですね。

帰りは我が家は一足先に。

だけど高速で玉突き事故があって
渋滞。うんざり。

疲れたけど楽しい週末でした。


2011冬ドラマ

2011 - 03/02 [Wed] - 21:53

今回は少な目の5作品。
今クールも暗めなものが多いのと
心理的なものが多かったですねえ。

美しき隣人は怖そうで腹立ちそうで見ませんでした。


告発~国選弁護人
松本清張ものはとても雰囲気が古臭い。(女性は皆、○×子と子がつく。)
でも、話はいつも面白い。
これも、良かったけど、田村正和は声どうしたの?
聞き取りにくい。

ご病気でしょうか?

今週最終回。打ち切りかと思ったけど、撮影とっくに終わってたのね。

ぐっさんのひげはなんだったのか。

橋爪功の本当の狙いは何だろう。
いきなり刺されて・・・。

近藤正芳演じる弁護士は元刑事だけあって
何でも調べちゃう。便利な人だ。



外交官 黒田康作
織田裕二がかっこいい。
役どころが。ずるい。

話がずいぶん難しくなってきた。
でも、単なる復讐の話なのかな?

アマルフィもテレビで見たけど
今回の方が濃い話で面白い。

友人は
「外交官て、あんなに危険な仕事なの?」と言ってました。
誰か彼女に説明してあげてください。





LADY~最後の犯罪プロファイル~

ファンには申し訳ないけど
北川景子好きではありません。

このドラマは好きだけど
北川景子意外が良かった。
だってこの方、あまり知的には見えないんですもの。
木村多恵はとてもいいけど。

黒幕っぽかった警察の偉い女性があっさり殺されたの24みたい。
それほど緊迫感はないけど。

ところで久しぶりに見た柳楽優弥。

演技が織田裕二にそっくりじゃありません?
目つきとか。



冬のサクラ

初めて今井美樹をきれいと思ってしまいました。

話が強引な感じもするけど、結構好きなドラマ。
だけど色々共感できない。

まず草剛がちょっと怖い。
突っ走りすぎ。というか、後先考えないと言うか。
1歩間違えればストーカー?

仕事やめてまで、病気のことを伝えるために上京するかな?

今井美樹も夫の言いなりになりたくないのは分かるけど
愛する娘を残して、死を選ぶかな?

いくら記憶をなくしても
障害が残っても
少ない可能性に掛けては見ないのかな?
娘のために生きたいとは思わないかな?
寝たきりになって娘に迷惑掛けたくないのは分かるけど。。

そして、レシピ。センスありすぎ。素敵。

私だったら、とても残せない素敵な本。

高嶋政伸はひねくれた役、うまいですねえ。
愛人いるのに、妻に激しい嫉妬。
自分の思うように行かないとかんしゃく起こす。
でも、こういう人いるよね。

その母役江波杏子。意外と優しい人だったのね。

最後はどうなるのかな。


CONTROL~犯罪心理捜査~

松下奈緒はきれいだし、ピアニストで
天は二物を与えたと思うけど


大根だねえ。。。。。


そして、走らせないでほしい。
走り方下手。

人間しぐさや言動から
その人の本質を探る。
それは参考になります。

泉谷しげるがいい味出してますね。

ドラマは好きだけど
ちょっと主役がねえ。

先週は話も少し強引。特に最後がね。




 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。