家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > 2010年09月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪行きました。(やっと。)

2010 - 09/28 [Tue] - 21:32

今年の3月終わりに夫が大阪に単身赴任してから早半年。

その間、月に2回くらい夫は東京に来ています。
ほとんど出張をからめて平日から来るので休日はたっぷりいられます。

でも、私達は今年度まだ1度も大阪に行ったことがなく
9月の3連休を使ってやっと、夫のマンション暮らしを覗きに行きました。
(そうです、私は夫の引越し手伝いですら大阪に行ってません。愚妻。)

大阪にはお友達もいるのですが、今回はのんびり家族だけで過ごすことにしました。
と、行っても最終日には大きなイベントがあったのですが。

3人で大阪に行ったのは今から3年ほど前。こちらを見て。

まあ、とにかく往復が大変で、しばらくはご遠慮したい状態でしたが。

あれから3年。さすがに若も姫も大きくなりだいぶ楽に移動できました。
2人とも自分の荷物は自分で持ち、新幹線の中でも
多少うるさかったものの、なんとか時間を過ごしてくれました。


でも、若は新幹線に興味なく、すぐに飽きて寝てましたが。

sinnkannsenn.jpg
N700系ですね。

ポケモン弁当
ポケモン弁当

弁当中身
こんな中身で1000円も。高いよう。もう買わない。でも若は大喜び。


お弁当食べて昼頃新大阪。連休初日。列車も駅も混んでました。

そして、真夏のような暑さ。

夫が迎えに来て、まずはマンションでゆっくり。
狭いワンルームだけど新築なのできれいで設備も最新。
オートロックで玄関もセンサー照明。


ちょっと休んで、観光へ。

大阪城

  大阪城べたですね。

でも、若はお城に興味を持ったようで、城の本をほしがりましたが
難しそうなものばかりで、断念。

秀吉
こういうの好きねえ。

夕飯は鶴橋で焼肉。こてこての大阪観光です。

2日目は午前は夫が用事があり、午後から遊びに


キッズプラザ大阪
キッズプラザ大阪。

遊べる子供博物館。

5階
こんな、色々体験のコーナーがあったり


4階
吹き抜けにくぐったり登ったり出来る建物があったり。

世界の楽器を体験できたりかなり充実していて1日いても飽きないかも。

キッズプラザ外
外は公園になっていて、これも楽しそう。

若も姫も満喫してました。

でも、ほとんど子供専用の施設なのに
大人の入場料が1200円と言うのは高すぎじゃないか?
と夫と意見が一致しました大人は見てるだけなのに。子供だけでは入れないし。

そして、今日の夕飯はお好み焼き。王道。

携帯のサイトで探したお好み焼きやはとてもおいしく満足でした。

千草と言うお店。

ただ、本当に細い路地にあるので見つけにくかった。

千草
こんな、車も通れないところ。


さて、最終日。

この日がメイン。
夫の祖母の法事とその夫である祖父の白寿のお祝い。

なんだか相反する行事のようですが
法事を行なえるのもありがたいことなので
どちらもお祝い行事のようなものなんですって。

洋服には困りましたね。地味でそれでいてお祝いの服装。

夫の祖父の家に親戚集合。
若にとっても祖父母やいとこもいていて
若姫ハイテンション。

夫の父方の祖父は現在98歳ですが
一人暮らしをしています。

耳は遠いのですが一人で買い物にも出かけるし
料理もします。

孫の嫁である私のこともちゃんと覚えていて
出身地や職業まで把握してます。

そして、ひ孫である若や姫にお小遣いを渡すのも忘れません。

階段もすたすた上がり本当に元気です。

法事の後(いつも来るお坊さんのお経の後の話がいつも長い。)

ホテルで白寿のお祝い。

豪華な料理。でもおじいちゃんはほとんど食べてました。
肉も。魚も。そのままで。

老人施設に勤めてる私から見て
98歳で刻みもせずとろみもつけずいわゆる『常菜』で食べられるなんて
素晴らしい!の一言です。

若からはひ孫代表のお手紙を読みました。

「僕が大人になるまで長生きしてください。」と。


さて、夕方、東京行きの新幹線。
ホームまで夫が見送りに来てくれました。

席から窓に向かって別れを告げる若と姫。
「じゃあーねえ。お父さんも速く来てねえ。」

まあ、ちょっとさびしい親子の別れ。

やがて新幹線が動き出し、すぐ夫の姿が見えなくなると・・・



若と姫はすぐに自分のカバンからおもちゃを取り出し遊び始めました。


さびしくないのか?君達。

子供ってあっさりしてますね。


20時頃品川到着。
姫が新横浜で寝てしまい、その後電車でも寝てしまい
起こしては泣き、の繰り返し。

でも、若は寝ないで頑張り、
最寄駅からの道では私の荷物の1部を持ってくれるというお兄ちゃんぶり。

たのもしくなって来てますねえ。

まあ、でもしばらくは大阪には行かないでしょう。




スポンサーサイト

不本意な連休

2010 - 09/17 [Fri] - 20:22

ようやく涼しくなりましたねえ。

それだけで表情にゆとりが出てなんだかやさしい気持ちになるような
ならないような。

昨日は用事があって、仕事を休みました。
ところが、それが延期になってしまい、がっかり。
おかげでゆったり過ごさせていただきましたが。

で、今日。
夜中から咳き込む姫。
すこし寝ては咳き込む。の繰り返し。
ちょっと喘息っぽい感じ。

季節の変わり目、体調を崩してしまったようです。

朝になっても咳は出て、その勢いでもどしてしまうほど。

うーーん。熱はないけど苦しそう。

と言うわけで、今日も仕事お休み。


明日から3連休だし。
なんと5連休になってしまった。なんだかもったいない。

姫を病院に連れて行った後、思わずレンタルCDを借りてしまいました。

そこになんと、同じ保育園の同じクラスの親子が。
その子も体調悪くて保育園をお休みしたそうで。
その後近くのスーパーでも会い、考えることは同じですね。

姫も咳が出てすこし苦しそうなのですが
日中は結構元気。
手を伸ばして、交互に手をグーパーしています。

「何やってるの?」と聞くと

「うんてい速くやるための練習だよ!!」と。

なんかぐったりしてるなあと思っても
テレビでダンスしてると一緒に踊ったり。

良くなってきてるかな?

明日から色々予定があるのでこちらも必死です。


いきなりですが 姫の怖い話
子供は好奇心いっぱいで、正直ですよね。
先日、一緒に道を歩いていたら、
道路の向こう側に、ちょっと強面の若者が。

半そでですが、長袖みたい。
そうです。半そでから出ている腕に結構豪華な刺青が。

その筋の方というよりは若者のファッションタトゥでしょうか。
でも、ちょっと柄は悪い。

それをすばやく見つけた姫は

「ああー!!あの人、ウデズミ(刺青のこと)してる!!
プールには入れないんだよねえ~!!!」

と、大きな声で。

テレビでプールの監視員が
刺青の入ったお客をプールから退去させてるドキュメンタリーを観て
「刺青のある人はプールに入れない。」と認識したみたいです。

思わず、ヒヤッとしましたが
言葉を間違えていたし
道の向こう側で車が多くて聞こえなかったのか
若者は気付かず、立ち去りました。

ああ、どきどき。

この間も
髪がスポーツ狩りのおばあさんを見つけて

「あの人、おじいさん?おばあさん?」
とまた大声で。幸い耳が遠かったのか、これも気付かれず。

子供って、ストレートだから怖い。

2010夏ドラマ!

2010 - 09/14 [Tue] - 00:19

いよいよ、最終回。
最終回でようやく、こちらもたまったHDD間に合いました。

今回も結構観てます。

鉄の骨
これはもう終わったNHKドラマ。
大手ゼネコンの公共事業の談合の話。
相変わらずの濃いドラマ。

談合は犯罪だけど、これを見てると談合によりゼネコンがうまく共存してるんだなあ。
なんて、納得してしまったり。
でも、簡単に言えば「なあ、なあ」の仲なわけで、経営努力を怠ってるわけよね。

しかし、小池徹平は童顔だねえ。どちらにしても、こんな新人に談合の会社代表は
任せられないよね普通。




逃亡弁護士
おばかタレントの上地雄輔の弁護士に無理があるかと思ったら
意外と、はまってましたね。

事件にはめられた有望な若手弁護士が自分の無実を証明し
真相を暴く話。逃げてる間に世の中の困った人を法律の知識で助けていくのね。
そんな暇あるのか?逃亡の身でありながら。と言う疑問は持たないことにしました。

何回も警察に追い詰められて逃げ切れているところがすごい。
ありえない。
で、事件現場に検事がこんなに出てくるのでしょうか?

北村一輝ふんする敏腕検事の狙いは?

石原さとみはなんだか暗い。
矢田亜希子頑張れ。

ありえないシチュエーション多いけどなんだか楽しく観ています。




ホタルノヒカリ2
3年前くらいのドラマの続編。
仕事は出来るけど、家ではTシャツ、ジャージでごろごろ何もしない干物女が
会社の上司と同居しているあいだに恋人同士になり婚約。

でも、ようやくこの間キスをしたくらいの初々しい恋。

なんだか、ほんわかしていてくすっと笑えるやさしいドラマ。
さて、二人は結婚できるのでしょうか。

ここの会社もずいぶんほんわかしていて楽しそうだわ。




GOLD
今回の一押しかな。
中盤から野島伸司っぽくなってきましたね。
美容研究家で早乙女コーポレーションの代表早乙女悠里。
3人の子供はオリンピック候補。
仕事は順調。ぶれることなく人生を歩む。

だけど段々歯車が狂いはじめる。。。

人生そんなにうまくいきませんよね。
かっこいい息子にかわいい娘。
それぞれ母親の願いのために
オリンピックで金メダルを目指す。

ありえないけど、やっぱり観てしまう。
長澤まさみのちょっとどじだけど
のらりくらりと社長の天海祐希の後ろについていく。
そんなキャラクターが好き。

子供の暴力に悩むエドはるみもいい味出してます。
なんか、勘違いして反町隆史に迫るところなんか切なさを感じました・・。
でも、太りすぎではなかろうか。

一見スパルタ過ぎる早乙女の子育ては
果たして成功するのでしょうか?






熱海の捜査官

うーー。くだらないし、よくわからないけど、好き。
ふせえり、いい味。
時効警察の時と同じ、どうでもいいところにこだわりのあるドラマ。

遊びが多い。

あの、先生役の女の人、きれいなの?新宮寺が死んで泣き崩れてた人。
私にはなんか気持ち悪くて。
まあ、全体的に登場人物、気持ち悪いんですが。



チャンス
NHK。証券マンの藤原紀香が顧客を自殺に追いやってしまって落ち込んだ時助けてくれた
馬をまた、助け、その子供の馬主になる話。

題名どおり、チャンスをつかむ話のようで、結構元気になれる。

でも、ファンドを企画して売り込む罵詈張りのキャリアウーマンが
そんなに頻繁に北海道に行かれるのかい?

まったく興味のない競馬の世界だけど馬主の条件や
競走馬の育成方法など結構興味深い。

だけど藤原紀香はやっぱりスタイルいいね。
でもそれを強調しないようにしている感じ。



GM~踊れドクター
設定がくだらないけど、中身は結構しっかりしている。
赤字を抱える、総合診療科をつぶすため
駄目医者を集めたものの、研修医が連れてきた全米ナンバー1の日本医師が
本意とは関係なく立て直していく話。
医療以外はまったくポンコツなところがいい。

潔癖症で患者にも触れない医者って、すごい。

検査と問診、患者の症状だけであらゆる可能性を導き出して
検査をしてそれを絞り込んでいく。その中から疾病を見つけ出す。

この考え方は普段の生活の中でも必要な考え方のような気がします。。
昔、教科書で習った病名がいっぱい出てきて面白いです。

毎回謎解きの様に病気を探し出していき、その中で患者のドラマが
しっかりあって、意外とドタバタではないです。



医者よりもダンサーとしてメジャーデビューしたがってる40過ぎの浮世離れした男
東山紀之ぴったり。でも、とっくに40過ぎ照てのに
なんて体の切れがいいのでしょう。惚れ惚れしちゃう。

このドラマの好きなところは、医長も研修医も看護師もみんな立場が対等なところ。
なんだかアメリカドラマっぽくて好き。
2枚目俳優の吉沢悠がおたく医師なのがすごくはまってる。






夏の恋は虹色に輝く

松本潤も竹内結子も好きでないのですが
なんだか二人がかわいらしく見えるドラマです。
一番かわいいのは、うみちゃんですが。

偉大な父を持つ売れない2世俳優の成長記見たいな感じですが、
こういう、いい意味でのぼんぼん息子はいいですね。

芸能界がこんなにきれいな世界とは思いませんが
人情味あふれる事務所のみんなや、お友達。
観ていて気持ちが和みます。

ある程度大人の二人の恋ですが
高校生の恋愛のようで清清しい。

次回最終回ですが、あの竹内結子の亡くなった夫の弟役塚本高史は
まだ、絡んでくるよねえ?あれで終わり?

松潤の兄沢村一樹もいい味だね。



また、観すぎだねえ。

ペナン島子連れ旅⑧ひたすら帰る。

2010 - 09/12 [Sun] - 21:00

最終日6日目。

といっても帰るだけです。

何しろ朝7時45分ペナン発の飛行機に乗ります。

朝、4時半にモーニングコール。
子供たちは特別に帰る服のまま寝かせたので
顔を洗うだけで準備完了。

5時にロビーに下りると
結構チェックアウトに並んでます。
人が多いと言うよりは手際が悪い?
朝なのでスタッフも少ないのでマネージャーみたいな
偉い人がぎこちなく端末を操ってます。

何とか清算してバスへ。
ガイドはまたユウさん。
今回送迎、観光すべてユウさんでした。
ガイドさんも大変ね。

6時過ぎに空港へ。
キャセイパシフィックのカウンターは長蛇の列。

で、結構入り込んでくる人がいるんだけど
そこはまだ、ガイドさんが見ていてくれて
チェックインまで面倒見てくれました。

帰りも並び席。良かった。

お金も今回ほぼ使い切り
やることもないのでさっさと搭乗口へ。

帰りの飛行機
この飛行機に乗って、まず香港へ。

寝起きの若は早くもグロッキーでほとんど寝てました。

反対に姫は元気!!ご飯も食べアニメも見てる。

11時半に香港空港到着。

成田へは15時10分発。

3時間以上あるよう。

ご飯は食べちゃったし、やるべきことは買い物。


香港空港は広いのです。

香港空港
こんな搭乗口が続きます。
端から端は電車で行き来するくらい。

広い空港
この右端と左端は免税店とレストラン。
免税店はかなり種類豊富でブランドいっぱい。

今回、買い物は目的ではないのですが
自分達のお土産買ってないし、

当初より旅行代金5万円以上安くなったし

滞在費用も食事、洗濯、お土産、観光すべて含めても
家族で3万円ほど。

じゃあ、なんか買っちゃう?と言うわけで。
買い物しちゃいました。

若はスウォッチ。

夫は相変わらずフェラガモの靴。
(そしてこれがいつもダントツのお値段なのだ。)

姫はペナンでかわいい髪留めを買ったのでok。

私は・・・・そろそろ財布もほしいけど
今の気に入ってるし・・

いままで、子供と外出が多いので大きいバッグが多かったので
ちょっとおしゃれな小ぶりなカバンを買うことに。

しかし、『決められない女』なので
あっちこっち行ったりきたり。
電車にまで乗ってしまいました。

もちろん、私一人。
家族は

子供広場
こんな子供広場で待っています。若も姫も楽しそう。


で、結局マークジェイコブのグレーのカバンを買いました。
セールだったし、買いたい形だったので満足。

で、3時間もあっという間。
飛行機に乗り込みます。

今回も楽しかったな。

でも、まだ、観光主体の旅行は子供には退屈。
しばらくは遊び主体。

で、子供たちも段々体力ついてきたので
親のほうが負けないように体力つけなきゃ。
と感じました。

飛行機は定刻どおり8時40分頃到着。

今日一日ほとんど食事をしていない若は

「お腹すいた~。」を連発。
到着して成田空港の売店へ直行したけど、
若がどうしても食べたかったおにぎりは一個もありませんでした。

仕方なく、預けた車を返してもらってからコンビニへ。
「日本はいいねえ。」
なんていいながら若はおにぎりにかぶりついてました。

日本のよさを再確認しながら
また、旅行に行こうねえ。と話しながら無事我が家に着きました。

長々、お付き合いありがとうございました。

ペナン島子連れ旅⑦行きつけ屋台

2010 - 09/10 [Fri] - 21:04

さて、ペナンでの最後の夜も毎日行っていた屋台へ。

このゴールデンサンズバイシャングリラ
の周りはタンジュンブンガという地区でリゾートホテルが立ち並びます。

このホテルから西へホリディインホテルまでの間
夜はナイトマーケットとなり、露店が並びます。

夜店2
6時頃から店が並び始め


夜店
7時過ぎには結構にぎわいます。


そしてところどころに屋台の集まりが。

私達もホテルから数分のところへ。


まだ空いてる
6時頃はガラガラ。
色々な店が、テーブルの周りに密集。
カフェテリア形式?

屋台
7時前になると混んできます。

まず、好きな席に座り、それぞれの店でたのみたいものを注文します。
すると店の人がテーブル番号を聞いてくれます。(まだ客が少ないと聞かれません。)

で、テーブルで待っていると、料理を持ってきてくれてその場でお金を払います。

飲み物もたのむ場所があるのですが
何人かテーブルを回っていて、聞きに来てくれます。

ジュースはみかん、マンゴー、梅、パイナップル、りんご・・など
かなり種類がありその場で絞ってくれます。
1杯70円弱。やすい!ただ、氷もたっぷり入っているので
現地の水を飲むことになり、お腹壊す人もいるかも。

これに比べてビールは高い。
大瓶はタイガービールで15リンギット。約400円。

さて、最終日もいつもの席に座ると
愛想の悪い、注文聞きのおばさんが。

「昨日も来たでしょ?」と。
さすがに4日も連続で来れば覚えられてしまいますね。

その上
「タイガービール大瓶とりんごジュースとパイナップルジュース?」
と昨日たのんだものまで覚えてました。びっくり。

とりあえず、昨日と違うジュースをたのみ、食事をたのみ
たらふく食べて大体80リンギット。2000円ちょっと。

その上おいしかった。

マレー料理、中華、インド料理など色々。

4日通ったメニューの1部を紹介します。

カレー
カレー。魚とラム肉と野菜たっぷり。これは豪華なトッピングで250円くらい。
普通は150円くらい。
ここは初日に偶然会った、日本からの長期滞在のおじさんのお奨めでした。
(おじさんは真っ黒で、現地の人に溶け込んでいて日本語で話しかけられるまで
日本人て気付きませんでした。)






かき
これは牡蠣と卵の炒め物。
小さな牡蠣がごろごろ入って280円。ここの屋台の中では高額商品。
姫は気に入って、牡蠣ばかりほじくって食べてました。







春巻き
パリッと揚げた春巻き。大きいの。これで80円くらい。

メニューどこも大体3~5リンギットが主流。






福建麺
これは福建麺の店。なんと太い福建麺とビーフンが入っています。
ちょっぴり辛くておいしかった。これで90円。







チキンレッグ
これも長期滞在のおじさんお奨め。チキンレッグ。これで280円くらい。
若も姫も毎日食らいついてました。







バドガール?
そういや、こんなバドガールならぬ、タイガーガール(?)が
飲み物の注文を、聞いてくれます。強烈。他の人も個性強い。



デザートもあるのですが、アイスなど300円くらいして結構高い。





デザート2


周りがパリッと硬いクレープ。

中は色々なトッピングがありますが
私はこのチョコバナナお気に入り。3リンギット。

他にも色々食べましたけど、きりがないので。
(多くは、写真撮る前に食べてしまった。。。。)
ああ、鉄板麺と言うのもおいしかったな。


まだ、食べたいメニューもありましたし
サティなんかも食べたかったけど12本単位だったからやめました。

初日は入るのにちょっと抵抗あったけど
2日目からはもう、常連顔。

観光客も多いけど、地元の方も多く、
お店の人もフレンドリーで、顔も覚えてくれて
おいしくて、楽しかった。


昨日今日で、ナイトマーケットでちょっと買い物をして、
早々に帰り、荷物のパッキング。

9時前には就寝。
だって明日は4時半起床ですから。



ペナン島子連れ旅⑥最後のゆったり

2010 - 09/08 [Wed] - 21:29

さあ、5日目。

今日もゆっくり目に朝ごはん。
さすがに毎日食べ過ぎて量も少なめ。

午前中はプールへゴー!

若はもぐることを覚えてぶくぶく水中へ。

姫は浮かぶことが出来るようになっておお威張り。

昼はリッチにプールサイドで食事。

でも、サンドイッチなど2皿と飲み物だけ。
2皿でもボリュームは満点でした。(写真がどこか行っちゃったよ。)


すこし休んで午後はまた3日目に行った、アドベンチャーゾーンへ。

姫は非釣りで滑り台に乗れるようになり
若は怖い滑り台に何度もチャレンジ。

2人が遊んでいる間に私達は交代でにマッサージへ。

ビーチサイドにマッサージやさんが並んでます。

マッサージ

で、夫はここの左、私はは右に入りました。1時間のマッサージで60リンギッド(約1500円)

波音を聞きながら気持ちよかった。技術はまあまあだけど。




ビーチ
ホテル前の海。
ペナンの海は見るにはきれいだけど透明度は高くありません。
で、前にも書きましたが、マリンスポーツの客引きがうるさくて散歩も出来ず
ほとんど行きませんでした。




ビーチからホテル

海から見たホテル。
下にある小屋が客引きのスタッフがいるところ。








夕日
馬にも乗れるらしい。夕日もきれい。
でもビーチは北向なので、サンセットはみられないのだ。


いやあ、ゆったり出来たよう。

そんなに高級感あふれるホテルではないけど
十分満足できました。


ああ、そういえば、1つだけ不満が。

3日目の夕方、洗濯しようと思って場所を聞きました。

すると丁寧に教えてくれて一安心。

「で、いくらですか?」とたずねると

「洗濯、乾燥それぞれ25リンギットになります。」


「ああーそうですか。25リンギット・・・・・


     25リンギット?



高すぎないかい・・・・。


コインランドリーでしょ。

洗濯して乾燥したら50リンギット。1400円よ。


高すぎないかい?

「洗剤、柔軟剤も含まれてます」
とか言ってたけど、それにしたって・・・。



そして私は考える。

50リンギットあれば、屋台で家族4人、けっこうな食事が出来る。

そういえば、ホテルの周りにもランドリーあったなあ・・・。
そこまで持っていってみようかな。ホテルより安いでしょ・・・。

でも、こんな袋抱えて、もし営業してなくてもやだなあ。

じゃあ、シャワー室で手洗いか?(バスタブないので。)
そうしようか・・・・。


でも、また、ふと思った。


手洗いなんかしたら、結局私だけが大変なんだよなあ。
他の家族が役に立つとは思えない。

なんか私だけ損してない?


で、結局

洗濯のみ25リンギット泣く泣く払い
乾燥は部屋やベランダに干す。


と言う結論に達したのです。

夫は無関心で好きにすればあ。と言う感じ。
(それくらいケチらないでコインランドリー使えよ。と思っていたに違いない。)

ランドリー室には洗濯機は2台しかなかったけど、空き空き、ガラガラ。
洗濯中1度も人に会いませんでした。

こんなに高かったら使いませんよねえ。

でも、これくらいの贅沢いいでしょ。
悔しかったので、ランドリー室においてあった「ご自由にどうぞ」の
紅茶のティーバックをがさっと貰って来てしまいました。
小さい私。


でも、お蔭様で楽々洗濯でき、干すのは夫にも手伝ってもらいすっきり。

しかし、ホテルのレストランや品物その他の利用料などから考えると納得いかない料金でした。



さて、最後の晩餐はいつもはホテルでリッチに食事なのですが
あまり、行きたいレストランがなかったのでまたしても屋台へ。

5泊中4回行った屋台。(初日は機内食だったし。)
次回メニューを紹介します。





ペナン島子連れ旅⑤ジョージタウンへ

2010 - 09/06 [Mon] - 20:48

さて4日目は午前中は観光へ。

何年か前に世界遺産に指定されたジョージタウンへ。

ゴールデンサンズホテルからはジョージタウン内にある
同じシャングリラ系のトレーダースホテルへシャトルバスが出てます。
無料よ!
予約制で、前日の朝にお願いしたら夕方帰りの便は満席でした。

幸い、どうせ子供たちは飽きるでしょうから午前だけで帰る予定だったので
帰りは13時の便を予約。

問題は行き。
最初の便は10時。片道30分なのでいくらなんでも2.5時間で観光して食事をして
買い物をするのは無理でしょう。。。。。。

仕方ない。9時から観光したいのでここはリッチにタクシーを使うことに。

ガイドブックにはホテルからジョージタウンまで30リンギット(1R=約28円)
と載っていたのに実際は37リンギットでした!
交渉制なのですが、ホテル内でぼることもないでしょうから
素直に応じることに。

ちなみに私が卒業旅行で行った10数年前は20リンギットだったらしいので
インフレ進んでマスねえ~。

まあ、とにかくおしゃべりな運転手さんの軽快な運転で予定通り
9時前にスタート地点、セントジョージ教会に到着。

しかしまあ、なんと言うか幸先良くない

工事中
セントジョージ教会改修中

中にも入れず。

・・・・うーーん。出鼻をくじかれた?

気を取り直して次、次!!

で、
観音寺

ペナン最古の中国寺院観音寺

思ったより、小さくぼろかった趣深かったため、
思わず見過ごしてしまいました。

でも、屋根の装飾は確かに細かく豪華で面白かったですよ。

じゃあ、ペナンプラナカン・マンション
東洋西洋混合のアンティークを見に行こうと思ったら

まだ開館前。ガイドブックと違うじゃない!!

暑いし、時間もないのであきらめて次!!

でも、この町は歩くだけでも面白いですよ。

西洋、東洋、インドがごちゃごちゃにミックスされユニークな建物いっぱい。

モスクもありました。
黒い
カピタン・クリン・モスク
マロンのようなドームが目印!ってドーム黒いじゃん。これも改修中。。。。。?

なんか、思ったのと違うような。

洋中
これはヤップコンシーだと思う。自信なし。
中国寺院だけど、入り口は中国っぽいけどそのまま横を見ると
西洋の建物。
これ1つの建築物なんですよ。
こういう感じのものがいっぱい。

そしてこれは


クーコンシー

クーコンシー

これも中国寺院ですが、屋根や壁に施された彫刻や装飾はとっても豪華で細かい!
クー一族の集会所だったそうですが、小さな博物館みたいでした。

姫も若もここは気に入ったみたいで珍しそうにぐるぐるしてました。
どこからともなく現れたガイドのおじさんも英語で一生懸命説明してくれました。

インド
リトル インディア。
急にインドの方ばっかり。

市場
ここはチョウラスタマーケット近くの屋外市場。
活気ありましたよ。
衣類から生鮮食品、なんだかよくわからないおみやげ物まで。




コムタと市場
こんな市場から、ジョージタウンのランドマーク、コムタが。
古い文化と新しい文化が同じ場所に。

暑い中、急ぎ足でこれだけ回りました。
ざっと2時間ちょっと。

もう少しゆっくり回りたかったなあ。
でも、姫がもう飽き始めてました。

その後コムタのスーパーマーケットで職場へのお土産を買い
ラーメンカフェで急いでご飯を食べ(結構おいしかったけど、急いでいて味わえなかった。)

13時のバスに間に合ったのでした。

午後はすこし休んでまたしてもプール三昧。

そしてその後はまた屋台で食事。
そして夜店を物色。


あああー歩いた歩いた。万歩計は17000歩を超えてました。

明日は滞在できる最終日。
屋台の全貌を明らかにしましょう!!(おおげさ)







ペナン島子連れ旅④プールでのんびり?

2010 - 09/04 [Sat] - 11:42

午後は曇ったり晴れたりしながらもなかなかプール日和。

部屋から水着でプールサイドへ。

好きな場所に陣取り、タオルを借りてさあ、プール。
場所はいっぱいあるけど、ベッドのある場所はなぜかパラソルがない。

仕方ないので、いす席を。いす席は屋根つきなのよ。

幼児プール
幼児用のプールはちゃんと屋根つき。
姫はここがお気に入りでした。
浅くてね。でも、ロープを超えると急に深いのだ。

深め
こちらはレクレーションをするプール。ビーチバレーやってました。でも、浅くて1.3m深いと1.5mなので
若は足着かず。私も深いところはぎりぎり。。。

最初は若も怖がってあまり泳ぎませんでしたが、
慣れてくると足がつかないのに、端から端まで泳げるようになってました。

去年までは5m画やっとだったのに。

私が子供の頃、そう、やっと泳げるようになった頃は泳げる距離でも
足がつかないという恐怖感は結構大きかったけどなあ・・。
あっという間に克服してしまいました。


スライダー
これはスライダー。もちろん子供用。
夫は滑れないとがっかりしてました。
姫は、滑り降りた後が怖くて最初はびくびくしてましたが
浮き輪をしたまま滑れば降りた後水中に沈まないことに気付き
その後はノンストップ!!!

若も、そのほかの子達もぐるぐる回って滑ってました。

そういえば思ったより日本人少なかったなあ。。。
欧米の方が多かったけど、いろんな言語が飛び交ってました。


ホテル

プールから見上げるホテル。上のほうに『ゴールデンサンズ』って書いてありますね。
そして、私達の部屋は・・・・・







部屋の位置

この赤丸部分。低。まあ、仕方ない。




芝生で
プール周りは広くて、こんなゆったりな3人。でも日よけがないのだ。


もちろん、海にもいけるけど
ここはマリンスポーツの客引き多くてほとんど行きませんでした。
とにかくすごい。客引き。

夕方までプールにつかり、シャワー後
(バスタブがないのです。このタイプの部屋は。)

またまた、屋台へ繰り出したのでした・・・。

明日は、唯一の観光を予定。世界遺産、ジョージタウン。








ペナン島子連れ旅③ゴールデンサンズ三昧

2010 - 09/02 [Thu] - 21:31

今日は一日ホテルで。

泊まったのはザ・ゴールデンサンズバイシャングリラ

ホテルとしては隣にあるシャングリラ系ラササヤンが素敵だったんだけど
ネットで調べた結果、子連れにはゴールデンサンズのほうが気楽に楽しめそうだったので。

今日はすこしゆっくり目に起床。
部屋はツイン。デラックスシーフェイシングという
ビーチ沿いの部屋にしたのですが。なんと1階。景色悪くはなかったのですが
あまり海は見えませんでした。。。

客室
これは客室。添い寝プランにしたのですが
ホテルが気を利かせてかエキストラベッドを入れてくれてました。
おかげで狭いけど、寝るのは快適。
ベッドは広くツインをつなげて、隙間にクッションをつめてたら
ベッドメイキングの方がその上からシーツを掛けてくれ
大きなベッドになり快適でした。

部屋から
部屋のバルコニーから。プールはよく見えましたが
遠くにチラッと海が。

朝は1階のレストラン。
朝食
8時を過ぎると混み合います。
和中洋インドマレーと色々あり
パンの種類も多いし
フレッシュジュースもグアバ、オレンジ、マンゴー、スイカ、メロンなど色々
(セロリなんてのもありました。)

でも、毎日メニューはほぼ同じ。
まあ、種類が多いので飽きませんでしたが。
テラス
プールを眺めながら朝食。
毎日、この朝食を食べ過ぎました・・・。

さあ、午前はプール!と思ったらなんだか雨。
朝から降ってはいたのですが、止まない。
ペナンは雨季です。でも、1日中降ることはなく、ちょっと降ってやみます。

せっかくプールを楽しみにしてたのに・・・とテンション下がる若と姫。
まあ、じゃあとりあえずホテルの中を散策して子供たちの遊戯施設
アドベンチャーゾーンへ。
不t利のテンション再び上昇!!

アドベンチャーゾーン
こんな入り口。

中に入ると受付が。
親も入れるけど料金は子供のみ。1人2時間20RM(1RM=28円ほどでした。)
だけどそこはマレーシア。2時間なんてはかっているわけではありません。
受付すむとロッカーやシューズボックス、親が待っていられる机やいす。


滑り台
そして、こんな滑り台!かなり急!!!大人が滑ってもOK!!!
私も滑ってみたけどかなりスリリング。
手前は橋。

回りも2階建てのアスレチックみたいになっていて、遊びまわれます。

例えば

バランス
こんな回る平均台。挑戦してるのは若。


次の瞬間。

落ちる

見事に落下。

若はこれに成功するまで何回もチャレンジし、翌日脇が筋肉痛になってました。

4歳の姫でも十分楽しめました。
最初は滑り台怖くって、二人で滑ったりしてましたが。

4歳以下の子供は




4歳以下
専用のゾーン。小ぶりに出来ていて、赤ちゃんでも遊べそう。

他にもままごとゾーンやお絵かきゾーンも。
天気の悪い時なんか重宝しそう。

この手前は親が待っている場所です。
私達もここで優雅に待っていたかったのに
結局二人に振り回されました。

まあ、夫は自ら滑り台をやりたがってましたが。

かなり自由なのですが

摩擦のためか
長袖を着る事。
靴下を履くこと。

この二つは必ず守らされます。大人も。
周りで遊ぶことは出来ても、滑り台はこの二つを守らないと出来ません。

2時間近くたっぷり遊んで
昼はホテル近くのいた飯屋へ。

本当はホテル内のイタリア料理店と思ったのに
改装時に閉店してしまったそうです。残念。

夜は出店でにぎわうホテル周りですが
昼は閑散。

やっと入った店は、まあまあでした。
そしてここでも大雨が!!
すぐ目の前がホテルなのに、雨宿りしても止まず
走って帰ったらずぶ濡れ。。。。

ちょっと休んだら雨もやみ

ようやく待望のプールへ!!

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。