家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > 2010年06月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合ったか?予防接種

2010 - 06/22 [Tue] - 20:25

毎日平凡な日々を過ごしておりますが

意外と子供の用事が多いのです。
若の学校公開にも行って来ました。授業参観です。

年に1,2回しかない英語の授業もありました。

若い外国人の女性が英語の歌を振りつきで教えてくれました。

もう若はノリノリ。
最前線で大声で歌って踊っておりました。
中にはそっぽ向いて恥ずかしそうにしてる子もいますが。
大体の子はうれしそうに楽しそうに「ハロ~、ハロ~♪」と歌ってます。
まだまだ、可愛い2年生。

学区内のパトロールも何とか終了、もうすぐPTAの委員会もあるし
姫も若も個人面談も始まります。
ああ、二人それぞれ夏祭りもあるう~。

で、助かるのは二人とも丈夫だと言うこと。
めったに病気にならないので
働いてる身にとってはありがたいことです。

先日は病後児を預かってくれる保育園に申請に行きました。
感染する病気で長引くものはこういうところに預けられるとありがたいですよね。

何かあればそれは全部私が仕事を休んでいましたが
前年度までは一応夫がいたので
長引くおたふくなどの場合は1日くらいは休んでくれたけど
何しろ夫が大阪なので1日もたのめません。

なんていってる矢先、
姫の保育園で水疱瘡(みずぼうそう)がはやり始めました。
若はもう懸かってるけど姫はまだ。

これはえらいこっちゃ、とあわてて予防接種を受けに行きました。

7500円もしました。。。。。。

しかし、水疱瘡は潜伏期間が長く
もう、かかっている場合もあります。
その場合は7500円ではなく予防接種はパア、意味なしに。
軽くなる場合もあるらしいけど、それも遅いかも。

今のところ姫は元気にしています。
何とか、今回はやり過ごし、7500円ではなく予防接種が無駄にならないことを祈ります。

スポンサーサイト

2010春ドラマ②

2010 - 06/15 [Tue] - 20:26

後半戦ですが、今クール8本も見てたのですねえ・・・・。


同窓会~ラブ・アゲイン症候群
いわゆる、『やけぼっくいに火がついた』話。

同窓会で久しぶりに再開した男女がいきなり2人で失踪。
そのカップルを探すうちにまた別のカップルが誕生したり
昔好きだった人と恋に落ちてしまう二人がいたり。
気持ちは高校生の時と変わらないけど年齢は45歳。
お互い家庭もあり、落ちてはならぬ恋。。。。


って、ありえないですよねえ。
だって同窓会に行くと
あの時あんな格好良かった人が「ふ、太ってる。。。。」とか
「あの人誰?」となってる場合、多いですよね。

あんな、三上博や高橋克典みたいに素敵なままってまずないでしょうね。

失踪する尾美としのりぐらいがいいほうでしょう。
一緒に失踪する女優さん、よく出てるけどしおらしい役ってあまりないですよね。
せりふもほとんどないし。

もう最終回ですが、どうなるんだろう。
黒木瞳の夫役吹越満の「1流大学出てプライド高いけど挫折に弱いだめ夫」ぶりが
すごいですね。うまい!

でも、こんな夫だったら、つい別の恋に走ってしまう妻の気持ちもわからないでもない。
でも、私は子供はぜったい捨てられないなあ~。

実年齢49歳の黒木瞳と実年齢43歳の斉藤由貴が同級生役と言うのもちょっと知ってると。

尾美としのりの握ってる話って何だろう?三上博はどうなる?



素直になれなくて

まあ、チャラチャラした若者の話だろうと思っていたら
意外とどろどろしていて見入ってしまう。

昔やっていた『愛という名のもとに』
と言うドラマを思い出しました。

上野樹里がすごく可愛く見えるのですが。。
でも、すきでもない人と情にほだされて付き合ってしまうのは痛々しい。

赴任してる高校の薬の売買していた高校生はもっと絡んでくるかと思ったら
意外とあっさり出なくなった。
井川遥も途中で出なくなるパターン結構ありません?

玉山鉄二の段々、瑛太を好きな気持ちが抑えられなくなるという心情も
なんだかじわっと感じて結構ずっしり来る。

ドラマ1回目の冒頭がついにつながったわけですが
まさか、あの人のことだったとは・・・・。驚きです。



新参者
東野圭吾の原作。『容疑者Xの献身』『ガリレオ』もそうだったけど、
特に『流星の絆』は、演出がクドカンじゃなかったら
せつな過ぎて観てられないなあ~。と感じてました。

今回もなんだかずーーと切ない。
根底に流れる愛が切ない。

毎回容疑者が浮かび上がり、最初は怪しいんだけど
阿部寛演じる所轄の「新参者」刑事が真実を明かしていく。
容疑者は必ずうそをついたり隠し事をしたりするけど
それは、家族に対する思いやりから来るうそや隠し事、
祖母と孫だったり、親子だったり、嫁姑だったり。

阿部寛の「何でもお見通しの目」がすごい。
元モデルなのに演技うまいよねえ。

犯人は・・・また三浦友和なのかい?



月の恋人 Moon Lovers
木村拓哉だから許される軽い感じ。
でも、色々な人物出てきて結構面白い。
シュウメイの片言の日本語可愛い。
しかも、このスタイルはなんだい?

顔ちっちゃ!!
篠原涼子の顔が大きく見える。
キムタクなんか、顔大きいから余計そのコントラストが。

ストーリーは少し強引な感じがします。

ワンマンな若手社長が側近の言うこと聞かずに突っ走り
恋に仕事にスマートに決める。
でも、どこか、1箇所崩れたらすべてガラガラと。

シュウメイも最初キムタクを憎んでたのに
ころっと好きになってしまうのですが
その過程がいまいちわからず、「あれ?復讐するつもりだったのでは?」
と思ってしまいました。

なんだか唐突に事件が起こって、あれ?って感じ。
篠原涼子の恋心もなんだか急に表面化。

でも、なんだか続きが気になるドラマです。
松田翔太は落ち着いてるね。


ああードラマに時間使いすぎだけど
飲みにも行けないワーキングマザーのささやかな趣味だから許して。

2010春ドラマ①

2010 - 06/14 [Mon] - 06:05

わあーー。と言ってる間にドラマも最終回が近いですね。
今回もほとんどHDDに入れて観ていたので遅れていまして
最後にようやく間に合った感じです。

今回も結構見てました。。。。

まずは終わったもの。

警部補矢部謙三
仲間由紀恵主演のトリックのスピンオフですね。

話自体はまあ、それほど深くなく、生瀬勝久演じる警部補矢部謙三が
適当に捜査をするうちに
庶務課の二人が頑張って事件が解決してしまうと言うもの。

話と関係ないところが結構凝っていて(後ろの看板とか、周りの人の動きや台詞。)
それを見るのが楽しみな、今回唯一力の抜けるドラマでした。時効警察みたい。

ラスト2回は、
署長役の団時朗が『帰ってきたウルトラマン』の郷秀樹役だったとか
ゲストの渡辺典子は昔アイドル角川映画女優で
『晴れ時々殺人』などの映画に主演していたなんて事を
知らないと、訳のわからない台詞なんかが出てくるんです。
義母は「よくわからない」と言ってましたもの。


チェイス国税調査官
出ました、濃厚NHKドラマ。
子供が周りで遊んでいるとわからなくなるので、寝てから見ました。

江口洋介演じる国税調査官と金持ちに脱税をさせるプロ(←職業何?)との話し。
妻を飛行機事故で失った国税調査官がその事故が作為的なもの?
あるいは脱税目的の事故に巻き込まれたのではと言う疑惑を持ち
執拗に男を追い詰める。

ずーーと頭脳戦だったのに最後の最後に肉弾戦になったのは驚いたけど
かなり緻密な脱税の計画に唖然。

相続税を(資産6000億だったっけ?)逃れるために子供を産んだり
飛行機つぶしたり、工場事故起こしたり。

お金は程々がいいですね。
何千臆もお金持って使い道もわからないね。

娘の超短期間一人バブルも面白かった。
で、あの村雲役の人誰?アルファベットの芸名だったけど。




そして、そろそろ最終回のもの

絶対零度~未解決事件特命捜査~
すみません。私、上戸彩あまり好きではないんです。
で、ためしに観てみたら面白かった。

実際、警察内に出来た未解決事件を捜査する係の話。
ちょっとした昔の矛盾や新たな証言証拠を基に捜査をして
犯人を逮捕するのですが、上戸彩がさえないだめ捜査官の役。
どう見てもかわいらしくて地味な感じは出てません。

でも、科学捜査、プロファイリングを駆使して、
その当時の被害者加害者の行動を推理しなかなか面白いです。



チームバチスタ2ジェネラル・ルージュの凱旋
これに出ている厚労省のなんだか長い役職の仲村トオルは絶対楽しんで役をやっていると思う。
楽しそう。
疲弊しきった救命救急センターに搬送されるさまざまな患者達。
医者と業者との贈収賄
そんな中でついに起こる殺人事件。
前回犯人はわかったんだけど、それだけではすまなそうな展開。

チラッとうつった西島秀俊の裸はめちゃくちゃ格好良かったよう。
この人子役だったよね?違うかな?
何をやってもうまいよね。

加藤あいは疲弊した優秀な医者という感じはしないですね。
若くない?

TKOの木下が思いのほかはまっていて驚きました。


とりあえず、前半。

映画2本。

2010 - 06/09 [Wed] - 20:35

いやー、お久しぶりですねえ。なんだか細かく忙しい今日この頃。


先日は若の小学校の開校記念日。

たまには若一人をどこかに連れて行こうと若に
「どこ行きたい?」と聞くと

「映画観たい。」と。

と言うわけで
「仮面ライダ電王ートリロジー」と言う2週間ごとに新作が出る3部作の2つを観にいきました。

「仮面ライダー電王」は数年前の仮面ライダー。

でも、人気が高く、いまだに映画になってます。
今人気の若手俳優佐藤健(たけると読むのよ。)が電王でしたが
人気の秘密はこの主役のイケメンと一緒に出てくる
モモタロスなどの変な怪人(?)たち。イマジンというらしい。

主人公と合体して電王になるのですが
とってもユウモラスで面白い。

だって、仮面ライダーが登場する時
「俺、参上!」って決め言葉ですよ。ヒーローっぽくない。

イマジンという何人かこの面白キャラクターがいてその掛け合いが面白いんでしょうね。
実は私も結構好き。

映画は現在『new電王』編。でも先週までやっていた『ゼロノス』編も細々やっていて
2本とも見てきました。

話はどちらもなんと言うか結構しんみりするもので
特に「ゼロノス」編は恋愛の気持ち?
好きな人に対する思いというか・・・。
子供には少しわかりにくい心情の話だったような気がします。

だけど、何で主人公のリョウタロウは佐藤君じゃないの?
なんだかぱっとしない僕ちゃんなんだけど。

『new電王』編には(かなりの)ベテラン女優さんが出てます。
こちらもいなくなってわかる人の大切さ・・・。ムヅカシイ。


若は大満足でした。(意味わかったのかな?)

だけど4枚もらった仮面ライダーのカードを帰り道3枚落としてしまいました。

あれだけカバンに入れろと言ったのに
ポケットに入れて、自転車こいだから落ちたのでしょう。
まったくねえ。

姫は最初は一緒に行きたがったのですが
「今度は姫と二人で遊びに行こうね。」とお願いすると納得してくれました。

若が帰ってから映画の自慢をしても
余裕で話を聞いていた大人の姫です。

子供と二人で遊びに行く機会って本当にないので
たまにはいいですよね。
でも、若もいつまでデートしてくれるでしょう。

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。