家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > 2009年05月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッザニア帰りのちょっといい話。

2009 - 05/26 [Tue] - 20:39

たっぷり楽しんだキッザニア東京。

第2部は夜9時に終了します。

9時ちょっと前に退出してさて電車で家に帰ります。

有楽町線を使って都心を通り、練馬方面へ向かいます。

電車はそこそこ混んでいて、疲れきっている若と姫を空いてる離れた席に
何とか座らせました。

そのうち、姫の隣が空き私も座ったのですが若は向かい側。
金曜9時過ぎの有楽町線は会社員ばかり。

ぽつっと座る若は目立ち、前に立つ人は親の姿を探します。
ちょうど私と若の間に立った人は、
私が親だとわかるとすっと、どいてくれました。
私から若が見えるようにしてくれたのです。


そのうち、電車も混みあい、私からは若の脚しか見えません。
本当は私のそばに連れてきたかったのですが

若は眠ってしまいました。

そのうち姫も。


若は隣の若い紺スーツの男性に寄りかかってます。
悪いなあ。と思いつつ、何も出来ず。

そんな若の前に2人組みの40代くらいの男性A、Bが。
「おお、疲れてるんだな。」
「お母さんは・・・(後ろの私を見つけて。)後ろにいるな。」
などと、話してました。

そして紺スーツの男性が降りることに。


すると、紺スーツの男性は寄りかかった若の頭をそーっと支えて
前に立ってた40代男性Aがその若の頭をバトンタッチして支えて
隣に座って、もたれさせてくれたのです。

若は何も知らずに40代おじさんの腕にもたれて寝ています。


寝ている若は段々、動き出し横向きに。
若の靴が反対隣の男性のズボンに当たりそうになってます。

すると、隣に座った40代男性Aの方がそっと、若の足をどけてくれたのです。



そして、いよいよ降りる駅。

姫はゆすっても起きません。
仕方なく抱っこして若を起こしに。

でも、若も寝ぼけて起きません。
前に立っているおばさんも
「疲れてるのね。」と笑って場所を空けてくれました。

すると、40代男性Bの方が
「俺がちょっと、駅までおろして来るよ。」
と若を抱いてくれそうになったのです。

そこまでしていただくのは悪いので
「大丈夫です!!」
とお断りして、お礼をいい、
何とか若を揺さぶり起こし、引きずるようにして電車を降りました。

金曜夜、皆さんだって疲れているだろうに
沢山の方の親切で無事たどり着きました。

「都会の人は冷たい」とか、

「子連れで電車に乗っていやな思いした。」
なんてよく聞きますが

こんな、暖かい思いをすることもあるんですよ。

本当に助かりました。ありがとうございました。




でも、


今度夜行くときは


車にします。

スポンサーサイト

またキッザニアに行っちゃった。

2009 - 05/21 [Thu] - 20:34

夫の会社の福利厚生で
『キッザニア平日2部(夜)ご招待』
という企画がありました。

まあ、だめもとで、金曜のチケットを申し込んで見ました。


そして、見事当選!!

平日の4時からなので夫は途中で合流して行こう!

と計画を立ててました。

前回楽しんだ若はまた、わくわく。(前回の記事はこちら。)

ところが夫は急に歓迎会の予定が入り行かれない事に。

私一人で、この二人を連れて行くことになり、
ちょっとげんなり。


とはいっても、子供たちは大はしゃぎ。
若が学校から帰ってすぐ出発。電車でゴウ!

こんな普通の平日なのに
相変わらずの混みっぷり。
マスコット
こんな、マスコットうろうろしてます。

今回は3歳の姫が一緒なので
若にも「前みたいには回れないからね。姫の面倒も見るのよ。」
と釘を刺しておきました。

が、結局若は一人で突っ走ってましたが。

体験したものは一緒です。

まずは
ABCクッキング
ABCクッキングスタジオ。
ケーキの形をしたご飯を作りました。
本当はピザを体験したかったのですが
すでに長蛇の列で
あきらめました。

料理中
若と姫が包丁を使ってインゲン切ってるところ。

若は自分でいっぱいいっぱい。
姫はほったらかしなのですが、
姫は自分で出来ないことわからないことが沢山。
(3歳ですから当たり前ですが。)

でも、自分から積極的にスタッフに声をかけ
手伝ってもらってました。頼もしい。

2人とも上手に作って、3人で食べました。

カメラマン
次はカメラスタジオ。

カメラ説明
まずは説明を受け、
「乗り物を撮る。」というテーマで町へ。

ここでも若は姫を置いてけぼり。勝手にリーダーを買って出てました。
最初は、仕方ないので私が姫の後を着いて回ってました。
姫はマイペースで一著前に写真を撮ってました。
そのうち、小学生のお姉さんたちが姫を連れてくれました。

若カメラマン
カメラマン若。

この後スタジオに戻って、写真を選んで現像。
若はちゃんとテーマに沿って乗り物を撮ってました。


姫は・・・・・芸術的でした。


姫の口座を作り




若が前回体験したがってた
飛行機
パイロット。これは飛行機ですね。

これは、親は直接見学できず、モニターになります。

パイロット
こんな感じ。
ここでも、二人はばらばらに離れてしまい、
スタッフにお願いして隣にしてもらいました。
そうしないとこちらが見難いのです。

でたらめな操縦をした後無事離陸して喜んでました。


消防署
大体1時間で1つの職業。
最後のひとつかな・・といいつつ消防署。

ここでも若は『基準になる役』を買って出て
号令がかかると「ワン!」と手を上げでました。
ちなみに姫は「セブン!」で、ちゃんと覚えて言ってました。

私は立ちっぱなしで疲労困憊。

放水
見えにくいけど、消火活動中です。


最後に
はとバス
はとバスの乗客。
仕事としてはバスガイドがあります。

これに乗った後、もう、8時半。

お腹ぺこぺこ。

フードコートで夕飯を買い遅い夕食。
遅い夕飯
結構手ごろでおいしかったですよ。

今回は、前回の教訓を生かし
ビデオを持っていきました。
楽しい姿を残せました。

そして、意外だったのは姫。

3歳くらいの子にはとか、説明とか、体験することが難しいです。
ボーーっとしてる子や泣いてる子もいました。

だけど、姫は結構楽しんでました。
出来ないこともあるけど、すぐにスタッフに聞きに行くし
周りのお兄ちゃんお姉ちゃんが(若ではないのだ。)手伝ってくれます。

かなりのびのび楽しんでいました。
姫に「ディズニーランドとキッザニアどっちが楽しい?」と聞くと

ちょっと考えて
「うーーん。今度はディズニーシー行きたいな。」
と答える、ちゃっかり物の姫ですが。


二人とも大満足で帰途に着くのですが
疲れているので・・・・大変でした。

それについてはまた次回にでも。

GW子連れ秩父キャンプ3日目

2009 - 05/13 [Wed] - 20:02

鳥のさえずり、小川のせせらぎ(結構大音量だが。)の中
最終日もさわやかに目覚めました。

相変わらず夫は自前に目覚めたようですが
いつもは早い私は7時ぐらいまでよく寝ました。

ゆっくり朝食を食べ(昨日の饅頭がメイン)
ゆっくり片付け。

テントがないので、それだけでも片付け楽です。
でも、毎回ターフのたたみ方が違うような気がする。

まあ、それでも1時間くらいは片付けにかかって
残りの時間はまた少し川遊び。

そして、チェックアウトの10時に入川渓谷夕暮れキャンプ場を後にしました。

さすがゴールデンウィーク3日目。
出る車と入る車が交錯して
管理人さんが「今日は車多いなあ~」と驚くくらい。

このキャンプ場よかったですよ。設備も整ってるし
スタッフは皆さん親切。感じいいし。

足りないものを買い物に行こうとしたら
「ついでに買ってきますよ。」と言ってくれました。
リピーターが多いのもうなづけます。

さて、帰りはゴーカートがやりたいと言う
若の希望で『秩父ミューズの森』へ。

この施設、めちゃくちゃ広大な敷地の中に
公園や、スポーツ施設、レストラン、ホテル、温泉などが点在してます。
宿泊しながらこの中でずーっと楽しめそう。

で、ゴーカート。
かなり本格的で、スピードも速い。
若の身長なら乗車は可能だけど、コントロールが難しそう。
スタッフのお兄さんも
「責任は取れません。
昨日も6,7歳くらいの子がぶつかって救急搬送になってしまいました。」と。


・・・・・・・・・・多分、若も無理。


と私たちも判断し、がっかりする若を何とか説得してあきらめさせました。
何しろ、新しく買った大きい自転車も
乗りこなせずぶつかったり転倒するトロイ若ですから。

二人乗りもあるのですが若は自分で運転したいのでそれもやめました。


その代わり、変わり自転車のある広場へ。
自転車色々
ここで、すっかり若もご機嫌。
姫も自分で乗れる自転車を探して結構器用に乗りこなしてました。

自転車
長い自転車を一生懸命こぐ若と、寝そべってくつろぐ姫。

ここで30分楽しんで昼ごはん。
道沿いにおしゃれな店が
ナージュ
ナージュ。メニューもおしゃれだったわ。

カレー
オムレツカレーおいしかった・・・。

冷製スパ
これは姫が食べた冷製スパ。麺がもちもち。

200円でデザートもつきます。

帰りはちょっとだけ渋滞ありましたが(芝桜の影響?)
それ以外はスムーズに家までたどり着きました。

行きは混雑でどうなるかと思ったけど
それ以外は充実したキャンプでした。

1000円高速の恩恵ですが・・・

我が家はほんの少ししか高速使ってないし
都心区間もあるので
往復で1300円程今までより安く済みました。

ま、安くなったからいいか。



GW子連れ秩父キャンプ2日目

2009 - 05/10 [Sun] - 15:42

夜中の姫『寝ながらウ○チ騒動』や、
なんだか寝にくいのか、姫がぐずぐず声を上げること数回
(いずれも本人はあまり覚えてない。)

尾k下で私は寝不足。

朝6時前からさわやかに目覚めた夫は周辺散歩などw満喫していたようです。

今日は基本的にこの辺でマッタリ。
朝食眺め
こんな景色を眺めながら朝食をいただきました。

バンガローから
バンガローの下はすぐ川になっていて
川の音と、鳥のさえずりが耳に心地よいのです・・・・。

川からサイト
川から眺めるとサイトはこんな感じ。

朝食後は少し川で遊び(もっぱら石投げ。石が何回跳ねるか。)

そして今日のメインイベント

饅頭作り

本当は1週間前に予約しなきゃならないみたいだけど
昨日、お願いしたら快く受けてもらいました。

場所はバンガローのすぐ目の前にあり
1組に1人、指導の方が付いてくれます。

饅頭作り
まずは小麦粉に重曹とベーキングパウダーをさっくりと混ぜ

液体の黒砂糖も混ぜ練り合わせます。
それを16等分にして、これで饅頭の皮出来上がり。

そこに、十勝産の小豆を使ったおいしい餡
(近所の餡作り名人のおばさんが作ってくれてるそうです。)
を包み、形を整えて蒸します。

普通、饅頭は丸いのですが
粘土細工のようにいろいろな形を作らせてもらいました。

蒸すことと20分。
仰げ
こんな風に仰いで出来上がり。

蒸す前は
蒸す前
こんな感じですが・・・・・(ロケット、イチゴ、パトカー、アンパンマン、ハンバーグ
ラケット、熊、ウサギ、花、星、魚、バナナ、雪だるま、リボン、ハート、しまじろう。)





蒸しあがると・・・・・・




出来上がり

こーんなふっくらと。

食べてみると、おいしかった。
少し、重曹が残ってて殺虫剤みたいなにおいはしましたけど。

昼ごはんは昨日の残りで
昼食
パスタ。

また川で遊んで今日も車で温泉。
若も、姫も楽しんでたけど
姫は特に虫が大っ嫌い。

小さな、虫を見つけては
「ふえ~ん」と逃げ回ってました。

若もあまり得意ではないのですが
「お兄ちゃんなら強い!」
とおだてて、

バンガローに入った虫を取ってもらいました。
(実は私もあまり無視は得意ではない。というか苦手。)

夜は今日はバーベキュウ。
夕食2

ホタテ、えびなどの魚介類にご飯は昨日の残りをガーリックライスに。



そしてなんといってもメインは

ステーキ
黒毛和牛のサーロインステーキ 

家から冷凍して持ってきたのでまだ、半解凍状態でした。
このステーキは今回の旅費のかなりの部分を占めています。

夕飯ごろには若がもう、眠そう。

自分から寝袋にもぐりこみました。

姫のほうが元気でしたが
お兄ちゃんの後を追って寝るのでした。

今日はゆっくり夜空でも眺めながら・・と思ったのですが
私も、また早々に眠りに付きました。

この夜は姫もなれたのか比較的静かで
(でも、寝袋ごと、若も姫も移動するので厄介だ。)
ゆっくり寝られたのでした。

GW子連れ秩父キャンプ1日目

2009 - 05/07 [Thu] - 20:43

高速道路1000円だから、
というわけではなく、今年のゴールデンウィークは旅行の予定でした。

でも、結局宿は高いし、希望のところは満室で半ばあきらめかけていたのですが。

珍しく、夫が乗り気で自分から「キャンプ行こう!」と予約してくれました。

場所は奥秩父。
GWだから、まだ、夜は寒いだろうとバンガローを2泊予約。

出発は5月2日連休初日。
高速は絶対混んでるだろうと

朝6時に出発!!

関越自動車道に乗るのですが
練馬在住の私たちにとってはすぐで便利。


しかし、

渋滞は想像以上のものでした・・。

練馬から乗って花園で降りるのですが
ほとんど渋滞。
朝の6時で。

いつもだったら30分ちょっとぐらいで行かれるのに
2時間以上かかってしまいました・・・・。

でも、降りてからは意外とスムーズ。

せっかくの秩父なので
唯一の観光計画は

羊山公園の芝桜

公園の周りはシーズンは車両進入禁止になります。

車は周りの駐車場において、歩くか送迎バスに乗ります。

何箇所かパーキングがありますが
私たちは迷わず秩父ミューズパークの無料駐車場へ。

公園からは遠いですが送迎バスもあり、道の駐車場もまだ空いていてラッキー。
(まだ、9時前でしたからね。)

公園入り口から10分ほど歩くと入り口
芝桜入り口

中に入ると色とりどりの芝桜
芝桜遠景

芝桜遠景2

今年はピークを過ぎていたようで、白い芝桜は結構枯れていました。
でも、きれいですね。
人もまだ、うんざりするほどではなくてのんびり楽しめました。
芝桜近景
この紫のがほしいなあ。
うちの小さな花壇にも少し芝桜があるのですが
やっぱり比べるとさびしすぎる・・。

車に戻るともう11時。
昼食の場所を探しつつ、バンガローを目指します。

しかし、移動もだいぶ楽にありました。
1年前までは姫がすぐぐずったり、
紙おむつなどの荷物も多かったのですが
今は姫もおとなしく車に乗ってくれるし、もちろん若もおとなしい。

さて、昼食はみんなそばが食べたいということで道沿いの看板で。
竹や
竹屋。

道路沿いから坂を上がっていくのでわかりにくい。

竹やそば
セットメニュー。かなりお得な感じ。
そばも細めでおいしかった・・。

そしてのんびり、キャンプ場へ。
直前の道が狭くて対向車にヒヤヒヤしながら着いたキャンプ場は

入川渓谷夕暮キャンプ場
キャンプ場入り口
バンガローが主体のこじんまりとしたキャンプ場でした。

バンガロー前
今回はこの6畳のバンガロー。

ターフだけ張って、少しのんびりして先に来るまで15分の温泉へ。
それほど混んでなくてゆっくり入りました。

さて、夕食の用意。
今回も、また、かなりの手抜き。
1日目はツーバーナーだけで調理しました。
キャンプ夕食
鳥のトマト煮込み、しめコハダ、きゅうり。あーシンプル。

でも、ご飯もおいしく炊け、(少しやわらかいけど。)
みんな満足。
若も姫も裏の川や、サイトの近くで走り回っていたので
8時頃からもう、眠そう。

家族そろって9時には就寝・・・。
姫は自分の寝袋がうれしくてウキウキ。

上手にもぐりこんで、すぐに眠りの世界へ。





でも、姫が夜中に寝ながらウ○チをしてしまい
私1人、大騒動でした。(でも、若も夫もぐっすり。)
夜中に外の冷たい水道で一人パンツを洗うのはつらかった・・・。
こんなことなかったのに、環境の変化のせいでしょうか・・・。

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。