家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > セブ島  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブ島2回目子連れ旅⑥帰りましょう。

2015 - 09/29 [Tue] - 20:47

前回から半月もたってました。
次の旅行記も書かなきゃいけないのに。もう。

今回飛行機の都合で、いつもより一日少ない5日間の旅。
でも、往復直行便で、比較的滞在時間の長いプランだったので
それほどあわただしさは感じませんでした。

6日間でも、最後は機中泊。なんて、5日目の夕方にはチェックアウトするわけですからね。

で、最終日。結構良かった朝食ビュッフェにもう一回。

チェックアウトは10時くらいでしたので、のんびりできました。
が、突然若が「やっぱり自分のお土産にTシャツがほしい」と言い出し
毎日通ったスーパーに夫と二人で買いに行くというハプニング付き。

早く言えばいいのに。

姫はホテルの売店で、友達のお土産(自分のも)にストラップを購入。
町のお土産屋さんの方がずっと安いでしょうが
そのためにタクシー乗っていくのも面倒で、楽しちゃいました。
予備を一個多く買ったら、お店の人が一個おまけしてくれて
予備を買わなきゃよかった。とケチな後悔。

今回円安なため、ドルの現金で少しずつ両替していたので
ホテルの支払いも現金。しかし、若(となぜか夫の分も)のTシャツを急に購入したものだから
なんと、200円程残金不足。たった200円をカード払いするという面倒なこともしてみました。

ガイドさんは東南アジアには珍しく早く迎えに来て
時間前なのに、電話でせかされるし。
(確か、去年もせかされて、二年連続夫はご立腹。)

無事に空港到着。
P8110164.jpg
空港小さいから、やることないのよね。

お土産みるとものすごく高い。ドライマンゴーもスーパーの三倍。日本と変わらないじゃない。
それでもみなさん結構買ってた。なんで?

何事もなく搭乗。
やっぱり、スクリーンのない小さな飛行機。

P8110169.jpg
そして、帰りの機内食も「ごめんなさい。ビーフはもうありません。」状態。
魚もおいしかったけど。もっと、ビーフを多めに積みなさい。

そして定刻に成田に到着。
P8110170.jpg
荷物、出てくるすぐのところで待つ二人。

そういえば行きも帰りも全体的に荷物はすぐ出てきたなあ。

やっとついたあ。

ということで

P8110171.jpg
やっぱりうどんよねえ。
一気に物価は跳ね上がるけど、日本はいいわね。やっぱり。

とか言いながら
さっそく、来年の旅行計画を立て始めるのでした。
もう候補は少しあって、
今年の反省を踏まえて早めに動きます。
若はだいぶ観光に興味が出てきたみたいなので(でも買い物は嫌みたい。)
来年こそは観光重視かな?でも姫はまだ、遊びたいみたいだし。
若が家族と嫌がらずに行ってくれるといいのですが。来年も。

スポンサーサイト

セブ島2回目子連れ旅⑤最後ののんびり

2015 - 09/16 [Wed] - 20:57

さて4日目。今日はホテルでのんびりと買い物とマッサージの予定。

朝も初めてビュッフェに行ってみました。1400ペソ子供700ペソ。若は大人料金。結構高い。

P8100136.jpg
プールサイドのレストラン。あまり暑くなく、気持ちよい。


P8100133.jpg
料理も豊富。パンの種類が少なかったかな。マンゴーもなし。

P8100134.jpg
朝から食らいつく若。彼は本当に痩せの大食いで気持ち悪いほど食べます。


食後はプールへ。
今日はスパの近くのプール。
そういえば、滑り台のあるプールの写真を撮り忘れました。
あまり滑らないんだけど、姫は研究してかなりのスピードで滑り、ほかの日本人の家族の気を引いてました。

P8100140.jpg
朝だからか、とっても静か。

P8100142.jpg
そして、今日はとてもいい天気。
セブは雨期なので、雨が多い時期ですが幸いほとんど雨は降らず。
その代り天気はいまいちで今までは曇りの時間がほとんどでしたが
4日目にして晴れました。

P8100141.jpg
こんなおしゃれなチェアもあります。
でも、パラソルはないのです。
何とか木陰をゲット。

姫は相変わらず、ほとんど水に浸かっておりました。
若は生意気にベッドで本なんか読んでんの。

若は6年生の終わりの方から、急に読書に目覚め毎日のように読んでます。
図書館にも通い、今回も誕生日プレゼントに祖父母にリクエストした
又吉直樹の「火花」も持参してこのベッドの上で読み終えてました。

去年の夏まではプールから出ない子だったのにねえ。

で、私も読書にいそしみ
(でも、リゾートに似つかわしくない半沢直樹シリーズ)
のんびり。

木陰とはいえ日差しも強いので足にはバスタオルもかけていたのに
かなり足が日焼け。上半身はラッシュガードで大丈夫でしたが。
東南アジアの日差しは侮っちゃいかん。

P8100143.jpg
プールの回りは客室で片隅にこんな場所。

メインのプールに移動してひと泳ぎ。
P8100147.jpg
そのプール側から望むプライベートビーチ。
天気がいいと景色もまた違う。


そしてゆっくり目の昼食。またカップ麺。昨日と違う味ね。

午後は部屋でのんびりして、若と姫が勉強している間に私たちは近くのマッサージ屋へ。
毎日通ったスーパーの建物の中にあります。

ホテルのスパの方が雰囲気あるけど、最近町のスパも
間違えなければ中々良いことに気付いた私たち。
便利な世の中、口コミ情報もあるので、今のところ失敗はないかな。
何しろ値段が桁違い。

マッサージ一時間700円くらいかな?

P8090128.jpg
入口にこんな張り紙が。
確かにホテルを出ると、おじさんたちが付きまとい、
頼んでもないのに、店までついてきて、マージンを請求するんだそうです。怖い怖い。

店の中は質素だけどこぎれいで
ハーブティを頂き、ペアルームへ。

夫は男性、私は女性のセラピストがほとんど無言で全身マッサージしてくれました。
時々、「ツヨイ?」とか「ダイジョブ?」とか片言の日本語で聞いてくれるのですが
日本語だとわかるのに時間がかかってしまいました。

途中、韓国の団体(といっても3,4人?)が騒がしくしてたけど後はリラックス。
しかも、1時間の予定が2時間近くやってくれてました。
最後にチップ袋おいていくところはさすがですが、それなりに入れましたよ。

サービスしてくれたおかげで買い物の時間が無くなり、あわてて帰って
三回目のマリバゴグリル。

P8100149.jpg
ちなみに道はこんな感じ。

P8100150.jpg
声かけてくる人々を無視し続けます。
本当は触れ合いたいけどね。

P8100153.jpg
安くておいしい赤ワイン。夫は何杯も飲んでました。甘口だけどおいしい。

P8100154.jpg
このクラムチャウダーもみんなのお気に入りで二日連続。小さいサイズで十分です。

P8100156.jpg
最後まで堪能させていただきました。

P8100159.jpg
ハロハロ。大きくて、食べきるの大変。

最後の夜も大満足でした。

セブ島2回目子連れ旅④ホテルでのんびりと

2015 - 09/14 [Mon] - 21:22

3日目。今日はのんびりホテルで。
朝食はルームサービス。


P8090072 (2)
テラスから見える眺め。目の前が池でその向こうは歩道。
何度も言いますが部屋からは見えません。窓がないから。

まずはプライベートビーチへ。

P8090075.jpg
小さな湾になってまして、向こう岸に小さい島が見えます。

P8090077.jpg
ビーチサイドはこんな感じでゆったり。後ろはビーチサイドのお部屋。もちろんここには窓がある。
そういえば、姫が持ってる浮き輪は大きすぎてプールでは禁止されてしまいました。なぜ?

小さな島へは遠浅なので歩いて渡れますが、ボートで連れて行ってくれます。

P8090091.jpg
小島からホテル側を眺めるとこんな感じ。左の建物は隣のホテルですけどね。

ここでもシュノーケリングしましたが、やっぱり魚は地味。

P8090101.jpg
こんなうにもいましたけどね。

帰りのボートは約束の時間に来ず、スタッフに聞くと「ランチに行っちゃった」
自由だね。

ビーチには
P8090102.jpg
こんな大きなチェス盤。意外と駒は軽い。

P8090103.jpg
外国らしい、大きな木も。いいですねえ。

次はプールへ。3つあったのですが、どれもそれほど大きくはない。

P8090107.jpg
レストランサイドのプール
P8090106.jpg
手前に滝みたいな場所があります。

ここのプール、なぜかパラソルがない。木陰を探すしかないのです。
ベッドも少なめで、行った時には埋まっていて、空きそうなベッドを探すのに一苦労。

ひとしきり遊んで(若は少し、プール遊びに飽きてきていて、姫はつまらないので友達を探して遊んでいる。)
部屋に戻ります。

お昼ご飯は昨日スーパーで買ったカップ麺。とお土産候補のお菓子。味見のため。

P8090104.jpg
麺はいまいちですが、スープはおいしかったなあ。カップヌードルなんかも売ってますけど
日本で買うより高いのでやめました。このカップ麺は25ペソほど。

夕方は目の前の池でサメの餌付けがあります。
P8090113.jpg
橋からのぞくと確かに小さなサメが二匹。

係員がお魚をもってやってきて、お客に配ってくれます。
それを池に投げるのですが

P8090110.jpg
サメではない魚ばかり集まります。サメは逆に寄ってきません。
そんなもんでしょうかね。

P8090116.jpg
泊まったお部屋はこんな感じ。雰囲気いいけど。窓はない。(しつこい)



昨日気に入ったマリバゴグリルへ今日も。予約済です。

P8090117.jpg
これはホテルのフロント。南国だね。

ここを通って
P8090118.jpg
ホテル正面入り口。ここのお兄さんに家族写真撮ってもらったけど
アングルなどよく考えてくれていい人でした。

ここを一歩出ると、タクシー、トゥクトゥク、ツアー、お土産・・・・・・・
ありとあらゆるものの客引きがいて怖い。
結構日本語がうまいからたちが悪い。

一切目を合わせず、「NO!!」と言い続けて黙々と歩くこと5分。
P8090119.jpg
マリバゴグリル。今日は予約席でちょっと高台。

そういえば、蚊が多いので(蚊取り線香炊いてるけど)行くときはしっかり虫よけが必要。
我が家は虫よけリングをして、スプレーもしていきました。完璧。

日が暮れてくると
P8090127.jpg
こんな感じ。いい雰囲気。
日本人多かったなあ。

P8090124.jpg
本日も、これだけたくさん食べてお酒も飲んで家族4人で1500ペソ3000円程(円換算は4500円ほど)

おいしかった。
で、またスーパーで買い物して早めに就寝。


セブ島2回目子連れ旅③無人島?

2015 - 09/06 [Sun] - 21:28

さて、2日目。
今回は朝食のつかないプラン。
毎朝、ビュッフェで太るので、朝は細々食べるほうがいいかも。と
ルームサービスで頼んでみました。

P8080021_2015090620014227d.jpg

テラスは広々していていい気持。眺めもまあまあいいのですが、とにかく部屋からは眺められません。
窓がないから。

P8080022.jpg
とりあえず、3種類のブレックファースト。
コンチネンタルとローカルとパン。
手前のかごのパンはこれで一人前。おかずは付きません。フルーツと飲み物のみ。

ゆったりいただいた後は
ツアーについていた、無人島ツアーへ。

ホテルのロビーに迎えが来てこのホテルからは12名。日本人ばかり。

最近、中国人や韓国人が多いので、逆に日本人ばかりって久しぶり。

バスで20分ほど揺られて船着き場。
P8080025.jpg
昨日まで、台風の影響で雨が降っていたらしく(実際夜降ってた)
今日も曇り。しかも行くはずだった無人島の周りは波が高くいかれないらしい。
別の島に行くことに。(説明もなんかいまいちだったが。)

P8080026.jpg
まずは浅瀬でこんな船に乗り、少し沖に行ってから乗り換え。

P8080030.jpg
曇ってますね。

P8080029 (2)
乗り換えたら、出発!
まだ、波も高くて船もバッタンバッタン。でも、姫は大喜び。
30分ほどで島へ。

P8080031.jpg
引き潮らしくて、岸はこんな感じ。

無人島は汚くて何もないと聞いてたけど
臨時で来た島はきれいで結構整ってました。

P8080034.jpg
こんな小屋が点在。でも、ここは韓国人の団体が予約済みだそうで、私たちは端の方にテーブルを出してもらいました。
ガイドさんたちには韓国人は評判悪いらしく、説明するとき「韓国人はねえ。」と顔をしかめてました。
で、この写真を撮ったのは

P8080038.jpg
こんな、小屋。基地みたいで楽しい。

少し休憩した後はシュノーケリング。
と、言っても、遠浅でしかもガイドさんも言っていたけど、魚はたいしていない。

P8080044.jpg
まあ、いるにはいるけど、地味。
水はきれいでした。でも、地味。

P8080048.jpg
ヒトデもいたし、サンゴ礁も。でも地味。
せっかく新しいカメラ買ったけど、性能試せず。

P8080051.jpg
でも、自分のシュノーケルセットを買った姫はご満悦で潜りまくってました。

だいぶ飽きてきたところでランチタイムのバーベキュー

P8080057.jpg
これが、かなりボリュームたっぷり。一人前でこれ。そして、魚も肉もおいしくておなかいっぱいだけど食べちゃった。
いつも魚をめんどくさがる姫もほぼ完食。
大食いの若ですら十分だと。(ガイドさんの気遣いでご飯はおかわりしたけど。)

P8080058.jpg
フルーツもたっぷり。マンゴーいっぱい!!

P8080053.jpg
お昼頃には晴れてきていい感じ。

島には物売りの親子などもいましたがしつこくはない。
でも、勝手に歌を歌ってチップを請求されるのは困るなあ。

少しのんびりして島を後にしました。

3時頃にはホテルに到着。
行きに乗り合わせた家族がお子さんの同じくらいに女の子二人で
大阪から来ていて、夫の住んでるところとそちらのお父さんの職場が近くて
話が弾みました。近くのレストランの情報なんかも聞けました。

夕方は軽くプールに入り、さっそく近所の評判レストランマリバゴグリルへ。

今回希望のホテルに泊まれなかったけど
このレストランとスーパーが近くにあったのはとてもラッキーでした。

P8080070.jpg
徒歩5分ほど。

P8080069.jpg
入口。

P8080066.jpg
マリバゴシェイク。紫芋とマンゴー。甘いけどおいしい。

P8080068.jpg
ローストリブ。

今回はこれくらいにして。
何しろ毎日通ったので、小出しにしますね。

食後はスーパーに買い出し。
ここでお土産も買えそうだったので、遠出はしないことに。
両替もそれほど悪くなさそう。

さあ、明日からはのんびり過ごしますよ。





セブ島2回目子連れ旅②直行

2015 - 08/30 [Sun] - 20:24

さて、旅行までに今回したことといえばシュノーケルセットを買ったことでしょうか。

いつも、行った先で借りるのですが、海外だからか大き目なものが多く
姫も子供用でも合わないのです。
そんなこともあって、シュノーケリングが好きではない姫のためにも
今回家族みんなで買ってみました。

それ以外は本当に何もせず。

今回飛行機は往復ともに直行便。セブは片道4~5時間なので楽です。

成田14時半頃発なので家を出発もゆっくり10時過ぎ。

いつもの駐車場が隣の会社に吸収合併されてしまったので
夫が別のところを探してくれました。

道は意外と混んでいて駐車場に着いたのは12時頃。
駐車場は建物が新しくトイレもきれいでよかったです。
旅行中に車を移動されることもないので、鍵も渡しません。
その代り、洗車サービスもなし。

手続きもかなり早く、送迎車で空港に着いたのは12時半前。
チェックイン開始時間12時半に間に合い、無事並び席をゲット。

しばらく日本食とお別れなのでラーメンを食べて出国手続きです。
私はタイミング悪いことに親知らずが腫れてしまい
ケナログを買って塗り続けてました。

今回第2ターミナルで行ったことのない奥まで。

P8070010_convert_20150830161349.jpg

これ、派手ですけどトイレの入り口。企業の宣伝用らしい。

P8070009_convert_20150830161443.jpg
入るとこんな。



P8070007_convert_20150830160916.jpg
トイレも広々。

なんて、トイレに感動してましたけど全体的に広々。でもゲートまで遠い。

P8070012_convert_20150830161529.jpg
今回の飛行機。
3列3列の小さいもの。

P8070013_convert_20150830161603.jpg
今回、私が新しいカメラを買ったので、姫に古いのを貸してあげたら
セブに着くまでに写真を撮りまくりです。
その変わり、着いたらあまり撮らない。飽きたのか?

飛行機が狭いのはいいとして、今回久しぶりに個人モニターなし。
それどころか、大きなスクリーンもなくイヤホンもなし。映画も音楽も聴けません。
フィリピン航空で成田からセブに行く方は気を付けてください。
そういや、乗ったらすぐ出るピーナッツも出なかったなあ。

P8070015_convert_20150830161649.jpg
そして、機内食は問答無用で「フィッシュ」鮭です。
私はたまたま、魚が良かったから
「サーモンください」と言ったら

「もちろん、もうこれだけです」のように言われてしまいました。
肉人気が高かったのでしょう。後ろ20人くらいは選択の余地なしでした。

飛行機はほぼ定刻の18時半頃到着。

荷物もものすごく早く出てきて入国手続きもスムーズ。
4年ぶりの空港も少しきれいになっているような気がしました。

さて現地添乗員に会う前に軽く両替。

前回は100ペソ200円くらいだったのですが、今すごい円安。
なんと100ペソ300円くらい。嫌だー。というわけで今回は奥の手を。

以前、円高で1ドルが80~90円の時期がありましたよね。

その時に現金でそこそこ円をドルに換えておきました。
ドルだと1ドルが45ペソくらいで、当時1ドル=90円以下だったので(85円くらい)
持ってきたドルをペソに換えると100ペソが200円以下になるのです。

今回これでだいぶ助かりました。

添乗員の方に迎えに来てもらい、空港から20分くらいでホテルに到着。

今回のホテルはマルバゴブルーウォータスパアンドリゾート

本当はまだ子供がいない頃泊まったプランテイション・ベイに泊まりたかったのですが満室。
仕方なくこの老舗ホテルへ。
しかも客室も「デラックス」という名の一番下のランクの部屋。

P8070017_convert_20150830161724.jpg
ロビーでチェックイン時だらける若と姫。

客室の口コミがあまりよくなく期待はしてなかったのですが、ホテルはいい感じ。

さて、いよいよ部屋に。
ホテルの紹介は次回に回します。

部屋は8部屋1棟の二階

P8070018_convert_20150830161750.jpg
いざ、入ってみると、

思ったよりいい感じ。部屋もまあまあ広いし、内装も落ち着いているし清潔。
風呂場は古く、水のでは悪く、少し塩っぽい。
口コミで知ってましたが、まあ、これも許容範囲内。

P8070019_convert_20150830161815.jpg
ね?決して悪くないでしょ?


部屋はロビーに近く通路に面しているけど、小さな池もあり、緑も多くロケーションも悪くない。

しかし、最大の欠点が


窓が開かない。


写真に格子の窓が見えますね?

これ、いわゆる、はめ殺し。開かないのです。

開きそうで、開かないのです。

部屋の中から外を眺めることはできません。バルコニーに出れば見られますが。

それ以外はとっても良かったんですけどね。

初日は、軽くルームサービスを取り(そんなに高くないのです。)
中々たまらないお湯を湯船に溜め
ゆっくり寝ることにいたしました。






セブ島2回目子連れ旅①行くまで

2015 - 08/27 [Thu] - 22:04

大変、ご無沙汰しております。
ブログのトップにしっかり広告が出張ってしまってましたね。

自分の記録のために始めたブログですが、SNSで簡単に記録できるようになってしまい
おまけにパソコンの調子も悪くなりすっかり遠ざかってしまいました。

でも、旅の記録だけはやっぱりブログに残そうと、帰ってまいりました。

で、今年の旅行ですが、若も中学生になってしまい、部活に振り回されることになるかと思いきや
最有力だった厳しい部活には入らず
少しゆるい、卓球部に入部いたしました。

若曰く、「中学はまだ家族の時間を大事にしたい。」と。ありがとうございます。

なので、夏の旅行も行かれると思ったのですが
一年生は希望者で臨海学校に行くシステム。
海で遠泳します。

それはいいのですが、日程が決定するのがほかの区内の中学と抽選をするので
5月の初旬になると。
結局、中旬になり、慌てて旅行の申し込み。

しかし、希望していた場所はホテルも飛行機もキャンセル待ち。

それでも、いつもは一週間くらいでOKになるのが常でしたが
まったく音沙汰なし。

仕方がないので、ほかの国で探してやっととれそうだったのがセブ島
日程も飛行機が混んでて一日短縮。

私たちは3回目、子供たちは2回目。
ホテルも夫と二人で行ったホテルがとれそうだったので
色々、メールで相談していざ予約となったらいきなり

「ホテルがいっぱいで取れませんでした」との回答。

今まで、メールの返信散々ゆっくりしておいて
最初にお願いした時から10日ほどたっての返事。

こちらは、返信がゆっくりだけど、部屋のタイプやら、部屋数やら聞いてくれてるから
てっきり取れるものと思ったら。

今から一から探したって、もうないから責任もって代案を探してくれとちょっと強気にお願いしました。

そしたらすぐ翌日、いくつか代案提示してきた。
やればできるじゃないか。
今まで何回かお願いして、良い旅行社だったので、がっかりさせないでほしい。
結局、場所はセブのままで、ホテルのランクを落として決定。
いやあ、焦りました。
それにしても今年は出足が早かったような。円安なのにね。

で、場所も日程も泊まるホテルも全く希望通りにいかなかったので
テンションも下がってしまって
ガイドブックも4年前のもので間に合わせてしまいました。

正直、のんびり旅にするつもりで本当にのんびりしてきました。

次回からボチボチ載せます。よろしくお願いします。

セブ島子連れ旅 6日目帰りとお土産

2011 - 09/12 [Mon] - 21:42

世の中すっかり9月。

さて、セブ島旅行最終回。

6日目。

今日は帰るだけです。

大人は朝5時半起床。
それぞれ、準備を整え、子供を起こす。
なかなか起きない。

5時に、パッキングをたのんだ朝食パック(弁当)を届けてもらう。

でも、とても食べる気にならず
まだ、半分寝ている若と姫を引き連れてチェックアウト。
長い廊下
こんな長い廊下をテクテクと。


すでにガイドさんはいるのですが
またしてもチェックアウトに時間がかかってしまいました。

バスに乗り、2つホテルでピックアップ。
若い女性の一人旅の人もいました。

ちょっと、あこがれる一人旅。

でも、やっぱりさびしいかな。
旅先での小さな感動を共有できないのも
ちょっとした事を話せないのもやっぱりつまらない。
私には海外一人旅は無理でしょう。

日曜の早朝だと言うのに、道は渋滞。
何だと思ったら

マラソン大会開催してました。

朝、6時に人がいっぱい走ってる。
そして、いっぱい応援してる。すごいね。

それでも6時過ぎ、空港到着。

いつもならツアーガイドさんがチェックインまで
面倒見てくれるんだけど
今回はその前で「さようなら~」と言われてしまいました。

おまけに、なぜかチェックに夫が引っかかってしまい、
夫が持ってたスーツケース、全部お披露目。

小さな袋まで開けさせられて、時間のロス。
閉めるのも大変だし、帰りは。ぎゅうぎゅうで。

まあ、特にお咎めもなく(当たり前だが)
やっとチェックイン。

それでも、遅い方ではなくて並び席をゲット。
一安心で朝食タイム。
帰りの弁当
これで一人分。二人分用意してくれてました。
4人で食べきれず、少し破棄してしまいました。すみません。

ここでも、トイレは半分が故障中。
国際空港なのに。
日本では考えられませんね。

じゃあそろそろ、入国審査ゲートを抜けると。。。。

またしても夫だけ引っかかる。

どうやら、
手荷物リュックに入れた折りたたみ傘が
この国では持ち込み禁止らしい。

他にも何人か、傘で止められてました。
同じ時に。

私はたまたま、スーツケースに移し変えててセーフ。

夫はあわてて、チェックインカウンターまで戻り、何とか荷物室に預けることに成功。

そんなこんなであっという間に搭乗時刻。

そういえば今回のお土産

miyage2.jpg
これはオタップと言うパイ菓子。フィリピンの伝統菓子だそうです。
おいしいけど少しぱさつく。

もう一つはお茶。体にいいハーブティ。確かに薬っぽい。


miyage.jpg
左からマンゴーボール。マンゴーの味100%のソフトキャンディ。
見た目はいまいちだけどおいしい。

そして、ドライマンゴー。びっくりするほど安い。

一番左が水で溶かす、マンゴージュース。
これ、侮れない。マンゴー味ばっちりで子供たちには大好評。
スーパーで地元の人が結構買っていたので買ったら正解でした。

またしても、こんなローカルなお土産を買い満足満足。

帰りの飛行機もまた
凍死させたいに違いないほど寒い室内。
だけど、早朝より起こされた姫と若はすぐおやすみ。

帰りの飛行機
この後姫はちゃんと起きて機内食をお菓子中心に堪能してましたが
若は相変わらず、ぎりぎりまで寝てました。


飛行機は日本時間午後1時半ごろ到着。

いやあ、この日は関東地方は涼しくて驚きましたが
おかげで楽でしたね。

ああ、楽しい旅行もあっという間。


今年の旅行の変化は
子供二人でプールで遊んでくれる時間が増えたこと。
もちろん、監視は必要だけど、子供プールなら密着していなくてもいい。

あと少しすればプールサイドで優雅に本を読む
なんていう、憧れのリゾートスタイルも夢じゃないかも。

でも、そうなると子供の方がもう
親と旅行に行きたがらなくなりそうですね。

そういう意味では親子ともども
家族旅行を楽しめるのも
そんなに長くないのかもしれませんね。
今を大事にしないと。

まあ、まだ数年は私達も元気だし
子供たちも楽しめそうなので
十分満喫したいと思いますが。


そして、
来年の行き先を考えながら家路についたのでした。



セブ島子連れ旅 5日目 リラックス?

2011 - 09/08 [Thu] - 21:50

5泊6日の旅も終盤。

明日は帰るだけなので恭賀最終日。

最終日は大腿ホテルでのんびり。

朝は最後のビュッフェ

ビュッフェ会場
内容はさほど変わらないけど、種類の多い、ビュッフェレストラン。

ビュッフェ豪華
朝からこんなに食べてたらそら、太るね。


ベランダから2
今日もいい天気。毎日雨は降るけどほんの短時間。
おかげで、久しぶりに足が日焼けで皮むけた。


そして、場所をとるために8時前からプールへ。
プールに向かう
プールに向かうところ。

今日はプールだけでなく海にも。

プールから海
プールから海に向かう道。いい景色。


ホテルの海岸
ホテルの海岸は狭いです。


ホテル海岸でてきた
時間によっては少しビーチになります。

こわごわえさ
こわごわえさをやる姫。ここも浅瀬。


魚は多いけど、地味なものばかり。


変な魚
こんな変な魚もいました。


シュノーケルもカヌーもただで借りられます。



カヌー
夫と若がカヌーこいでます。





水中バーで
お昼は水中バーで。食事中すごいスコールが。屋根の下でセーフ。

1時過ぎまで満喫して、プールと海に別れを告げました。

そして、今度は大人と子供別行動。



続きを読む »

セブ島子連れ旅 4日目買い物とプール

2011 - 09/06 [Tue] - 20:28

もう折り返しちゃった4日目。

今日は一昨日行ったガイサノグランドモールへ
お土産と、家族の服などを買いに。

グランドモール入り口
入り口には軽微の人が銃を持って立ってます。

エントランス
広々ショッピングモール。
おくのデパート、スーパーは入るとき
大きい荷物は預けないと入れません。物騒なのでしょうか。

ここは、出来て数年ですがトイレがひどい。

女子トイレは6つ中4つが壊れてました。
だって、扉がないところもあるんですよ。

まずはデパートで
若のリュック、夫のサンダル、姫の服、サンダル、アクセサリー
私のサンダル、サマードレスを購入。

やはり物価は安いです。
でも、作りは少しちゃちかな。

姫は目を輝かせて、カチューシャやネックレスを選んでました。

お土産の石鹸も購入。パパイヤいいかおり。

ここまでで午前終了。

中華のファーストフードで昼食。
この頃、朝食バイキングが豪華すぎて
みんな、あまりおなかが空かなくなってました。

午後はスーパーでお土産探し。

面白いものがいっぱいあって
観てるだけで楽しいのですが
夫も子供もまったく興味なし。

もっとじっくり眺めたいけど
お土産を選び終わった夫はすっかりくたびれてる。
仕方ないので、夕食を買ってホテルへ。

ジョリービー
フィリピンではポピュラーなジョリービーと言うハンバーガーショップ。
ホテルに帰って、においをぷんぷんさせてました。

ロービーで
危なく持ち込み料を取られそうになりましたが
なんとか、見逃しセーフ。

セブのファーストフードは
中華だろうがハンバーガーだろうがパスタだろうが
なぜか必ず、チキンとライスのセットがあります。不思議。


午後はプールへ。
プールのベッドはいつも混んでますが
さすがに3時を回ってたので空いてました。

流れるプール
ゆったり流れるプール。


キッズプール
キッズプール。
去年まで、親がいないと入らなかった姫も
今年は自分ひとりでも入っていって遊んでました。

そして、言葉の通じない韓国人の子供と
なんとなく、一緒に遊んでました。

それをプール近くのベッドから寝そべって眺める時間が
ついに出来て、感動!

まあ、浅い子供プールに限ってですが。

バケツ水
たまった水がこぼれてきます。待ち受けてる若。


スライダー
3台のスライダー。
このうち2台は11歳からなのですが
9歳の若は年の割には大きいのでおとがめなく滑ってました。
(なぜかたまに、とめられたけど。理由はよく分からず。)

いい年してスライダー好きな夫も若と楽しんでました。

まあ、私もいい年して結構滑りましたが。

プールから部屋
ここは、ホテル側のプール。

赤丸が、わが部屋。低いねえ。今年も。

飽きもせず7時頃までプールにつかり
またしても、夜のプールまで満喫。

若の今年のプール目標は平泳ぎ25メートルなのですが
それも、だいぶ上達。
(いつも足があおり足だったり、リズムが悪くて落とされている。)

成果はあったようです。

お風呂に入り
せっかくの電子レンジを使い
ジョリービーのハンバーグとチキンを頂きました。

部屋はカードキーで
毎回、姫と若が交代であけてました。
開けられないほうは
毎回、廊下に突っ伏して悔しがる
という小芝居をしてから
部屋に入ると言う面倒くさい儀式がルーティーンになってました。

しかし、部屋が広いと食事も取りやすい。
スイートルーム、癖になりそう♪
(ダメダメ!!)

セブ島 子連れ旅 3日目 島へ

2011 - 09/04 [Sun] - 14:01

セブ島と言えばきれいな海。
そして、魚。

そんな魚を求めてアイランドホッピングがさかんです。

今回の旅行の唯一の計画、3日目はアイランドホッピング。
と言ってもいく島はひとつだけですが。


まずは、朝気合を入れて早起き、6時。

昨日のように窓のないホールで食事しないように
6時半にレストランへ。

当然空いてました。
でも7時過ぎには結構混雑。

朝食後準備をして9時前にロビー。

今回アクアマリン・オーシャンツアーズと言う会社に
日本で予約をしていきました。

日本人経営の会社でタオルの用意などもあって楽そうだったので。

お迎えのドライバーはすぐに見つかり車に乗り込みます。
でも、後1組来るそうで、車内で待ちました。

でも、15分たっても現れない。

何度もドライバーさんが見に行き
何とか20分後、父母娘の3人家族が合流。

私達が待っていたのもわかっていただろうに
3人とも一言も謝りもせず車に乗り込みました。

中学生ぐらいの娘は父に
「だからこっちから探さなきゃいけなかったんだよ。」
などと怒ってました。
どうやら、ロビーではなくレセプションの待合みたいな所にいたようで。
この家族この後も迷惑でした。しかもなぜ謝らない。

車は10分ほどでビーチクラブへ。
ここで、手続きをして
まずは、バナナボート!!


のはずが

あの遅れた家族のせいで
島から帰ってきた後になってしまいました。

先に、船に乗り込みます。
しかし、なかなか出航しない。

そうしたら

またしてもあの家族が乗り込んできました。最後に。
どうやら、バナナボートはあとだ。
と言われたにもかかわらず
先に乗りに行ってしまったよう。

そして、また謝りもせず乗り込む3人。

まったく。

でも、海はよかったです。
行きの船


まず、船で30分ほど。

島の近くのポイントでシュノーケリング。

姫は「こわい~。」と中に入らず
一人で小屋の中で待ってました。
(でも、おしっこしたくて兵器で海の中で用を足す図太い姫。
若は出来なくて我慢してましたもの。)

そして、今回活躍したのがカメラ。

ついに水中デジタルカメラを買ってしまったのです!

リコーのPX

デザインはシンプルですが使い勝手はいいし
画像もきれい。

シュノーケル
魚はいっぱい。

魚の大群
こんな大群もすぐ足の下。



魚と一緒に
若もえさをあげて喜んでました。

ひとしきりもぐった後はいよいよ島へ。

でも、なんだか天気が悪く雨が降り出しました。

島
島はこんな感じです。

さあ、食事。

お昼ごはん
お昼のプレート。
肉と魚満載。かなりの量でした。

デザート
マンゴー、パイナップル、バナナ。
姫の分はたのまなくて正解でした。

食事の後
しばらくしたら天気もよくなってきました
島の海岸でまたシュノーケリング。

ここは遠浅で姫も喜んで入りました。

すぐ魚
海に入ったとたん、魚。姫と。

遠浅
この辺でも十分脚がついて、島の写真もばっちり。

遠浅2
姫も余裕で歩けます。


十分、楽しんで
また、船に。


やっといい天気
このときが一番いい天気だったかも。



帰りの船
帰りの船。皆さんお疲れ。

ガイドのお兄さん
ガイドの日本人のお兄さんもたそがれてました。

船で寝る
そして、もちろん姫は熟睡。若はぼんやり。

岸に着くと、今度はバナナボート。

乗るのは私達だけだったので
子供用に速度を落としてたっぷり楽しませてもらいました。

初めて乗っちゃった。

ホテルに帰って
もう外に出るのも面倒なのでルームサービス。
何しろ、ホテルを一歩出るとそこはもう市民の生活の場。

とても観光地とは思えません。
雑貨屋やお店はあるのですがとても入りにくい。

以前来た時は、それでも買い物したのですが
子連れではちょっと気乗りせず。

かといって、タクシーで。。と言うのも面倒くさくて。

パスタとフィリピンのスープとピザをたのみました。
まあまあ、おいしかったのですが

スープはすっぱい。梅みたいでした。
運んでくれたスタッフが
「どうだった?」と興味深そうに聞いてましたが。

夜は飽きもせず、ホテルのプール

夜のプール
夜は日焼けの心配がなくていいです。


水中バー

水中バーも、ムーディでした。

1時間ほど泳いでこの日もすぐに寝ました。

 | HOME |  »

プロフィール

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。