家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > 2009ドラマ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 夏ドラマ 少しだけ

2009 - 09/08 [Tue] - 22:42

いやあー。今回は結構少ないのです。観てるドラマ。

ブザー・ビート、華麗なるスパイなんかは早々にやめてしまいました・・。


それなのに、またしてもHDDに録るだけとって、
ぜんぜん追いついてないのです。

その中で唯一追いついてる2つの感想。

ダンディ・ダディ
これって、終わっちゃいましたね?
打ち切り?視聴率悪かったようで・・・。

恋愛小説化の父親が男手ひとつで育てた娘の恋愛を心配する話。

確かに舘ひろしは豪華だけど
娘役の子と彼氏役の子は旬な方なんですか?
(石黒英雄って名前も地味だし、なんだか合ってない気が。せっかくかっこいいのに。)

そして、最初の5話らいは毎回パターンが同じ。
要所要所は面白かったけど、夫も途中で飽きてました。

最近やっと、違う展開が・・。と思ったら。
なんか残念。

新垣結衣との親子のドラマパパとムスメの7日間」のほうが、ずっと面白かったな。


任侠ヘルパー

これは結構おすすめ。軽くネタバレありますが↓。

ヤクザの組長たちが、幹部候補研修で老人の介護施設にヘルパーとして入る話。

最初、コメディかと思ったら大間違い!!
かなり、重いドラマでした。


でも、

実際老人の施設で働いてる私にとっては、設定に無理がありすぎ。
職場のヘルパーさんも、初回を見てあまりのむちゃくちゃに観るのやめてました。


たとえば
いきなり何の予備知識もない素人が
同じ施設に6人も研修に入ったり。(入られた施設のスタッフは大わらわなはず。)

その研修生が全員、同じシフトだったり。

利用者が入ってくる当日までスタッフは利用者の履歴を知らなかったり。

休憩時間がかなり多かったり。

スタッフがかなり勝手に自分の判断で働いていたり。

草 剛の彫り物の隠し方がかなりゆるかったり。

黒木メイサのようなきれいで若い組長なんかいるはずもないこと。


まあ、目をつぶりましょう。


でも、結構、胸にジーーンときます。
納所中後の後遺症の夫にお手伝いのように扱われる妻。
でも、愛情で結ばれている夫婦の老々介護。

寝たきりで目の見えないわがままな母親の介護で
自分の人生が台無しにされている娘の話。

孫に虐待を受けながらも、感謝している軽度認知症の祖母の話。

いまだに、女性にセクハラ行為を働くが
かつての初恋の女性に再会し、告白をしようとするがかなわぬ老人の話。

忙しい家族が施設に面会にも来ず
施設の利用者やスタッフに見守られ、亡くなっていく老人の話・・。
でも、息子も決して父親を嫌いなわけではなく、
仕事に追われていかれなくて・・。

高齢化社会を迎えている日本で日常的にあるであろう話。
きれいごとでは済まされない現実。

結構、リアルにあらわされてると思います。

それに任侠というのがちょっと無理があるけど。
だけど、草 剛はうまいねえ。


そして、それらは自分たちでも避けられない未来。
私の職場でも似たような話は沢山あるし
もっと、すごい話もあるのでここまではいいけど、

経営者の夏川結衣が若年性アルツハイマー型認知症になってしまうあたりは
ちょっと苦しいです。

だって、まだ小学生の一人息子がいるのに~!
この息子がまた健気なんだなあ。

そんなわけで、結構涙してみているドラマなのです。


後何本かのドラマはまだ、ぜんぜん追いついてません・・。

スポンサーサイト

冬ドラマ。お気に入り

2009 - 03/05 [Thu] - 19:45

今回のドラマは私にとっては少なめ。
そして、どれもお気に入り。

今回は、とか不思議が多かったですね。

ヴォイス~命なき者の声~
法医学物ですね。
亡くなった方の解剖を通して、その人のメッセージ、生活、思いを
瑛太が解き明かしていく・・。

出てくる遺体の方の思いがたいていやさしいもので
それは夫に対してだったり子供に対してだったり
中には見知らぬ子供対してだったり。

実際にはそんなきれいなものばかりではないでしょうけど
なんか気持ちがきゅんとなるドラマです。

矢田亜希子は相変わらずきれい。
稼がないとね。


トライアングル
25年前、小学4年生だった女の子が殺された事件。
その犯人を見つけようとする医者でインターポールの同級生の話。

これ、謎だらけ。
毎回、謎が増えていく。
少しずつ、その謎も解き明かされてるけど。

でも、江口洋介35歳で広末涼子も同じ年くらいの設定?
実年齢知ってるので、なんか、違和感。
しかも、広末涼子なんか、かわいくない。

出演者は豪華で目が離せません。
谷原章介、ラブシャッフルにも出てて、大変だろうなと思ってたら
案の定、もう、出ない可能性の高い設定になってしまいましたね。

稲垣吾郎と北大路欣也の親子の秘密が一番気になるところです。
だって、警察のお偉いさんの欣也、行動が怪しすぎ。

後はいつも怪しい大杉連。



キイナ~不可能犯罪捜査官~
これは、同じ警察物でも、不思議な現象を解明する話。
しかも、実話に基づいてるらしい。

主人公の刑事キイナ(菅野美穂)は見た目、冴えないけど
すごい能力の持ち主。目で見たものを一瞬で、覚えてしまう。
学生の時、そんな能力あったら、便利だったろうな。
といつも思ってます。
その能力を駆使して、事件を解決します。

働きマンのときの上司、沢村一輝が今度も上司。
でも、今回はクールで影を持つ人。
久しぶりのシリアスな役ですね。




ありふれた奇跡
このドラマも、豪華出演者。
死のうとしたことのある若い男女が、
駅で電車に飛び込もうとした男性を助けたことが縁で知り合う。

大きな事件が起こるわけではないけど
静かに、本人たちには重大な小さな出来事が起こっていく。
結構、仲間由紀恵が抱えるものは深刻で考えさせられる。
加瀬亮に「考えて。簡単に決めないで。」という気持ちがわかる。

このドラマ、すごく不思議なリズム。
実生活にはないせりふの言い回し、間。
(ある意味、『渡る世間は鬼ばかり」みたい。)
どたばたではないけど、なんか面白い。

しかし、仲間由紀恵はかわいいねえ。



ラブシャッフル
今回のドラマの中で一番ありえない設定。

恋人を変えていくなんて、ともすれば軽薄な感じになりそうだけど
さすが野島伸司。
全体のトーンが暗い。
それぞれの登場人物が、暗い過去や背景をしょってる。

トライアングルで出なくなった谷原章介が
やはり、こちらでは要の役。

玉木宏顔好きだな~。
そして、香里奈。
生まれ変わるなら、香里奈だなあ。

でも、松田翔太が段々3枚目になっていくのは気のせいでしょうか。


もう、クライマックスですね。
楽しみ。

 | HOME | 

プロフィール

koyuky

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。