家族との時間も自分の時間も大事。そんなアラフォー子持ち人妻のどたばた日常。

  何ができるかな。のナビゲーター   トップページ > コタキナバル  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コタキナバル子連れ旅⑧帰りのハプニング

2008 - 05/28 [Wed] - 21:33

長々と更新してきていよいよ最終回。

最終日は午後7時半の飛行機でクアラルンプール。
乗り継いで11時30分にクアラルンプールを離陸。
翌朝の7時40分に成田着の予定でした。

ホテルは夜6時半のレイトチェックアウトだったので
送迎の来る5時までのんびりホテルで過ごしました。

さて、順調に空港に到着してガイドさんとも別れ
時間もあるので結構広い空港をぶらぶら。
軽く夕飯も食べました。

搭乗ゲートで待っていると
搭乗時間になにやらアナウンスが。
まずはマレー語で。

すると、急に現地の方々ががっくりした表情でサーっと席を立っていきました。

何事?と思っていると英語のアナウンス。

テクニカルトラブルのため離陸が1時間遅れると・・・。

そしてなんだかんだと2時間も遅れてコタキナバルを出発したのでした。


クアラルンプール到着は11時半を少し過ぎてました。
急いで、乗り換えなきゃ!!と思っていたら、
飛行機を降りたところでマレーシア航空の職員のおじさんが
to NARITAのカードを持って立ってます。


・・・・・・・なんか。


・・・・・・・・・・・・・・やな予感。



そう、


なんと


成田行きの飛行機がもう離陸していたのでした!!



もちろん、今日のフライトはもうありません。
空港のホテルに泊まって
翌朝(といっても、午前11時)の飛行機に乗ってくれというのです。



選択の余地はありません。
他に男女3人のグループとともにマレーシア空港のおじさんとチェックイン。

なんと、ゲートのそばにトランジット用のホテルがあるんです。

すっかり眠り込んでる姫と何とか起きている若をつれて
シングルの部屋に夫と分かれて入りました。

スーツケースの荷物は出せないので持ち物は手荷物だけ。
姫の紙おむつの予備をもらって、
夜中の2時に就寝。。。

夫はビールを所望したけど、却下されてしまいました。。

結局ベッドから姫が落ちそうで、ろくに寝られませんでしたけど。

翌朝、朝食チケットを持ってレストランに行けば
期限切れで受け取ってもらえず
それを取り替えるのに30分以上もかかるという落ち度付。

そして、何で外国人は謝らないの??

やっと飛行機に乗っても、リクエストしたチャイルドミールも通っていない。

どういうこっちゃ。

一緒に乗り遅れたおじさんは、たいそうご立腹で
「絶対クレームつけてやる!」といきまいてました。

余談ですが、このおじさん。
私の最初の職場でたまに一緒に働いている方でした。
私が最初に気付いて、声をかけたら向こうも覚えていてくれました。

世の中狭いですね~。


その後の飛行機は順調で
姫も昼寝をしたり、絵を描いたりでおとなしくしてくれて
また、映画を堪能できました。

しかし、若はアメリカのアニメにはまり同じものを5,6回繰り返し鑑賞。
そのせいで気分が悪くなり吐いてしまいました。
(偉いのは吐いたのがトイレと降りてから。乗客には迷惑かけませんでした。ほっ。)

しかし、同じものをよくもまあ繰り返して、しかも英語。
これに懲りて
「若ちゃん、もう飛行機でテレビ見ない。」だって。


ようやく家に着いたのは夜の9時。
最初の予定から12時間遅れ。

本当は朝に着いて片付けしてゆったり休んで翌日の仕事に備えるはずだったのに・・。
おかげで次の休みまで片付け出来ませんでした。

まあ、翌日から若も姫も元気に保育園にいけたのはよかったですが。

そして結果的には
子供にとって夜中より、日中のフライトの方がよかったかもしれません。
クアラルンプールの空港内の窓のない部屋なんていうのも泊まる経験できたし。
(カーテンあるのに、開けると壁なのです。)
クアラルンプールの空港は大きくて楽しめたし。

子供も段々旅を楽しめるようになってきたし
(姫はまだ、旅行の実感はないでしょうけど)
これからもこんなハプニングも含めて旅行を楽しむ所存です!!(前向き)


スポンサーサイト

コタキナバル子連れ旅⑦食事・買い物

2008 - 05/27 [Tue] - 20:10

やっぱり物価は安いです。

通貨はリンギットですが1リンギット=30円くらいでした。

でも学生時代に行ったときより物価は上がってるようです。

コタキナバルはそれほど観光地化されてないと思います。
グアムやバリに比べると。

なので、あまりお土産もないんですよ。
みんなのものも自分のものも。

結局大量のマンゴーグミとサバティとボーティ(こちらでは有名な紅茶)を買ってきて配りました。
このマンゴーグミはすごくマンゴーで(どんな表現・・・・)
マンゴー好きにはたまらない味で、結構好評でした。
マンゴーグミ

自分用には調味料を購入。面白い味が安いのです。


さて食事ですが。

さすがホテルは日本のホテルに近いお値段。
朝食はビュッフェで、ツアー代金に含まれていたのですが。
結構種類も多くおいしかった。

でも、量は多いの。
ビッグバーガー

プールサイドレストランでたのんだビッグバーガー。
向こうの若と比べたら大きさ分かりますよね・・。
家族4人で何とか食べました。ギャル曽根呼びたかった・・・。


町のレストランにも入りました。
ネットの口コミで評判のよかった双天という店。
屋台のようなところですが
自分たちで魚を選んで調理してくれる海鮮料理店。
双天の食事

おいしかったけど、すごい量。特にえび。食べ切れませんでした。
でも、家族4人で3000円くらいかかったので、(アルコールも込み)
マレーシアとしては高い店でしょうね。

シャングリラ タンジュンアル リゾートを選んだ理由の一つ
「屋台村が近くにある」

ってなわけで、2日連続夕飯は近所の屋台に行きました。
近所の屋台

2日とも、横殴りの風、大雨に降られましたが。
海岸沿いなので暴風雨。
でも、地元の方々は慣れたもんで、さっと片付け、食事も続けてます。

ここは、まさに地元で、何とか英語の表記があるところで食べました。
お店の人は親切で食べたいものを食べられました。

フレッシュジュースも豊富で1杯100円ほど。
私たちはバリバリ食べ、氷が入ったジュースもじゃんじゃん飲みましたが
誰もおなかも壊さず堪能しました。

それでも家族4人で1000円ちょっと。

最初はドキドキしましたけど2回目はもう慣れたもの。
「やっぱり旅行は地元に触れなきゃね~」
と夫と話してました。

そして、みんな本当に子供に優しいんです。
豪雨が降っておびえる姫にも優しく話しかけてくれます。

子供がいるとふれあいも多いですね。

コタキナバル子連れ旅⑥サピ島

2008 - 05/25 [Sun] - 23:00

観光はほとんどしませんでしたが、3日目にサピ島に渡る予定でした。

でも、当日朝食時にいきなりの大嵐。

出発時間を1時間遅らせて迎えの車に乗ったのですが
サピ島はまたまた大雨だと連絡が・・・。

やむなく4日目に変更したのでした。

4日目は曇りながら何とか決行!

島まではモーターボートで15分くらいでしょうか・・・・・・・。

このボート。



ものすごくゆれる・・・・いや! 跳ねるのです!!
島に着くまでに全身ズブ濡れ。



若はテンション上がり大はしゃぎ。
姫はテンション下がりお人形さんのように固まってました。

わざと跳ねてないか?このボート。
お兄さん、わざと?

サピ島親子

まずは、海を眺める夫と若。

海はきれいでしたが、透明度がいまいち。
ガイドさんによると、連日の雨で透明度はいつもの半分以下だそうで。

それでも足のつくところでえさをまけば魚は集まってきました。
小さいのや大きいの。でも地味。

しかし、こんなマジかで初めて魚にえさをやった若は
すっかり、とりこになり、ずーっとえさをやって喜んでました。

サピ島木陰

岸はこんな木陰で、テーブルが並び、おいしいバーベキューいただきました。
ちゃんとトイレやシャワーもありますよ。

サピ島木陰から海

木陰から見る海もなかなか、いいものでした。


姫は2回目の海。
波が怖くて、くるぶしより深くは入れず、
波から逃げまくってました。

専ら、砂遊びに専念です。
午前中目いっぱい遊び
さて帰りのボート。




また跳ねる跳ねる。

お尻や腰までずんと来ます。
掴まってないと、飛ばされそう。
私はしっかり姫を支えてましたけど
そんな姫は途中で寝てました。

すごい神経です。大物の予感。


思ったより、魚も少なくナイスタイミングではありませんでしたが
海は満喫でした。

あのボートだけでも、下手な遊園地のアトラクションより
よっぽど、スリル満点でございますよ。

コタキナバル子連れ旅⑤キッズクラブ

2008 - 05/24 [Sat] - 20:51

ホテルにはキッズクラブが併設されてます。

キッズ倶楽部

かなり広いスペースでおもちゃもいっぱい。

キッズ倶楽部ベビー

姫ぐらいの子供にも楽しそうなスペースが。

4歳以上の子供なら夜8時まで預かってくれます。無料です。
色々なプログラムがあり、若も工作や虫取りに参加しました。
その間、姫だけ連れて買い物にもいけました。
でも、もちろん全部英語。

今まで感じなかったようですが
さすがに若も5歳になり
言葉の壁を感じて最後の方は
「日本語の通じるところに行きたい!!」と叫んでました。

でも、
相変わらず前向きで
「若ちゃんね、変な英語でも不思議と通じたよ!!」と喜び

「もっと話したいから、英語習う!!」と。

姫は保護者同伴なので
最終日は交代で姫を遊ばせながらマッサージを受けました。
エステは日本並みの値段でしたが
マッサージは安くてよかったです。

外にも遊具が結構あり、子供たちには満足でしょう。
自転車や車の遊具の貸し出しもしてました。

コタキナバル子連れ旅④ホテルライフ&スケジュール

2008 - 05/23 [Fri] - 20:13

ゆったりスケジュール

1日目成田出発夜到着。ホテルをぶらっとして就寝。

2日目午前プール、午後休んで夕方町へ。

3日目午前若を預けて町へお土産買いに。夕方プール。

4日目サピ島へ。夕方若と夫はプールへ。

5日目午前はキッズクラブ。交代で親はマッサージ。午後プール。
                夜、空港へ。乗り継いで成田のはずが・・・・。
6日目朝ただいま!のはずが・・・・。

本当はオランウータンも見たかったのですが
雨でスケジュールが上手くいきませんでした。

ホテルはのんびり出来ましたよ。
海沿いに散歩コースもあり、朝は夫婦で歩く方も多数。
スポーツクラブも朝から盛況でした。
庭からホテル

正面に見える建物の最上階に泊まりました。最上階って7階だけど。

プールも思ったより広くて、プールサイドに寝そべりながら本を読む・・・・・・
なんて時間は1分もありませんでしたがね。

怪獣2人がプールに夢中だったから。
波も出ないし、流れないし、滑り台もないのに
なんで、あんなに浸かってられるんでしょうね。
(姫なんてまさに、温泉に浸かるおっちゃんみたいでした。浮き輪で。)
そういやプールのいい写真がなかったわ。

もう1つ、ゆったり出来なかったのは
中国と韓国の団体客がうるさかったから。

韓国のおば様方は、ネットの張ってあるプールで
2時間くらいバレーボール
キャーキャー!ワーワー!
すごいパワーです。

別に中国韓国だからってわけじゃないけど、
やっぱり団体客は騒がしい・・・・。

プライベートビーチも少しありました。


でも、はっきり言って海はそれほどきれいではなかったです。
近くで見るとね。
ホテルバルコニー

部屋からはこんなバルコニーから海を眺められます。
壁についてるのは引っ張り出すと物干しになります。便利でした。

隣のおじさんたちがバルコニーでまたずーっと大笑い。全く。

ホテルのスタッフはみんなフレンドリーでした。
姫はお部屋掃除のおばさんにも一人一人挨拶してました。

コタキナバル子連れ旅③シャングリラタンジュンアルリゾート&スパ

2008 - 05/22 [Thu] - 20:12

今回の宿泊はシャングリラタンジュンアルリゾート&スパ
今回写真少ないです。

空港から近く、町へもタクシーで10分。
近所に屋台もあって
近くの島への船も出ているし。

最近改装したばかりだというし。

建物はタンジュンウィングとキナバルウィングの2つからなり
私たちは早く予約したのでランクが上のキナバルウィングに泊まれました。

子供二人はノーベッドプランにしたのですが
部屋に着くとクイーンズサイズのベッド2つとエキストラベッドが用意されてました。
ホテルの部屋

若はエキストラベッドに寝たので広々寝られましたけど
部屋は少し狭く感じました。でも充分。


ホテルからのシービュー

今回は本物のシービュー。窓からの景色です。
「本物」って、今までシービューといいながら
窓から覗き込まなきゃ海が見えないシービューもよくあったので。

やっぱり窓いっぱいに広がる海は気持ちがいいです。

ただ、今回曇りや雨が多かったんですよね。
おかげで、このホテル名物のサンセットを一度も見られませんでした。。。。。。


フロント、玄関部分は風が吹き抜ける構造で
やさしい音楽で迎えてくれます。

前回書いたように着いた時はホテル停電中。
自家発電で何とかまかなう状態。
しかも、何のお知らせもなく。

部屋は暑くて、思わず、到着後すぐホテル内散策に出ました。

夜だったのでホテルの中華で食事を取り部屋に戻り
お風呂に入って、みんなすぐグッスリです。


お風呂はシャワーブースと浴槽が別になっていてゆったりしてました。

ホテルからのプレゼント

これはホテルからのプレゼント。
かわいい亀のぬいぐるみはすぐ二人の遊び道具に。
後はビーズのネックレス。

次回はホテルライフを紹介します。

子連れコタキナバル②日程&行き

2008 - 05/21 [Wed] - 20:12

日程は5泊6日。ゴールデンウィーク明けに行ってきました。

姫が生まれて2回目の海外旅行ですが
空港までは車にしてます。
民間駐車場に預かってもらうのですが
子連れで荷物の多い我が家にはぴったりです。
運転手は大変だけど楽です。

今回往復マレーシア航空。
行きは直行便、帰りはクアラルンプール乗換え便(これが後に大きなトラブルに。)
海外の航空会社はサービスに期待できませんが、今回もまあまあでした。
でも、座席に個人のモニターが着いていて好きな番組を好きな時間に見られるのはよかったです。

飛行機おもちゃ

行きにもらった筆入れとノートのセット。
直行便は5時間半ですが
姫は比較的おとなしく途中昼寝もしてくれて楽でした。
↑のお絵かきセットでおとなしく「アンパンマン」を書いていてくれて助かりました。

若も、ゲームに夢中。私も映画を見られて充実してました。

11時に離陸した飛行機はほぼ定刻にコタキナバルに。
時差は1時間。これも楽ですね。

空港からは車で10分ほど。
ホテルに到着までは非常にスムーズでした。

でも、ついたとたん、ホテルは停電で暗いし暑いし。でした。

ホテルについてはまた次回。

コタキナバル子連れ旅①行き先決定

2008 - 05/20 [Tue] - 20:11

去年、結局夏休みを取れなかった我が家。

ようやく、夫も休みを取れることになり
早速パンフレット収集!!

そして行ってきましたコタキナバル。

って、どこ?

と、思われるかもしれませんね。


コタキナバルとは
マレーシア本土の東にあるボルネオ島の北にある地名です。

リゾート地です。オランウータンの保護もやってます。
(見に行かなかったけど)

なんで、ここにしたかというと、
未就学児の子連れ海外旅行なので
色々条件があります。それに合致したのです。

条件とは

滞在型。
子連れで色々移動して観光は疲れますよね。
大体、観光は子供には退屈でしょう。

時差が少ない。
旅行を楽しく過ごすには万全の体調を。
時差はないに越したことはないです。

日本からの移動時間が短い
飛行機移動は一番の悩みの種。短い方が楽ですよね。

上記の条件をクリアするのは
グアム、サイパンかアジアリゾート。
グアムサイパンはもう行っているので
行ってないアジア・・・・あ、コタキナバルって感じで決定しました。

アジアリゾートは物価が安いのも魅力的です。

直前まで「仕事入るかも・・。」という
夫の悲しい言葉に、全然実感がわかず
前日にあわてて準備しました。(結局行けたんだけど)
姫の水着も直前購入。
自分たちのものはありあわせで。

帰りのお土産収納などを考えて
スーツケース二つにゆったりつめました。
姫はまだ紙おむつなので結構荷物はいっぱいでしたけど
途中1回洗濯をする計算で服も少なめ。


だけど、スキーのときの悪夢の忘れ物(詳細はこちら)があるので
何度も慎重に荷物確認しました!!

 | HOME | 

プロフィール

Author:koyuky
13歳息子(若)9歳娘(姫)の
平日ほぼ3人暮らし。
夫は大阪に単身赴任中。

理学療法士として
ぼちぼち働いています。
そのほか今やれることを模索中。
今までの子育てブログはこちら『子育て時間・自分時間』 に。

最近の記事

最近のコメント

旅に出たいな

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ドクターシーラボ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ランキング

おすすめ♪

ダイエット

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。